事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車が事故にあったらどうする……?修理代で損をしないコツを伝授

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車が事故にあったらどうする……?修理代で損をしないコツを伝授

f19fb110775321c13a106f00c137521a_s

 

車で事故を起こしてしまい、車が破損してしまった……。そんな事故車をどうすればよいのか、お困りの方もいらっしゃるでしょう。修理してもう一度使えるようにしようと思った方の中には、その修理費に悩まされている方もいるのではないでしょうか。

 

事故を起こしてしまった事故車は、修理をしたほうがよいのか、廃車にしてしまったほうがいいのか、どちらがよいのでしょうか。修理に出すことを検討している方は、修理費用を抑えるコツを参考にしてみてください。

 

また、事故車の状態などによっては、修理するよりも買い取ってもらったほうがよいケースもあります。どちらも検討し、あなたに合った方法を選びましょう。

 

 

▼車が事故を起こしたら?事故車の定義とその問題点

車で事故を起こしてしまった場合、その車のことを一般的に「事故車」と呼びます。そもそも「事故車」とはどのような定義に基づいているのでしょうか。

 

また、事故車は中古車とは別で扱われるのが一般的です。それは、なぜなのでしょうか。実は、一度事故を起こした車には少なからずリスクが伴うのです。詳しく見ていきましょう。

 

・事故車の定義とは

どのような車が「事故車」と認定されるかというと、車のボディのフレーム部分や、その連結部分が破損し、修復した履歴がある車のことを指します。つまり、事故を起こしたからと言って必ずしも事故車として扱われるわけではありません。

 

車のフレーム部分やその連結部分を修復したか否かであるため、電柱に車の角をぶつけたような小さな事故でも、フレームを直せば事故車として扱われます。一方で、もう少し大きな事故だったとしても、フレーム部分が破損しなかった場合は、事故車としては扱われません。

 

事故を起こしても、フレームに問題がない場合は、事故車として扱われないため、買い取ってもらうとしても比較的高い値段がつくケースが多いのです。

 

・フレームとは

そもそもフレームとはどの部分を指すのでしょうか。基本的には、車本体を形作る部分といえます。エンジンやタイヤ、ドアなどを取り付けていない車を想像してみてください。大元の車の形を形成している一連の部分をフレームと呼びます。

 

一方、フレーム部分として含まれないものとしては、フロントバンパーやボンネット、ドア、トランクリッドなどが挙げられます。事故を起こしても、サイドのドア部分だけ破損した場合は、故障車にはなりません。

 

・修復歴車はなぜ問題なのか

事故車と認定される修復歴がある車には、どのような問題があるのでしょうか。近年の車は、フレームとボディを一体化させた構造が多く見られます。そのため、そのどこかが故障することで全体のバランスに支障が出てしまうのです。

 

たとえ修理したとしても、一部分の修理であるため、どのような方法で修復しても車への影響が懸念されます。場合によっては、まっすぐ走れなくなるなど走行に支障が出たり、ドアが閉まらなくなってしまったりといった、危険なケースもあります。

 

見た目では完全に修復されていても、小さな歪みが原因で大きな危険をはらむ可能性もあるのです。

 

車の事故の際、修理費用を抑えるコツ

楽しいドライブのために!行楽期の事故を回避するポイント

 

車の事故により破損してしまった車を、修理に出してもう一度生き返らせたいという方も多いようです。事故を起こしてしまった車が愛車だったら、なおさらですよね。そんな事故車の修理費用を抑えるには、どうすればよいのでしょうか。ひとつひとつ見ていきましょう。

 

・相見積りを取る

修理を依頼する際、複数の業者に相見積りを取ることが大切です。業者によっては、費用に大きな差が出たりもします。相見積りを取り、内訳まで細かく確認してみましょう。

 

例えば、塗装をしてもらうにしても、その価格設定はさまざまです。ご自身の理想に合った業者を見つけましょう。

 

・中古品のパーツで修理する

事故車の修理を依頼する際、ディーラーに依頼すると新品の部品で修理してもらえるので、安心できます。費用を抑えたい場合は、ディーラーに依頼するのではなく、中古品の部品を使って修理してくれる業者を探すとよいでしょう。

 

部品代は、その部品を使う箇所が多ければ多いほど、値段はかさんでしまいます。値段を抑えることを重視するのなら、中古品を使ってもらいましょう。

 

・車の年数を確認する

事故を起こしてしまった車の年数を一度確認してみましょう。その年数が若ければ、部品も流通している場合が多く、修理も比較的安く済みます。一方で、発売されてから年月がかなり経つものは、部品が生産終了していたり、事故を起こす前から車自体の状態がよくなかったりという理由で、費用がかかります。

 

▼修理代が高額?それなら買取という方法がある

修理代を調べてみると、とんでもない高額だった……という方も多いようです。実際、車の状態にもよりますが、100万円近い修理費用がかかるケースもしばしば見られます。そんな高額出せないという方へ、思い切って買い取ってもらうのはいかがですか?

 

まともに走れない車が売れるのかと思いがちですが、実は動かなくなってしまった車でも、事故車であってもその用途はたくさんあるのです。

 

まずは、買取について、どのような場合に買取するべきなのか、また、事故車を買い取ってもらえるところはどこなのか、見てみましょう。

 

・買取をしたほうがよいケース

修理をするより、買取をしたほうがよいケースがあります。

 

〇修理代金が高額になる

修理代金が高額になると査定された場合には、よっぽどのこだわりがない限り、買い取ってもらうのが一番です。修理代金をそれだけかけたとしても、事故車として認定される場合は少なくとも危険を伴います。

 

それであれば、同等、またはそれ以下の費用で、中古車を用意したほうが安心でしょう。

 

〇修復歴ありにしたくない

修復歴をつけたくない場合にも、買取をおすすめします。先ほども述べたように、修復歴があると車の歪みが原因であらゆる危険が伴う場合があります。

 

さらに、修復歴がある車は、あなたが使い終わって買取に出した時に非常に安く買い取られます。場合によってはむしろ代金を徴収されることもあるようです。修復歴をつけたくないという思いがあれば、買取を選ぶとよいでしょう。

 

・事故車を買取してもらえるところ

事故車はどのようなところで買取してもらえるのでしょうか。主には、買取業者や廃車工場です。買取業者の中には、中古車専門の買取業者も存在します。また、廃車工場にもっていくのもひとつの手立てです。

 

ディーラーでは事故車の買取はおこなっていないので、注意が必要です。

 

あきらめないで!事故車でも日本車なら海外での需要あり!

c199f1b6d21821a8a13274720d1011d5_s

 

なんと事故車が海外に輸出されているのをご存知でしょうか。日本ではもう使えないと思っていた事故車の多くが、すでに海外に渡り、走っているのです。

 

なぜ事故車が輸出されるのでしょう。それは、海外での根強い日本車人気にあります。海外の車とは異なり、日本車はメンテナンスフリーとも呼ばれるほど、最低限のメンテナンスで長い間走ることができる、性能がよいものが多いです。そのため、たとえ故障経験があったとしても、事故経験があったとしても、海外では需要が高いのです。

 

日本できちんと修理され、数多くの国に輸出されます。輸出先の国は、アジア各国のみならず、アフリカ各国、中東各国です。それにとどまらず、アメリカやドイツ、イタリアなどの自動車先進国にも日本の中古車は輸出されているのです。

 

仮に、自動車自体が使えないと判断された場合でも、その部品が単体で海外に出回るケースも多く見られます。特に、需要の高い車や人気の車種の部品であれば、高値で売買されているようです。

 

このように、事故車でも、使い道はたくさん残されているのです。そのため、事故車や故障車であったとしても、買取手はたくさんいるのです。ご自身がお持ちの車がたとえ走行不能の車であっても、海外では未来があるのです。どのような状態の車でも、一度業者に見てもらうとよいでしょう。

 

まとめ

車で事故を起こしてしまった場合、とても焦りますよね。さらに、車を修理するにも高額な費用がかかるケースも多いのが現実です。そのような場合に、おすすめなのが、故障車買取業者に買取を依頼することです。

 

皆さんが思っている以上に、お持ちの事故車はまだまだ活躍できる可能性があるのです。海外で愛車が走るのを想像すると、ワクワクする方も多いでしょう。

 

あなたがお持ちの車に合った方法を選びましょう。また、どちらの場合でも、あらかじめ相見積りを取り、複数の業者を比較することが大切です

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。