事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車は板金修理をしても当てはまる!乗り続けない方がいい理由

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車は板金修理をしても当てはまる!乗り続けない方がいい理由

運転中の事故…。被害に遭う可能性は0ではない

 

お持ちの車が事故に遭ってしまった……。そんなときに、多くの事故車が板金の修理や塗装を必要とします。そんな板金ですが、一度損傷してしまうと厄介な部分でもあります。板金に問題が生じると、同時に多くのデメリットが発生してしまうのです。

 

また、車はどの部分でも修理すれば元通り使えると考えている方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、破損した部分が板金であると、一筋縄ではいきません。板金修理には、高い技術が必要で、修理に出したとしても完全に戻すことは難しいといえます。

 

そんな大きな損傷を受けてしまった事故車は、修理する前に買取業者に依頼することをおすすめします。損してしまわないために、買取業者を選ぶコツまでお教えします。

 

 

そもそも板金ってなに?簡単におさらいしましょう

そもそも板金とは何のことを指すのか、はっきりしない方もいらっしゃるのではないでしょうか。車業界における板金は、へこんでしまったり、擦ってしまったりといった損傷のある鉄板を元の形に戻すことをいいます。ここでの鉄金は、主に車の胴体部分のフレームについて指します。

 

そんな鉄金の修復ですが、修復する箇所によって、その後の扱いが大きく変わります。事故車の鉄金事情を説明します。

 

・「事故歴」と「修復歴」は大きな違いがある!

事故を起こしてしまった車のことを、すべて「事故車」と分類するのは、じつは間違っているのです。それは車をかたどっているフレームの板金を修復した場合、「修復歴」がある車として分類されます。細かく言えば、この「修復歴」のある車が「事故車」といいます。

 

一方修理箇所がフレーム部分ではなくバンパーやドアなど、フレームにつけられた部分である場合は、「修復歴」ではなく、「修理歴」がある車となります。

 

「事故歴」のある車は、事故を起こしてしまった車全般のことを指します。つまり、「修復歴車」も「修理歴車」も含む、全体の総称です。

 

なぜ、「修復歴車」と「修理歴車」を区別するかというと、バンパーやドアなどの、フレームにつけられた部分は、修理が難しければ交換することで対処することができます。一方で、修復歴車として分類されるフレーム部分の損傷がある場合、車の胴体部分であるため、損傷が激しくても交換ができないのです。

 

さらに、後に詳しく述べますがフレーム部分の修復には、高度な技術が必要であり、完全な修復は至難の業といえるのです。ほんの少しでも歪みがあると、その後の走行に影響が出る場合があるのです。

 

事故車を買取ってもらう際にも、「修復歴車」か「修理歴車」かは必ず区別します。査定額にも影響があるといえるでしょう。

 

板金に問題があると生じる4つのデメリット

アライメントを調整する方法

 

上で述べた、フレーム部分の板金に問題があると、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。修復歴車として区別するには、それなりの理由があるのです。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

・走行時の安定性がおちる

フレーム部分の板金を修復し、「修復歴車」として区別される最大の理由が、走行時の安全性が落ちるからです。修復したら元通りになるから、安全性が落ちることはないのでは?と考える方も多いでしょう。しかし、高い技術を必要とし、細かな歪みまで読み取りにくいフレームの修復は、完全に直すのは難しいとされています。

 

見た目では元通りの形に戻り、ヘコミなどが見られなくなっても、わずかでも歪みがあると、危険です。その後、走行し続けることで、そのわずかな歪みがだんだんと大きくなっていきます。歪みが生じることで、車がまっすぐ走行できなくなったり、ハンドルを取られたりといった、安全性に問題が生じるのです。

 

さらに歪みによって、車内に雨漏りすることもあります。完全に修復することが難しいからこそ、修復歴があると重く見られるのです。

 

・風の抵抗が強くなる

わずかながら、風の抵抗も強くなります。フレームに問題のない車は、滑らかな車の表面に沿って、空気が通っていきます。その際に摩擦が生じますが、少しでも歪みがある車では、その歪み部分に空気抵抗がかかります。そのため、そのわずかな歪みでも、燃費に影響を及ぼすこともあるのです。

 

・故障率が高くなる

走行しているうちに、わずかな歪みでもだんだんと悪化するといったようにさまざまな故障が起こり得るのです。まっすぐ走れなかったり、さらに、事故を起こした際にわずかな損傷が、走行している中で悪化したりしたケースもあります。

 

実際、修理されて再販された事故車のうち、なんと約4割が故障したという統計も出ているようです。ここからもフレームを修復した車は、完全に元通りになるのは難しいことがわかります。

 

・修理次第では塗装が剥がれやすい

これは修理を依頼した業者にもよりますが、ヘコミなどの損傷を直した後、塗装もしているはずです。この塗装もしっかりとした業者でないと、すぐ剥がれてしまうことあります。

 

板金修理をしても元の状態に戻らない

先ほどから何度も述べているように、修復歴車が分類される理由は、フレーム修理には高い技術が必要で、修復しても完全に元の状態に戻せるケースはあまりないということです。

 

完全に修復するのは難しいため、安全性に問題が生じたり、故障率が高くなったりという重大な支障が出るのです。

 

修復歴車を売る際に、価値を下げないために黙秘する方もいるようですが、専門業者はそれを見抜くといいます。そもそも、修復歴車を売るときには、必ず申告をしなければなりません。

 

損傷が大きいなら買取業者へ!選ふときの基準はこの3つ!

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

 

お持ちの事故車の損傷が激しい場合には、修理をせずに買取業者に出すことをおすすめします。また、損傷はそれほどひどくなくても、フレーム部分を修復しなければならない状態であれば、修理せずに業者に買取ってもらいましょう。

 

フレーム部分の修復には、ほかの部分より高額の修理費がかかります。それに加えて、修理をしたとしても、修理費と同等の査定額が出るケースはなかなかないからです。

 

そんな故障車でも、できるだけ高く売りたいものですよね。優良業者で高く買い取ってもらえる業者を選ぶには、どのような基準で見ればよいのでしょうか。お持ちの愛車を買取ってもらうために、よい業者を見つけましょう。

 

・事故車専門の買取業者に依頼する

これは、事故車を売るうえで鉄則です。事故車をディーラーや中古車買取業者に依頼しても、下取りという形でお金にならないケースがほとんどです。買い取ってもらう相手を工夫することで、少なからず価値をつけてくれるのです。

 

事故車を売ることを決めたら、必ず事故車を専門とした買取業者に依頼しましょう。

 

・損傷が少なければ、海外ルートのある業者を選ぶと◎

損傷が少ない場合は、海外のルートを持った事故車買取業者に依頼するとよいでしょう。その理由として、損傷が少ない事故車は修理され、海外へ輸出されることが多いからです。日本国内ではなかなか売れない事故車でも、世界的に人気のある日本車であれば輸出先で売れるのです。

 

海外で売れると判断された場合、比較的査定額が高額になる傾向があります。損傷がすくなければ、そのような業者を探しましょう。

 

・一括査定をする

買取を依頼する際、業者をひとつに絞ってしまうのは、あまり望ましくありません。よりよい業者を選ぶためには、気になる業者を複数社選び、一括査定をすることです。車の査定は、その業者により評価や需要が異なります。そのため、業者によって査定額に大きな差が出ることは当たり前なのです。

 

少しでも高く買い取ってもらうためにも、一括査定をして比較することが大切です。

 

まとめ

板金修理をした事故車は、乗り続けないほうがよいという理由が、わかっていただけたでしょうか。板金修理をすると、修復歴がある車として扱われます。その板金の修理は非常に難しく、完全に修復するのが困難であることから、走行時の安全性や故障率に影響を及ぼしてしまうのです。

 

そのような危険もはらむ事故車は、修理する前に買取ってもらうことをおすすめします。仮に修理してから買い取ってもらう場合は、業者に修復歴があると正直に申告しましょう。

 

事故車の損傷が大きい場合、また小さい場合でも、事故車を専門とした買取業者に依頼することが大切です。損傷が少なければ、海外ルートを持った業者に依頼すると、比較的高値で買い取ってもらえるでしょう。よりより業者を見つけられるよう、一括査定をしあなたの愛車を少しでも高く買い取ってもらいましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。