事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ガラスコーティングをやってみよう!メリットや費用の相場までご紹介

無題ドキュメント

最新情報・レポート

ガラスコーティングをやってみよう!メリットや費用の相場までご紹介

パーツの売れ筋をチェックしよう!

 

今、ガラスコーティングが話題です。ガラスコーティングは車をコーティングする方法のひとつ。車表面のツヤや輝きを表しつつ、傷や汚れもガードする大切な愛車のお守り役です。車の見た目を美しく保ちたいかたには、とくに注目されています。

 

今回の記事では、車の傷や汚れを守るために使用を検討したい「ガラスコーティング」について紹介していきます。また、ガラスコーティング以外のコーティング方法についても解説します。車をキレイな状態に保ちたいかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ガラスコーティングってどんなもの?

大切な愛車は、毎回の使用で表面をたくさんのものにさらされています。木の葉や飛んでいる虫など、これらのものが車の表面について、よい気持ちがするかたはいないでしょう。そんな車に発生するさまざまな汚れから、愛車を守るためのものがコーティングです。

 

なかでも「ガラスコーティング」は、車のコーティング方法のなかで、もっとも強度が高いものです。表面の光沢もさることながら、耐久性も高いです。そんなガラスコーティングの主な特徴を、下記にザックリとまとめました。

 

・コーティングの層が薄い

・被膜が強固

・汚れや傷に対して強い

・耐久性が高い

・車を洗車するときに汚れが落ちやすい

・コーティングの種類のなかでもっとも強力

 

これらはガラスコーティングの大きな特徴です。ほかの種類のコーティングよりも、効果は高いといえるでしょう。しかし、効果が高いぶんガラスコーティングにかかる費用は高めです。また施工時間もコーティングが固まる時間もかかります。

 

しかし、そのようなデメリットがありつつもガラスコーティングが人気なのは、それなりの理由があるからです。表面の光沢やつややかさ、また傷に対する保護力の高さがその最たるものでしょう。このような点から、ガラスコーティングは支持されています。

 

ガラスコーティング以外のコーティング方法

事故車でも高額買取してもらえる3つの方法

 

比較的新しいコーティングの方法である「ガラスコーティング」。しかし、これまでにはほかの手法でコーティングの作業はおこなわれてきました。また、これからもこれらのコーティング方法は、主流のひとつとして活用されていくでしょう。

 

下記の3つのコーティング方法には、ガラスコーティングとは異なった特徴があります。また、かかる費用も異なります。ここからはガラスコーティングと、ほかのコーティング方法を、比較してご紹介していきます。

 

油脂系コーティング

油脂系のコーティングは「ワックス」ともいわれます。言葉から想像できるように油脂系の素材を用いたコーティングのため、表面のつややかさはガラスコーティング以上といわれています。施工も簡単で、作業にかかる費用も安いです。

 

一方で、油脂系コーティングは、傷に対する保護力が弱いです。また、雨や風に対する体制も低いので耐久力もガラスコーティングに比べて圧倒的に低くなっています。油脂系ワックスの特徴は簡単、安い、しかし効果は弱く、長続きしないといったところです。

 

ポリマー系コーティング

ポリマーとは「高分子化合物」ともいわれます。ポリマー系コーティングは油脂系に比べて長持ちしますし、費用も安価です。しかしガラスコーティングに比べた場合、傷に対する耐性は圧倒的に弱く、傷つきやすいです。油脂系コーティングに比べて長持ちはします。

 

ポリマー系コーティングは手軽にできることも特徴ですが、耐久年数や表面の輝きなどは、やはりガラスコーティングのほうが上でしょう。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、ガラスの繊維成分が主成分のコーティングです。ガラス繊維が含まれているので油脂系やポリマー系に比べて硬質で頑丈、傷に対する耐性も高めです。一方で、使用するコーティング剤によって品質にバラつきが出るため、一貫した品質が保ちづらいというデメリットもあります。

 

ガラス系とされていますが、ガラスコーティングに比べると、仕上がりや傷に対する保護力は低いといえます。耐久力では、ガラスコーティングに次いで長持ちします。

 

上記3種類がそのほかのコーティングの種類です。ガラスコーティングをするうえでも、業者に相談をするうえでも、上記の方法を知っておくことはお役に立つでしょう。

 

ここがポイント!ガラスコーティングの注意点

注目を集めるガラスコーティングですが、なかには注意したいポイントがあります。ガラスコーティングの宣伝文句のなかには、「長期間手入れの必要がない」「手間がかからない」といった売り文句がありますが、それで勘違いをしてしまうことも多いのです。

 

洗車は必要

そのもっとも一番大きな勘違いが、「ガラスコーティングは洗車が必要ない」というものです。しかし車は当然外気にさらされるので汚れはつきます。それはたとえ、ガラスコーティングをしていても例外ではありません。

 

ガラスコーティングの役割は、あくまで傷がつかないように車の表面をコーティングすることにあります。しかし、まったく傷がつかなかったり、汚れがつかなかったりというわけではないです。ガラスコーティングをしても、車の洗車は必要になります。

 

定期的に洗車をしてあげれば、表面の輝きもより長持ちするでしょう。こまめなメンテナンスが必要なことに変わりありません。ガラスコーティングをしても、定期的に手入れはおこないましょう。

 

知っておきたい!費用の目安

買取前日でも大丈夫!査定額をプラスにする2つのコツ

 

一般的にガラスコーティングを業者に依頼した場合の費用目安は約5万~10万円です。この作業にかかる費用は、コーティングをする車種やサイズによっても異なります。

 

ガラスコーティングをおこなうときは、その作業を業者に依頼することが主な選択肢になります。なにぶん手間も時間もかかるコーティングの作業。とくにガラスコーティングは費用も高額です。失敗のないように、必ずよい業者を探しましょう。

 

ガラスコーティングを依頼する業者は、金額と技術を兼ね備えた、信頼のおける業者を選びたいところでしょう。そのためにはまず、いくつかの業者に見積り依頼をするのがオススメです。比較であれば、インターネット上にある比較サイトを使えば簡単にできます。

 

また、業者の技術や対応の質を確認するなら、クチコミサイトや業者の公式サイトを確認してリアルな対応や、これまでの実績を見ておくのがオススメします。コーティングは費用も質も妥協したくない。そんなあなたに、この業者探しの方法は最適です。

 

まとめ

ガラスコーティングは、大切な愛車の表面をキレイな状態で保つために最高の方法です。主に4種類が主流にあるコーティングでは、ガラスコーティングがもっとも強力で、長持ちします。また表面の光沢も、申し分ないものといえるでしょう。

 

ガラスコーティングで注意したい、唯一のポイントが「洗車が必要」というものです。コーティングは、表面の傷や汚れを防ぐことはできますが、完全につかないというわけではありません。その点で勘違いをしていると、せっかくのコーティングも不満になってしまう可能性があります。

 

品質もよいガラスコーティングは、作業時間も費用もかかります。失敗のないコーティングをするのであれば、信頼のできる業者を選ぶことが必要です。そのためにはインターネットを使った簡単な見積りから始めましょう。

 

美しい車の状態を生み出すガラスコーティング。その魅力を知るには、体感するのが一番です。ぜひ自分の愛車を、キレイな状態にレベルアップしてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。