事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車両火災は予防できる!日ごろの点検・整備の積み重ねが大切です

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車両火災は予防できる!日ごろの点検・整備の積み重ねが大切です

車両火災は予防できる!日ごろの点検・整備の積み重ねが大切です

 

車を運転しているときに起きてしまう事故は、できる限り防ぎたいものですね。衝突事故や人身事故は、もちろん運転をしているときに気を付けるのが大事です。それ以外の状況で起きる事故のひとつに、車両火災もあります。

車が燃えてしまう車両火災を予防するにはどんな方法があるのでしょうか?今回は車両火災に関して、車両火災になる原因や、対策。万が一車両火災になってしまった場合の対応策など。

車両火災に関する知識を、それぞれの段階を踏みながらご紹介させていただきます。

 

 

車両火災が起こる原因とは?

車両火災を予防するにはまず、どのようにして火災が起きてしまうのかを把握する必要があります。人災で起きてしまう場合や天災による被害などさまざまです。

そんな車両火災の主な原因をご紹介していきます。そこから各原因に対する予防策を考えていきましょう。

車内に物を放置して起きる火災

夏や日差しの強い日の車内の温度は、とても上昇します。そんな暑い状態のところで置いておくと起因する可能性のあるものは、以下の通りです。

  • ・ライターなどの燃料となるもの
  • ・アクセサリや水の入ったペットボトル

 

直接火を起こす燃料かもちろん、太陽の角度などの、さまざまな条件がそろうと、レンズの役割で火が起きてしまう場合もあるようです。

 

人が起こしてしまう火災

運転手などの人が原因で起きる車両火災もあります。

  • ・車内で寝ているとき、アクセルを空ぶかしの状態になり、エンジンが熱くなって車が燃えだす火災
  • ・車の運転中に起きてしまう事故

 

長時間の運転などで眠るときは運転席では、空ぶかしからの火災の危険性があります。事故での車両火災は、人身事故でも物損事故でも起きることも考えられます。また、運転中にぶつけられて車両火災になる場合もあるようです。

 

その他

それ以外で車両火災が起きる場合は、地震や火事などの天災に巻き込まれたときになります。こればかりは、突然訪れてしまうので、対策をとるのは難しいです。

ちなみに、落雷による被害は車のタイヤが絶縁体の役割を担ったり、車のボディを電気が伝うため室内の被害は少なくなります。ただし、オープンカーは天井がないために落雷被害が及びますのでご注意ください。

 

車両火災を予防するために日ごろからするべきこと

車両火災を予防するために日ごろからするべきこと

 

車両火災はうっかりしたことが積み重なって起きることが多いです。そのため、車両火災を防ぐには日々の行動がカギとなります。

ここからは、そんな車両火災を予防するための行動について、ご紹介させていただきます。

 

車の点検・整備を定期的におこなう

車内のエンジンからの発火の原因は、老朽化やメンテナンス不足が多いです。つまり、日ごろからエンジンルームの中を、チェックしていくことが大事であるといえます。エンジンルーム内の整備不足とならないように定期的に検査していきましょう。

また車を購入後に取り付けた機器がある場合は、接続方法が正しいかも確認してください。

 

火災を引き起こすものを車内に放置しない

真夏の日差しの強い日の車内はとても暑くなっています。そのため、ちょっとしたことで発火の原因になっていきます。車内を暑くさせないための対応というのも大事です。ですが、まず大事なのは、発火の原因になりそうなものを車内に放置させないことです。

ライターやマッチなどの発火剤や、光を集約する凸レンズの代わりになってしまうもの。そういったアイテムを車内に放置させないように日ごろから気を付けていきましょう。

 

燃えやすいものの近くでエンジンをかけない

枯れ葉や紙くずなどの燃えやすいものがあると、エンジンをかけながら車を駐停車した場合、大変危険です。マフラーからの排気ガスや、マフラー周辺の部分が熱いので注意してください。またマフラーの中にゴミくずが溜まってしまい、そこから車両火災に発展するケースもあります。

マフラーにしても、違法改造をしたマフラーや壊れたマフラーは、排気ガスがたまりやすく、車両火災の原因になってしまいます。

 

もし車両火災が起こったら、どんな行動をとる?

車両火災は車を運転している限りは、不慮の事故などで起きるので、車両火災の可能性はゼロではないです。

ですので、万が一のことを考えて、車両火災になってしまった場合の対処法は、知っておいたほうがよいです。むしろ火災になったときはパニックになりやすいです。ちゃんとした知識を知っておかないと大変なことになりかねません。

ここからはそんな車両火災が起きたときについて説明していきます。

車を停車させる

車の走行中に車両火災が起きてしまったら、ハザードランプを点滅させ、道路の端に緊急停車させてください。その後車から降り、消防署に通報しましょう。

 

初期消火をする

車両火災の症状がひどくない場合は、応急処置として初期消火をしましょう。初期消火の方法はまず燃えている部分に水や砂をかける。炎の状態が弱かったから、上着をかぶせて消火する方法もあります。ただし、火の勢いが強いと上着に火がついてしまうことがありますので気をつけましょう。

 

車両火災時の注意事項

車の燃えている状態が弱く余裕がある場合に、車を降りる前に車検証を回収しておくと、その後の対応がスムーズです。またスプレーなどの引火しそうな道具がある場合は、回収して降りるとよいでしょう。

火災時の行動で大事なのは「身の安全」です。まずは車の乗っている人の安全を確保してください。そのうえで時間に余裕のある場合のみ、上記の行動をするというのがよいでしょう。

 

万が一車両火災事故に遭い、あなたの車が事故車になったら

万が一車両火災事故に遭い、あなたの車が事故車になったら

 

車両火災の被害の具合によっては、「事故車」の状態になるときもあります。事故車は車の骨組みとなるフレーム部分が損傷してしまった場合になります。フレーム部分は車体の内側の部分なので、事故車にさせないためにも、消火は早めにおこなうとよいでしょう。

ですがそれでも万が一、事故車や廃車になってしまったら…。大丈夫です!昔とは違い近年は事故車両でも買い取ってくれる業者もあります。

 

事故車の売却を検討してみましょう

事故車が売却できるのは、以下の理由があります。

  • ・車両内部が高性能になり、パーツの価値もあがったので、パーツの取引が盛んになった
  • ・海外での日本車は性能や耐久性が高く人気があるので事故車であっても、高く売れる

 

ただし、このように買い取ってくれるのは、事故車の買取も対応してもらえるの業者になります。ディーラーや事故車の買取りをしていない中古車業者では、買取り額は期待できませんのでご注意してください。

 

まとめ

いかがでしょうか?車両火災を予防するためには、いろいろとありました。

運転手が事故をおこした場合や、車が故障した場合。これは日ごろからの運転に気をつけたり、定期的なメンテナンスやチェックをしていけば、解決をしていきます。

夏の日差しが強い時期に凸レンズの代わりになるようなものを放置したり、ライターなどの着火剤を放置すると発火して火災の原因になります。

他には運転中などに、他の車に追突されて車両火災に発展してしまう場合もあります。また、地震や火事などの天災にあってしまうという可能性もあります。どれだけ注意しても車に乗ってる限り車両火災の可能性はついてきます。

車両火災に遭った緊急事態の対処法や、注意することを頭の片隅にでも入れておくとよいでしょう。また事故車や廃車になったとしても、買取業者に持っていけば、買い取ってくれるかもしれないというところも、頭の片隅でも入れておいてくださいね。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。