事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車を買い替えるなら最適なタイミングを狙え!あらゆる角度から判断を

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車を買い替えるなら最適なタイミングを狙え!あらゆる角度から判断を

車を買い替えるなら最適なタイミングを狙え!あらゆる角度から判断を

 

車を買い替えるタイミングは、多くの方が悩むことでもありますよね。まだ走れる車でも、さまざまな理由で維持するのに費用がかかったりもします。一般的に、ほかの人たちは、どのようなきっかけがあって車の買い替えをしているのでしょうか。

ふと思いついた時に車の買い替えをする方もいらっしゃるでしょう。しかし、よりよいタイミングがあるのをご存知でしょうか。

どのような時期に車を買い替えるのがお得なのか、また、今お持ちの車の売却について、高く買い取ってもらえるにはどうすればよいのか、見ていきましょう。お持ちの車がたとえ事故車であっても、高く売れる可能性があるのです。

 

 

賢く車を買い替えるのにおすすめのタイミング8つ

車を新しいものに買い替えるタイミングは誰しも悩むものです。その中でも、賢く車を買い替えるタイミングがあります。日本では、同じ車を維持し続けると、だんだんと維持費が高くなっていくシステムになっています。そんな制度も加味して、おすすめのタイミングをご紹介します。

車検

日本では、新車を購入した場合、最初は購入してから3年後、その後は2年毎に車検を受ける必要があります。わずかな修理や整備のみでも、一度に5万円~8万円ほどの費用がかかってしまいます。これが2年おきにやってくるわけですから、大変ですよね。

新車を購入してから、3年目、5年目、7年目、そして長くて9年目の車検前に、新車の購入を検討する方も多くいらっしゃいます。これは賢いタイミングといえます。

5年目までは、ほとんどの車が大きな整備の必要がないのですが、7年目や9年目になると、修理や整備が必要な個所が増えてきます。そうすると、車検費用が8万円を超えてしまうこともあるのです。

また、後にも述べますが、今お持ちの車を買取ってもらうことも、購入と同時に考えなければなりません。少しでも今お持ちの車を高く売って、新車購入の補助とするのならば、早めの買い替えも検討しておくとよいでしょう。

 

走行距離

一般的にいわれているのは、10万キロ走ったら買い替え時ということです。実際、長い距離を走れば走るぶんだけ、車検の際に修理・整備する必要が出てきます。さらに、走行距離が長いと、そのぶん買取をしてもらう際に、査定額が下がってしまうものです。

つまり、走行距離が長い車は、車検にも費用がかかり、さらに買取時にも影響あるということです。買取に影響がないようにするには、5万キロをひとつの目安とするのがよいといいます。

 

新型モデル

新型モデルが発売されるときも、買い替えのよいタイミングだといえます。日本車は、基本的に短くて5年、長くて10年のサイクルで新型モデルが発表されます。そのため、車検の費用のことや、走行距離のことを考えても、おおよそベストなタイミングで買い替えることができるのです。

新型モデルは、旧型よりも性能がよいものです。その中でも、車を維持する上でありがたいのは燃料費の節約ですよね。新型モデルに買い替えることで、燃費性能がよくなり、維持費の負担が減ります。

もし今お持ちの車の新型モデルが発売され、旧型から新型に買い替えるのならば、旧型の買取時期には工夫が必要です。新型が発売されてから1年ほどは、旧型が高く売れなくなる傾向があります。そのため、新型が発売される前までか、1年以上経った後に買取ってもらうことをおすすめします。

 

メーカー保証

新車を購入した場合、最高5年のメーカー保証がつけられています。この5年のメーカー保証が切れてしまうと、故障した際に実費で修理しなければいけません。修理が必要な個所にもよりますが、実費となると高い費用がかかります。

そうなってしまう前に、メーカー保証が切れるタイミングで買い替えるのもよいのです。

 

自動車税

1台の車を長く乗りたいという方が多い中、追い打ちをかけるのが自動車税です。自動車税は、ガソリン車の場合、13年が経過すると税が上がってしまいます。13年にもなると、車にも整備が必要な個所も増えてくる時期ですので、車検にも費用がかかります。

自動車税の13年目以降の課税は、侮ってはいけません。同じ自動車を長期間維持するのは、あらゆる面で費用がかかってしまうのです。

 

ローン完済

ローンを完済したタイミングも、買い替えどきといわれます。ローンは、多く方が長くても5年までのローンを組んでいます。そのため、今お持ちの車も比較的良好な状態で、よい査定額が提示される可能性が高いのです。

その買取額を、新車購入の資金として充てることができます。しかし、仮に今お持ちの車が事故車で、一般的な中古車と比べて十分な買取額がつけられなかったら、無理してこのタイミングで買い替える必要はありません。ご自身の新車購入資金の事情に合わせて、買い替えましょう。

 

ライフスタイル

お子様が増えた、おじいちゃん、おばあちゃんの送り迎えをするようになった、大人数でドライブに行くことが趣味になったなどの理由で、使うにあたって最適な車に買い替える方も多くいらっしゃいます。

ご自身のライフスタイルは、その車の購入時から大きく変化している方もいらっしゃいます。小さい車から用途に合わせて大きな車に変えるだけでなく、お子様が独立して大きな車を維持する必要がなくなったという方にも、ライフスタイルでも車種変更はおすすめです。

 

リセールバリュー

リセールバリューも大きなきっかけのひとつです。リセールバリューとは、早い時期に買い替えることで、次の車の購入時の資金に充てることができるという考え方です。リセールバリューは、一般的に、お持ちの車が新車として発売されてから3年後が最もよいとされています。

それは、新車が発売されてから3年だけでは、同型の新型は発表されないからという理由が挙げられます。つまり、お持ちの車が新型のままのうちに売ってしまうのです。3年で走行距離も比較的短く、中古車業界でも新型が入ってくるのは貴重なので、高く買い取ってもらえるのです。

 

ディーラーや販売店の決算期に注目してみるのも◎!

ディーラーや販売店の決算期に注目してみるのも◎!

 

各ディーラーや販売店のほとんどでは、決算期に大々的なセールを行います。3月や9月ごろになると、自動車の販売店の広告をよく目にする方もおおいでしょう。決算期である4月、10月を目前にして、ディーラーや販売店は業績を上げようとします。そのため、少し値引きをしてでも、車を購入してもらい、利益につなげようと考えているのです。

そのため、ほかの時期では値引きしてもらえないという販売店でも、場合によっては20万円の値引きなどもありえるのです。

新車の購入を考えている方は、決算期にディーラーや販売店に行き、どれだけお値打ちに購入できるか確認してみるのもよいでしょう。

 

今の車を売却する時期はいつ頃がベスト?

新車など、新たな車を迎えることが決まったという方へ、今の車をどうしようか迷いますよね。実は、中古車の買取においても、高く売れる時期があるのです。それが、車の売買が盛んになる3月や9月です。

特に3月や9月の上旬までに買い取ってもらうと、高い査定額が出るといいます。また、中古車の買取については、査定額は業者によってさまざまです。その車の需要が高かったり、状態がよかったりすると、高値で買い取ってもらえます。

お持ちの車種の需要や人気が高いかどうかは、それぞれの業者によって判断が異なります。そのため、買取を希望する際には、いくつかの業者に査定額の提示を依頼するとよいでしょう。

どの販売店でも、比較的新しい車に価値があると考えます。そのため、どの業者でも高く買い取ってもらうには、新型が出ておらず、状態のよい車である必要があるのです。

 

もしも今の車が事故車だとしても…あきらめるのは厳禁!

もしも今の車が事故車だとしても…あきらめるのは厳禁!

 

新たな車への買い替えを検討するきっかけのひとつとして、事故を起こしてしまい、愛車が事故車になってしまったということも挙げられます。確かに、事故を起こしてしまった際も、買い替えのタイミングとしてはふさわしいでしょう。

今お持ちの事故車の処理にお悩みの方も多いと思いますが、あきらめる必要はありません。事故車買取の専門業者に買取を依頼することで、比較的高値で買い取ってくれるのです。あなたがもう売れないと考えていたとしても、その車の需要があれば、高く買い取ってくれます。

仮に、車として使えないと判断された場合でも、パーツ単体で、中古部品として販売されたりもします。たとえ事故車でも、業者が買い取った後の未来があるのです。一度、いくつかの事故車買取専門業者に、査定額を出してもらうことをおすすめします。

 

まとめ

多くの方が悩まれる、車の買い替えのタイミングですが、その最適な時期はさまざまです。早めの買い替えがもったいないと思われる方も多いようですが、中古車買取業者に今お持ちの車を高値で買取ってもらうことも考えると、比較的早く買い替えるのもおすすめなのです。

また、お持ちの車に関係なく、ディーラーや販売店の決算期に合わせたり、中古車が高く買い取ってもらえる時期を狙ったりして買い替えるのもひとつの手段です。ご自身の事情に合わせたタイミングで買い替えましょう。

もし仮に、お持ちの車が事故車であっても、心配はいりません。事故車買取業者に依頼すれば、たとえ走行不能の車であっても、いくらかの査定額をつけてもらえるケースがあります。あきらめず、まずは複数の業者に査定額を出してもらいましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。