事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車は申告が必要です。買取トラブルをおこさないための告知義務

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車は申告が必要です。買取トラブルをおこさないための告知義務

事故車は申告が必要です。買取トラブルをおこさないための告知義務

 

事故車の買取を依頼するときには、「黙っていてもバレないかも」「査定金額が上がるかも」など、邪(よこしま)な考えを持ってしまうこともあるかもしれません。しかし、その考えはゴミ箱に捨ててしまってください。事故の事実を黙っていても、よいことはありません。

事故車の買取査定をする査定員は、車チェックのプロです。たとえ小さな傷でも見逃すことは相当に少なく、たとえ初めのチェックをくぐりぬけても、そのあとには何度も点検をされ、最終的に事故の事実は発覚してしまいます。

今回の記事では、そんな事故車の申告をしなかった場合に起こりうるトラブルについて、紹介します。車の事故の事実について、黙秘は絶対にNGです。これから事故車の買取を依頼しようかなと考えているかたは、参考にしてみてください。

 

 

事故車を買取するときは必ず告知をしましょう

事故車の買取を依頼するとき「事故のことは黙っておいたほうが、査定金額は上がるだろう」とダークサイドな考えを持っていることはありませんか?しかし、それは悪魔のささやきです。車に事故の事実があれば、必ず買取業者に告げるようにしましょう。

事故が車の買取査定額に響くことは事実です。「できれば買取金額を少しでも上げたい」とは、誰でも考えることでしょう。しかし査定の時点で事実を告げなくても、いずれ事故の事実は発覚してしまうのです。その詳しい理由を、次に解説していきます。

 

もし嘘をついたり、隠したらどうなる?

もし嘘をついたり、隠したらどうなる?

 

事故のあった事実を黙っていること、これは良心の問題ではありません。買取をした車は種類によっては修理され、新しいオーナーのもとに渡ります。そのオーナーさんが事故の事実を知らずに、その車を購入してしまった場合はどうなるでしょう。

まず、購入したオーナーさんは大きな憤り(いきどおり)を感じるでしょう。ただの中古車と思って買った車が事故車だったら、そう感じることは必然。場合によっては事故の事実を黙っていたあなたのところに、お金が絡んだトラブルが舞い込むこともあり得ます。

 

査定員はプロ!必ずバレます

とはいえ、ここまでは仮定の話です。事故車の買取を担当する査定員は車を見るプロ。よほどのことがない限り、事故の形跡を見逃すことはありません。買取業者の査定員が見るのは車全体からボンネットの内部、ボルトの傷まで多岐に渡ります。

このような厳密なチェックをすり抜けるのは容易ではありません。事故の事実は黙っていてもどのみち発覚するのです。初めから申告をして、査定員との信頼関係を築いてしまったほうが得策でしょう。信頼関係は少なからず、査定の結果によい影響を与えるはずです。

 

隠すとこんなトラブルが待っています

仮に事故の事実を隠し通せたとしても、買取された車は何度も点検を繰り返したのち、市場に出されます。その過程で事故の事実が発覚したときは、前述したようにお金絡みのトラブルに発展することもあるのです。

トラブルが発展すると最悪の場合、車買取はキャンセルされ損害賠償請求につながることもあります。車に修復歴がある場合は、基本的に申告することは義務です。沈黙はNG、必ず事故車の申告はするようにしてください。

 

故意ではないんです!事故車だと本人も知らなかった場合

「自分で事故した場合は素直に申告できる、けど中古で購入した車が以前に事故を起こしていて、かつ自分がその事実を知らなかった場合はどうなるの?」

車の所有者が事故の事実をまったく知らなかった場合、その車を購入した中古車販売業者に補償額を請求できます。とはいえ、イメージすることは難しいかもしれませんね。簡単にいうと下記のような状況のことです。

 

  • ・自分の購入した車が事故車だった
  • ・しかし、その事実は自分も買取査定をしてもらうまで知らなかった
  • ・「事故車」が原因で買取金額が下がってしまった

 

たとえば、車の買取査定をしてもらった際に事故の事実が発覚、その影響で買取金額が「50万円→20万円」に減ってしまった場合は、その減額分である30万円を、ご自身が車を購入した業者に請求できるのです。

対して、知り合いなどから車を購入し、その車の買取査定の際に事故歴が発覚した場合には、故意に事故の事実を隠したとみなされることがあります。車は知り合いから購入するときでも、事故の有無は必ず確認しておいたほうがよいでしょう。

 

「事故車=修復歴アリ」そうとは限らない事故車の定義

「事故車=修復歴アリ」そうとは限らない事故車の定義

 

「事故車というと、事故をした車はすべて事故車になるのかな?」と疑問を持つかたも多いでしょう。しかし、事故をした車がすべて「事故車」として扱われるわけではありません。事故車の定義は本体の骨格部分に破損が見られるもの、修復歴があるものとされます。

本体の骨格部分とは簡単にいえば、車のフレームに当たる部分です。車のサイドバンパーやダッシュパネル、ルーフパネルなどがその主なところ。言葉だけでは想像は難しいと思いますので、気になるかたはインターネットで詳しく調べてみるのがよいでしょう。

 

修復歴があると査定額が下がる…少しでも高く売りたいときは?

「事故の事実は隠さずにすべて告げたほうがよい、それはわかった。でもできるだけ高値で事故車を引き取ってもらいたい……」。そう考えるのは当然です。安心してください。事故歴のある車でも、工夫をすれば買取額を上げることは可能です。

しかしその前に、修復歴が買取金額にどのくらい影響するのかを知っておきましょう。

修復歴があるとどれだけ査定額にひびく?

車に修復歴がある場合、査定金額の約20~30%の減額につながります。もちろんこれは個々の車の状態や傷の数、場所によって変動します。あくまで目安として考えてください。

 

高額査定を望むなら一括見積りがオススメ

査定金額のうち約20~30%の減額、もし10万円の査定金額であれば約2万~3万円の減額です。これは少なくはない金額でしょう。しかし、それでもできるだけ高値で事故車を引き取ってもらいたい。そんなかたにオススメの方法が一括見積りを取ることです。

一括見積りをすればいくつかの業者の提示する買取金額を、簡単に比較することができます。そのなかから一番高値をつけた業者に買取を依頼すれば、大きく失敗をすることはないでしょう。

一括見積りをとるときは、簡単に費用の比較ができる「比較サイト」を使いましょう。複数の業者から提示される見積り額を、容易に比較できます。手間も時間も節約可能。事故車買取を依頼する際は、ぜひ活用してみてください。

 

まとめ

車の事故の事実は必ず申告をするようにしましょう。場合によってはお金も絡んだ厄介なトラブルに発展してしまいます。そんな事態は誰でも避けたいところでしょう。「黙っておけば、査定金額も上がるだろ……」といった悪魔のささやきは絶対に聞いてはいけません。

また、自分では事故だとは思っていなくても、事故車の認定を受けることもあります。不安なかたは、必ず査定員に相談をするようにしてください。あとから指摘をされるよりも、自分から告げたほうが、査定員の印象もよくなるはずです。

事故車の買取を依頼するときは、とても便利な「比較サイト」を使うようにしてください。自分の車の情報を入力するだけで、簡単に見積り費用の比較ができます。労力を圧倒的に節約できますよ。「事故車買取を依頼する際は必ず申告」これ絶対です。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。