事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車は「フレーム」の状態で買取に影響が出る!事故車の定義とは?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車は「フレーム」の状態で買取に影響が出る!事故車の定義とは?

行楽期は事故が多発!事故を防ぐ前準備と、他人の車での事故について

 

みなさんは車のフレームが歪むような事故を、起こしてしまったことはありますか。フレームを元通りに直したとき、その車は修復歴車として扱われます。

 

「修復歴車って何?」と感じる方も多くいらっしゃいますよね。今回は、修復歴車と事故車の違いや、事故をおこしてしまった車に乗り続けることで、生まれるデメリットについてお伝えします。

 

現在事故車に乗り続けている方や、事故車の買取を考えている方のお力になることができると幸いです。

 

 

事故車はフレームに問題があると”修復歴車”になる

車のフレームに傷ができてしまうような大きな事故をおこしたとき、修理をおこなうと、買取をしてもらうときは事故車ではなく、修復歴車として扱われます。修復歴車に該当する車はどのような車かお伝えします。

 

・フレームが歪んでしまっていると”修復歴車”になってしまう

修復歴と耳にすると、事故をおこし修理をした車すべてが修復歴車の扱いになると感じる方も多いでしょう。じつは、修復歴車には明確な定義があります。

 

修復歴車は、「車体の骨格に当たる部分の修正、及び交換歴のある車」が定義になります。つまり、事故をおこしたときフレームが歪んでしまい、歪んだところを直すと修復歴車になるのです。

 

・”事故車 ≠ 修復歴車” ということ

事故をおこしてしまった車が、全て修復歴車に該当するわけではありません。フレームの歪みを直すために修理をした場合に、修復歴車になります。事故車のすべてが修復歴車に該当するわけではないのでご自身の車の状態を一度確認してみてください。

 

修復歴車は買い替えるのが無難!乗り続けたときのデメリット

改造車が車検に通らない…そんなときの対策

 

愛着のある車を修理した後も、乗り続けたいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、修復歴車に乗り続けるとデメリットを抱えてしまうことにつながります。では、どのようなデメリットが起こるのか、お伝えします。

 

・フレームが歪んでいると、ガラスに負荷をかけ続ける

フレームとは、車の骨格。つまり、車が安全に走行するための柱のようなものです。柱であるフレームを修理するということは、フレームに接しているガラスに負荷をかけ続けることにつながります。

 

実際に、車のフロント部分の事故をおこし修理をしたものの、フロントガラス上部から雨漏れが発生したり、何もしていないのにヒビ割れがあったりしたということもあります。

 

・運転しにくくなる

フレームを修理することで、元通りにすることができると感じますよね。しかし、一度歪んでしまったフレームを修理しても、元通りになることはありません。見た目は元通りになっても、車の剛性や直進性能、ブレーキのかかり方に支障をきたします。

 

修理してすぐは、車の運転に変化を感じないかもしれませんが、運転を続けていくうちに、車が曲がっていくような感覚を持つようになることもあります。

 

修復歴車を売るときはどっち?【ディーラー】vs【事故車買取業者】

「修復歴車を売るときには、ディーラーと事故車買取業者どちらにもっていったほうがいいの?」と感じる方は多くいらっしゃいますよね。どちらの方が、車を少しでも高く売ることができるかお伝えします。

 

・ディーラー

ディーラーは車に関して相談するときや、車を新しく買い替えるときなどに利用するため、信頼をすることができる点はいいところですよね。

 

しかし、ディーラーはあくまでも車を販売すること、車の状態が良いものを中古として販売することがメインです。そのため、修復歴車を売るときには、安く買われてしまうことが多いです。

 

・事故車買取業者

事故車買取業者は、車を買取り海外で販売をしたり、使える部品を取り除き他の車で利用したりする業者が多いです。そのため、修復歴車であっても高く買取をしてもらうことができます。

 

しかし、ディーラーのように大手ではないことがほとんどであるため、依頼をするときにどこの業者を選ぶとよいかなど、迷うことが多い点はデメリットであるといえます。

 

・修復歴車を売るときは素直に「修復歴車」と伝えるべき

車を売るときには、少しでも高く売りたいという思いが強くなってしまい、素直に修復歴車であることを伝えづらいかもしれません。しかし素直に伝えず、後から修復歴車であるとわかったときの方が、その後取引をしていくときに支障が出るでしょう。

 

修復歴車ということで、車の価値が落ちてしまうように感じるかもしれませんが、素直に伝え、いい雰囲気で取引を進めることができるようにしましょう。

 

優良な業者を見つけたいなら…かならずすべき3つのこと

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

 

修復歴車とはいえ、今まで愛用していた車。雰囲気のいい優良な業者と、取引を進めていきたいと思う方は多いですよね。優良な業者を見つけるためにしてほしい3つのことについてお伝えしますね。

 

【1】業者の評判を調査する

業者を選ぶときには、まず評判を調査しましょう。評判を知っておくことで、依頼をした後に「失敗した」「損をした」ということを避けることができます。調べるときには、公式サイトを検索してみるといいでしょう。

 

口コミやうわさなども、インターネットを利用して調べると出てくることがあります。ぜひ活用してみてください。

 

【2】車の状態に合わせてディーラーか事故車買取業者か決める

車をすぐに業者にもっていくのではなく、ご自身の車の状態に合わせて業者を選ぶようにしましょう。車のフレームを少しだけ傷付けてしまったときには、比較的ディーラーでも高く買取をしてくれることがあります。

 

しかし、フレームが大きく歪んでしまったときは、事故車買取業者にもっていくことをお勧めします。どちらの方が高く買い取ってもらうことができるかという詳しい金額については、両方に尋ねてみるといいでしょう。

 

【3】納得のいく相談内容になるまで交渉する

修復歴車の買取だからといって、安値で取引をされたり、納得のできない内容で取引をされたりしてはもったいないですよね。納得のいかない値段で取引を進められたときは、納得ができるまで交渉を続けましょう。

 

交渉をするのは、勇気がいることですが、今まで使ってきた愛着のある車を少しでも高く買取をしてもらうために頑張りましょう。

 

【オススメ】 相見積りなら業者を選びやすい!

相見積りという方法をご存知ですか?相見積りは、一度に複数の買取業者から修復歴車の見積りをしてもらうことができます。

 

相見積りをすることで、どこの業者が高く買取をしてもらうことができるかを知るだけでなく、自分の車の買取価格相場を知ることもできます。何件も連絡をするのは大変と感じる方はぜひ、相見積りをしてみてください。

 

まとめ

事故をおこしてしまい、フレームを修理すると事故車ではなく修復歴車になるということを、はじめて知った方もいらっしゃると思います。自分の車は、事故車なのか修復歴車なのかを知っておくことで、売却をするときに損をしなくなります。

 

業者と取引をするときに、修復歴車であることを隠して売ろうと思っていても、業者は車のプロなので見抜かれてしまいます。素直に修復歴車であることを伝え、業者と円満に取引を進めてください。

 

事故をおこしてしまった車を少しでも高く売り、その後の生活がより豊かになることを願っています。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。