事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の保管料について解説。事故車を賢く処分する方法も紹介します

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の保管料について解説。事故車を賢く処分する方法も紹介します

改造車の高額買取が期待できるのはどのパーツ?

 

事故車の処分に悩むことってありますよね。突然発生する事故、まだまだ乗れると考えていた車が急に乗れなくなってしまった場合、その車を修理するのか廃車にするのか、決めるまでに時間が必要になることもあります。そんなときに発生するのが「保管料」です。

 

事故車の保管料とは、事故車の行方を決めかねているあいだ、その事故車を置いておくためのいわゆる“場所代”です。今回はそんな事故車の保管料について詳しく解説します。

 

現在事故車を持っているかたも、これからのもしもの事態に備えておきたいかたも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

事故車の保管料ってなに?

事故にあった車を修理するか、廃車にするか、決めかねている間、車保管する場所のための費用が「保管料」です。保管料は一日当たりいくらと金額が定められており、事故車を保管してもらう期間によって、発生する金額が異なります。

 

急な事故で自分の愛車の処分を即断することが難しい、そう考えるかたも多いでしょう。保管料はそのあいだに発生する、いわば猶予期間の手数料です、もちろん事故車を自宅に保管しておける、というかたは支払う必要はありません。

 

事故車を保管する場合に発生する費用

事故車の保管料は預ける場所にもよりますが、1日数百円程度が相場です。また、仮に事故車を修理することを決めている場合は、依頼先の業者が保管料無料で預かってくれることもあります。総合的に発生する費用は、事故車を保管していた期間に依存します。

 

事故車はどこに保管してもらうのか

事故車を保管してもらう場所は、基本的に事故車の修理業者か、事故車を扱う業者などです。前述したように、事故車の行方が修理であれば修理業者が無料で、廃車にするのであれば事故車を扱う業者が保管料無料で預かってくれることもあります。

 

保管料が発生するのはほとんどの場合、事故車の処分方法を検討している期間です。処分の方法が決まっていれば、それらに対応する業者に預けることで、保管料の発生を抑えることができるでしょう。

 

事故車の預かり期間が長いほど保管料は高くなる

パーツの売れ筋をチェックしよう!

 

事故車の保管料は、事故車を預けていた期間によって大きく変動します。保管料の金額は単純に「事故車を預けていた期間×1日当たりの保管料」で算出されます。長く預ければ、それだけお得という種類のものではありません。保管料に長期割は適用なしです。

 

しかし、預ける期間によって金額が変動する保管料。その金額を心配してよく考えずに事故車の処分をしてしまい、後悔してしまうということもあるようです。毎日、コツコツと増えていく保管料、押し寄せる数百円の波が大きくなるにつれ、「早く決めなきゃ」と焦ってしまいますよね。

 

そんな事態になってしまっては本末転倒。もし事故の原因が「もらい事故」であれば、次の章を参考にしてみてください。

 

もらい事故の場合、保管料は損害賠償の対象となることも

相手側に事故の責任がある「もらい事故」の場合は、事故車の保管料も相手側の保険会社が肩代わりしてくれる可能性があります。もらい事故のような状況であれば、まずは相手側の保険会社の担当者に、保管料の支払いの有無を確認しましょう。

 

保険会社によっては、保管料を支払ってもらうことができるはずです。このとき注意したいのが、保管料を支払ってもらえる期間についてです。この期間は無制限ではなく、事故車の処分方法を決定するまでの期間が主です。

 

保管料が発生する期間によっては、全額負担してもらえないこともあるので、注意しましょう。また相手側の保険会社だけではなく、自身が加入している保険会社に確認してみることも忘れずにおこなうようにしましょう。

 

実際に事故車の保管料が発生するようなケースでは、自己判断ではなく必ず保険会社に、条件を細かく確認するようにしてください。確認不足で保管料の支払いはありませんでした、となればその後支払ってもらえるかどうかわかりません。事前確認必須です。

 

事故車を買い取りに出すことも視野に入れて決断を

買取前日でも大丈夫!査定額をプラスにする2つのコツ

 

事故車の保管料が発生する状況は「修理を依頼する」か「廃車にする」かの選択を迷っているときです。しかし、状況打破のための糸口は、そこに新しい選択肢を増やすことかもしれません。事故車には「買取」という第3の道があるのです。

 

事故車は「修理」か「廃車」の2択だと思っていませんか?

事故車の処分には修理であれ、廃車であれ、そこにはいくらかの費用がかかります。自分の車もなくなってしまい、さらには費用を支払う必要がある。事故で傷ついたのは車だけではありません。あなたの心も深く傷ついていますよね?

 

そんなあなたの傷を癒す薬が「事故車買取」です。事故車買取であれば処分にかかる費用がかからないどころか、売却による利益が発生します。修理よりも、処分よりも、圧倒的な正解が事故車買取です。売却して得た利益は新車の購入費用に回すこともできますよ。

 

事故車買取業者のカラクリ

「でも、なんで事故が発生して大きく傷ついた事故車に価値がつくの?」と考えるかたもいるかもしれませんね。その秘密は事故車買取業者の仕組みにあります。たとえば中古車買取り業者は、主に修理や掃除をして再販を目的に車を買い取ります。

 

一方で、事故車買取業者は「事故車の修理をするか」「分解をして部品として販売するか」のカードを持っています。しかも、そのカードを切るのは日本ではなく海外。品質の高い日本の車は海外での評価も高く、事故車であれ、部品であれ価値が高いのです。

 

そのため事故車買取業者は乗れないような状態の車であっても、ときに高額で買取をおこなってくれるのです。

 

よい買取業者を見つけるためにするべきこと

事故車買取業者も玉石混合、よい業者もいれば悪い業者もいます。そんなたくさんある事故車買取業者のなかから、よい業者を探し出す方法が一括査定です。一括査定をおこなうにはインターネットの比較情報サイトを使いましょう。

 

比較情報サイトに、事故車の走行距離や年式などの情報と、ご自身の簡単な情報を打ち込めば、買取金額を一挙に査定してくれます。しかも利用は無料です。査定金額が出るのに時間もかからないので、忙しい毎日のあいだに使用することが可能です。

 

一括査定でいくつか買取業者の候補が見つかったら、次にクチコミサイトや、買取業者の公式サイトで、詳しく業者の対応や実績を調べていきましょう。買取金額が高くても、対応が粗末なところは避けるべきです。そのための参考にこれらのサイトを活用しましょう。

 

まとめ

事故車に保管料が発生するのは、事故車の行方が未定のときです。「修理」か「廃車」か、どちらか決めるまでの猶予期間に発生するのが、事故車の保管料です。事故車の処分の方法が決まっている場合は、担当する業者に預けることで、費用を抑えることができるでしょう。

 

保管料の金額は、預けている期間に比例します。計算方法は単純に、「1日当たりの保管料×預けていた日数」です。また、保管料の支払いを保険会社がおこなってくれるかどうかは必ず確認しておきましょう。1日当たりの金額が安くても、気づけば高額になっているおそれもあります。

 

事故車の処分の選択肢には「買取」があることも、ぜひ知っておいてください。処分のための費用もかからず、逆に売却による利益が発生することもあります。ぜひ今回の内容を参考に、事故車の行方を決めてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ