事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の買取をしてもらうための秘訣を伝授!準備しておくことまとめ

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の買取をしてもらうための秘訣を伝授!準備しておくことまとめ

事故車の買取をしてもらうための秘訣を伝授!準備しておくことまとめ

 

自分の愛車が事故に遭ってしまって「事故車」となってしまった!しかもちょっと大掛かりな修理をしないと走れないほど重症。そんなとき、あなたはその愛車をどうしますか?

多くの人は走行できない状態となってしまった事故車に対して、大金を払って修理するか、廃車することを選ぶようです。しかし、その他の選択肢として「売却する」ということを忘れてはいないでしょうか。

もし高値で売却できれば、新しく買う車の頭金にできるかもしれません。廃車にするとさまざまな手続きや費用がかかることを考えると、売却することはかなりお得で魅力的な選択肢ですよね。

今回は事故車となった車を高値で査定してもらう方法から買取業者の選び方まで、お得に事故車を売却する秘訣を伝授します。あなたの愛車を、より高値で買い取ってもらいましょう。

 

 

事故に遭った車、もう使い道はないの…?そんなことはありません!

「走れない車を買うところなんてあるの?」と疑問に思うかもしれませんね。一般的なディーラーや中古車販売店では事故車は買い取ってくれないか、かなり低価格で買い取られるケースが多いです。しかし世の中には事故車を高値で買い取ってくれる業者が存在するのです。

 

業者が買い取ってくれる可能性があります

車は中古車買取業者に売却すれば、比較的高値で買い取ってくれるケースが多いようです。もちろん事故車も買い取ってくれる場合が多いですが、ディーラーや中古車販売店まではいかないにしても、査定額はだいぶ下がってしまうようです。

事故車を売却しようとしたとき、事故車買取業者という業者に売却しましょう。事故車買取業者は事故車となった車を専門で買い取っている業者です。他の業者に比べて事故車を買い取って市場に販売するノウハウや、販売ルートを多くもっていることが特徴です。高値で事故車を売却したいと考えるなら事故車販売店がよいでしょう。

 

買い取った車はパーツとして役立つことも

「事故車で走らないのに本当に買い取ってくれるの?」と思うかもしれませんが、事故車買取業者であれば買い取ってくれることが多いです。なぜかというと、走行できないため車としての価値がなくとも、車のパーツごとに価値を付け、販売する際はパーツごとに売却ができるためです。パーツごとに販売するため、走行ができなくても問題ないのです。ディーラーや中古車販売店ではパーツごとに販売することはほぼないため、これは事故車買取業者の大きな特徴といえるでしょう。

 

事故車を買い取ってもらうには、ぬかりない準備が必要です!

事故車を買い取ってもらうには、ぬかりない準備が必要です!

 

事故車を高く買い取ってもらうには、査定前の準備が重要です。何も準備せずそのままの状態で査定してもらうことは、例えるなら何の準備もなしに芸能界のオーディションを受けるようなものです。具体的にどのような準備をすればよいかをお伝えします。

 

車両状態をしっかり把握しておくこと

まずは買い取ってもらう車の状態を、しっかり確認しておきましょう。特に過去の修復歴や故障個所をまとめておきましょう。修復歴は過去に骨格部分などの走行するために重要なパーツを修理したかどうかの経歴です。修復歴はきちんと査定の際に伝えなければいけないため、過去の修理歴から把握しておきましょう。

 

必要な書類などを用意しておくこと

事前に買い取ってもらう際に、必要となる書類を準備しておくことで、スムーズに車の売却ができます。具体的には以下のような書類が必要となります。

  • ・車検証
  • ・自賠責保険証
  • ・印鑑証明書
  • ・自動車税納税証明書

 

このような書類をあらかじめ準備しておくと、比較的スムーズに売却できます。

 

部品は車から外して一緒に査定を

車購入後に取り付けた部品は車から取り外して一緒に査定してもらいましょう。そうすることで、後付けの部品にも値段を付けてくれやすくなります。マニュアルや部品の保険証といった、どのような部品か特定できるものがあればそちらも準備しておきましょう。

 

洗車をする、車内を清潔に保つ

査定をしてもらう際にボディや足回り、車内の清掃をしておきましょう。査定する側からしても、比較的きれいな状態の車と泥や鳥のフンなどが付いた汚い車、当然前者のきれいな車のほうがより高く評価したくなりますよね。

 

傷やヘコミの修理はしなくてOK

査定額を高くするために、傷やヘコミはすべて修理した方がよいと考える人がいるかもしれませんが、それは間違いです。なぜなら傷やヘコミを修理しても、それに見合った査定額を付けられることは稀だからです。

また、キズ修復グッズなどを購入して自分で修理することもおすすめできません。自分で傷やヘコミを修理しようとすると、ほとんどの場合はかえって不自然に目立つことが多いためです。傷やヘコミがあっても下手にいじらずに、そのままの状態で査定してもらいましょう。

 

事故車買取は査定の時期にも考慮すべき!その理由とは

査定の時期によって査定額が異なることを知っていますか?もし自分が査定した時期が少しだけずれていたら、大きく買取金額が変わってしまうかもしれません。あとからその事実を知ってしまわないように、事前にきちんと確認しておきましょう。

また、正確な日にちをあらかじめこちらが決めていることも、査定額に影響を及ぼします。その理由などもあわせてご紹介いたします。

 

車を手放すことができる明確な日にちを決める

査定してもらう際、相手の業者からいつ手放すことができるかを確認されます。そのときに手放す日にちを明確に答えられないと、業者としても高い査定額は付けづらくなります。その理由は2つあります。

1.時間とともに車の価値が下がるため

事故車であったとしても、数か月先と現在では現在のほうが状態がよいでしょう。手放す時期が査定する3か月先、6か月先だとすると、それまでに車の状態がさらに悪くなることを考え、高い査定額は付けられないのです。

 

2.高い査定額という奥の手を使う意味がないため

車を査定する業者としては、自社の商品はお客さんが売却してくれる中古車なのです。そのため、できれば他の業者ではなく自社が車を買い取りたいのです。お客さんから自社を選んでもらうための奥の手というのが「高い査定額を出す」ことなのです。奥の手ではここぞという時に使うものですよね。売却する時期が決まっていないお客には奥の手は使いづらいのです。

 

高値で買い取ってくれやすい時期を選ぶ

車を売却する際に適した時期が存在します。一般的には1年の中で1~3月、9~10月が高く売却できる時期といわれています。なぜこの季節が高く売却できるかというと、1年の中で中古車、新車を問わず車が買われる時期であるためだそうです。進学や就職、異動が多い時期とも重なるため、そういった要因もあるかもしれませんね。

1~3月、9~10月という時期に中古車市場で販売したいと考えると、それぞれの時期の終盤よりも序盤の方が高値で買い取ってもらいやすいといえるでしょう。査定してもらう際はその辺りに売却できると明確に伝えましょう。

 

事故車買取は業者選びにも力を入れるべし

事故車買取は業者選びにも力を入れるべし

 

事故車の買取業者によって査定額が大きく変わってきます。特に事故車の場合は一般的な中古車販売店や車買取業者よりも事故車を専門に取り扱う買取業者に売却する方がお得に売却できる場合が多いです。

 

一括オンライン査定でラクラク業者比較!

国内だけでも多くの車買取業者が存在します。それらの業者を1つ1つ調べて査定を依頼することは大変。一括オンライン査定を利用すれば、複数の買取業者に一括で査定を依頼することができます。

 

業者ホームページや口コミも参考に

一括オンライン査定のほかに、業者のホームページや口コミサイトを利用することもよいでしょう。しかしインターネット上に出ている価格はあくまで参考程度にとどめておきましょう。事故車の査定額は実際に査定されるまでわかりません。

 

まとめ

事故車を高く買い取ってもらう秘訣は理解できたでしょうか。今回の内容で、事故車の売却先はディーラーや中古車販売店ではなく、事故車買取業者に売却するのが一番お得に売却できることがわかったと思います。

高い査定額を付けてくれる事故車買取業者を効率的に探すためにも、一括オンライン査定を利用しましょう。高値を付けてもらうために、査定前の準備も忘れずに!

あなたの愛車が高く売却できることを願っています。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。