事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車のパーツや部品はバラして売るのが正解!売却時期にも考慮して

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車のパーツや部品はバラして売るのが正解!売却時期にも考慮して

事故車のパーツや部品はバラして売るのが正解!売却時期にも考慮して

 

事故や自然災害による影響により、車の骨格部分となるホイールやその接続部分を修復した「事故車」をお持ちの方で、その事故車を売ろうと思っている方も多いかと思います。

事故車を買取業者に買い取ってもらうにあたり、せっかくなら少しでも高く売りたいですよね。そんなときに考えるのが、事故車をそのまま買取してもらうか、パーツや部品を単体にばらして売るか、どちらが高く売れるか、ということです。

パーツや部品をバラしたことがないから、事故車をそのまま買い取ってもらおうと思っている方も、一度立ち止まってみてください。どちらのほうが、総合的により高く売ることができるのか、知っておきましょう。

また、事故車によっては、絶対にパーツや部品をバラしたほうがいい場合もあります。少しでも事故車を高く売るために、細かく見ていきましょう。

 

 

事故車の売却を決めたら、パーツや部品はバラしたほうがお得かも!

事故車の売却を決めたのならば、場合によってはパーツや部品をバラして買い取ってもらったほうがお得かもしれません。ご自身のお持ちの事故車が、以下の場合に当てはまるのならば、パーツや部品をバラすことを考えてみてください。

 

事故車は、パーツや部品を単体にバラしたほうが高く売れるって本当?

一部のうわさでは、パーツや部品を単体にばらしたほうが高く売れるといわれているようです。それは本当なのでしょうか。

実は、パーツや部品にもよるのです。事故車の本体の損傷がひどく、再び売られる可能性がない場合には、使えるパーツや部品をバラすことをおすすめします。特に、カーナビやスタッドレスタイヤ、ETCなどです。これらのパーツがまだ使える場合、リサイクルショップや業者に売れば、お小遣い程度のお金にはなります。

一方で、事故車ではあるものの損傷が軽度であり、修復されたのちにもう一度事故車として販売される可能性のあるものは、タイヤは取り外してもよいですが、カーナビやETCは付けたままのほうが高く売れる傾向があるようです。

カーナビは新型であればあるほど、高く売れます。一度、取り外して買い取ってもらった場合と、車に付けたまま買い取ってもらった場合で、査定してもらいましょう。

ETCは、現在はよく普及している関係もあり、付けたままでも単体で買い取ってもらっても、あまりお金にはなりません。そのため、車の損傷があまりない場合は、取り外しのときに傷がついて車の査定に影響が出ないよう、付けたままで査定してもらうのがよいでしょう。

 

査定額が下がる原因がパーツに!それはどんなケース?

知っておくべきなのは、パーツが原因で査定額が下がることがあるということです。それは、お持ちの事故車がカスタムカーである場合です。パーツが車のメーカーのものでない、社外部品である場合は、特に高く売れない傾向にあります。

もし、カスタムカーをお持ちの方で、改造前の純正部品をお持ちであれば、純正部品に付け替えてから査定に出すことをおすすめします。そうするだけで、事故車の査定額にはかなりの差が出ます。

近年では、業者によってはカスタムカーをそのまま買取してもらっても、マイナス査定にならないケースも増えてきました。カスタムカー専門の業者であれば、その事故車をそのまま査定してもらっても、査定額に問題はないでしょう。

改造前の純正部品は、ディーラーやリサイクルショップなどで売ることができます。お持ちの車がカスタムカーである場合で、純正部品を持っている場合は、2つの方法があります。

 

〇純正部品に付け替えて、一般的な事故車買取業者に売る

→社外部品は、カスタムカーの専門業者に買い取ってもらう

 

〇カスタムカーのまま、カスタムカー専門業者に買い取ってもらう

→純正部品は、ディーラーやリサイクルショップで売る

 

自動車のパーツや部品の需要が高まる時期を見極めるのも大切です

自動車のパーツや部品の需要が高まる時期を見極めるのも大切です

 

もうひとつ大切なことは、自動車のパーツや部品をバラして売る際には、売る時期を見極めるとより高く売ることができるということです。

わかりやすい例を出すと、スタッドレスタイヤは需要の差が顕著に出る部品です。スタッドレスタイヤであれば、夏に売るよりも、冬を目前に控えた秋や、冬に売ったほうが高く売れるのです。それだけスタッドレスタイヤが冬に需要があることが理由です。

なので、仮にあなたがお持ちの車が夏に事故車となってしまった場合でも、スタッドレスタイヤだけは冬までとっておき、冬に売るのが賢明だといえるのです。

 

優秀な買取業者の見極めかたとは?高価買取を実現するための重要事項

事故車や、その部品・パーツを買い取ってもらうのならば、できるだけ高額で買い取ってもらいたいですよね。そのためには、優秀な買取業者に依頼する必要があります。どうすれば、優良な買取業者に出会えるのでしょうか。その見極め方法を見てみましょう。

 

業者の専門性に注目する

業者の中には、特定の車種のみを買い取っている業者も存在します。大型車やキャンピングカー、外国製の車や高級車などに多いといえます。また、先に述べたカスタムカーの専門業者もこのうちのひとつです。

専門業者がある車種をお持ちの方は、どんな車も買い取ってくれる業者よりも、専門業者のほうが比較的高額で買い取ってもらえるのです。

ただし、特定の車種に特化した専門業者は、全国各地に存在するわけではありません。ご自身の近くにそのような業者があるか、一度確認してみてください。

 

査定関連のことに注目する

もうひとつは、査定している工程を注目するという方法です。まず、査定しているときの対応をしっかりと見ておきましょう。査定しながら、この部分は状態がどのようによいのか、またどうしてこの部分は状態が悪いのかなどを説明してくれるスタッフであるかを確認します。

細かく説明しながら査定してくれるスタッフだと、しっかりとした知識をもって査定してくれているということがよくわかります。細かい説明をしてもらったほうが、売る側も安心できますよね。

また、査定の時間もチェックするとよいでしょう。査定の時間があまりにも短い場合は、少し危険だと思ってください。車の隅々まで細かく確認してくれる業者であれば、短くとも10分以上の時間は必要です。

細かな内部までチェックされているか、査定にかかる時間で確認してみましょう。もうひとつ大切なのは、査定額を比べてみることです。これは後に詳しく述べますが、やはり査定額を比べることも大切です。その際、どうしてその査定額になったのか、きちんと説明してくれる業者を選ぶとよいでしょう。

 

いきなりひとつの業者にしぼるのは危険!まずは相見積りがオススメ

いきなりひとつの業者にしぼるのは危険!まずは相見積りがオススメ

 

「よく耳にする業者だから」という安易な理由で、いきなり業者を決めてしまうのは危険です。近所によく知っている業者があっても、そこにしぼらず、いくつかの業者を合わせて考えることが大切です。

その際に有効なのが、相見積りを取ることです。相見積りを取ることで、優良業者を見極めるときにも大切な、査定額の比較も可能です。また、査定額の内訳が明確に記載されているかどうかも確かめることができます。

事故車は、買取業者によって査定額に差が出るのが事実です。その車種が需要ありと判断している買取業者は、高く買い取ってくれる傾向にあります。

また、買取価格だけで業者を判断するのは避けたほうがよいでしょう。参考程度に口コミを見てみたり、サイトをのぞいてみたりと、業者選びは慎重におこないましょう。そうすることで、納得できた業者に買取りを依頼することができ、気持ちのよい取り引きができるのです。

 

まとめ

事故車の売却を決めたら、ご自身のお持ちの車によってはパーツや部品をバラして売ったほうが、結果的に安くなるケースもあります。一度、部品やパーツをバラした場合とそうでない場合の両方で、査定してもらうとよいでしょう。

また、車種によっては、専門買取業者が存在する場合があります。その場合は、専門業者のほうが比較的高く買い取ってもらえるケースが多いため、おすすめします。仮に専門業者に買取りをお願いする場合でも、複数社に相見積りを取ってから決めましょう。

優良な買取業者に出会うためには、査定中の様子を観察することが大切です。査定しているときの説明や、査定時間、査定価格の明確性をきちんと確認してみましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。