事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故にあって車が損傷!修理で確認すべき保険内容と売却のすすめ

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故にあって車が損傷!修理で確認すべき保険内容と売却のすすめ

買取前日でも大丈夫!査定額をプラスにする2つのコツ

 

事故が起きるのは突然で、運悪く遭遇してしまうこともあります。自分は気を付けていても、ぶつけられたり……。事故にあってしまったらまずは、ご自身の体にけがなど何もないことを確認し、愛車の状態を確認。しかし、思ったよりひどい状態……。こういった場合はどのようにしたらよいのかわからず、事故にあってしまったことで心もざわつき、動揺しますよね。

 

今回は、事故にあってしまい、大切な愛車が破損してしまった。保険を使って修理に出すべきか、このままの状態で買い取ってもらうか……。どのような方法があるのかお伝えしていきます。

 

 

事故で車がガッカリなことに…修理or売却で悩む!

突然の事故にあい、大切な愛車が見るも無残な状態になってしまったら……。「もう乗れないかも。」とあきらめている方もいらっしゃるのでは?事故にあうと車への被害も考えなければなりません。事故にあっただけでも心労があるのに、修理代金が高くなり、頭を悩ますのは避けたいですよね。

 

修理したほうがお得な場合とは

修理を依頼する先が、自動車ディーラーの場合と修理専門の工場と金額がだいぶ変わってきます。ディーラーにお願いした場合、事故した場所まで引き取りにきてくれたり、保険会社との仲介をしてくれたりと、フォロー体制が充実しています。

 

しかし、工場が併設してない場合が多く、修理工場まで移動させてから作業にとりかかるなどで、修理日数を合わせると時間がかかります。そして、価格的にも、会社で一律して決まっているので、値引きなどもなく高い傾向にあるのです。

 

修理専門工場に出される場合は、さまざまな車種に対応してくれ、工場が併設されているので、修理内容にもよりますが、短期間で行ってくれます。また、修理箇所を細かく区切ることにより、必要最低限の修理を、お願いすることが可能な場合もあるようです。価格的にも、修理専門なので、価格がお値打ちなのがメリットです。しかし、ディーラーとは違い細かなフォローは望めません。

 

売却したほうがお得な場合とは

修理の見積金額が出て、迷われるほどの金額だったら修理に出すのもためらわれますよね……。破損した状態で買い取りをしてくれる業者もあり、このまま乗るよりも少しでも手元にお金を残したほうが得策の場合もあります。

 

修理費用の見積もりと、乗り換えた場合にかかる金額と比べて考えた場合も考えるポイントですが、売る際に抑えておきたいポイントがあります。車は年式が下がるほど、価値が低くなります。また、車は部品なども含めて消耗品なので、事故により破損した部分以外のところの劣化なども価格が下がってしまいます。この点を理解して、業者に査定をお願いしてみて、ご自身が納得いく金額ならば、売却されるのもよいでしょう。

 

修理をするなら加入保険の確認をしましょう

車検に通らない場合は「構造変更申請」が必要

 

事故にあうと車の保険を使う場合もありますので、加入している内容を確認する必要があります。修理料金がご自身で払える金額にしては、少し高いとお考えでしたら、加入している保険内容で「車両保険」が付帯しているか、確認してみてください。しかし、車両保険を使える場合と使えない場合もありますので、注意が必要です。

 

車両保険で修理費用はまかなえる

車両保険に加入しているのであれば、保険適用分で修理代金は保険でまかなえます。しかも、買い替えも車両保険でまかなうことも可能です。免責金額=自己負担額により、支払ってもらえる額は変わります。契約時に自己負担になる金額も決められており、例えば修理代金が10万円だとしたら、免責金額が5万円であれば、5万円を自己負担し、残りの5万円を保険会社に支払ってもらえます。

 

車両保険を使うと等級が下がるので注意

覚えておいていただきたいのが、車両保険を使うと「等級」が下がります。これは、保険には等級があり、その等級によって、保険料などが変わるシステムです。事故もなく、保険を使用していなければ等級は上がり、保険料も安くなっていくのです。

 

逆に、事故などにより、保険を使用すると、毎月の保険料は上がり、ご自身の毎月の支払いに影響が出てくるかもしれません。

 

もらい事故では相手の加入保険内容で変わる

こちらに過失のない、いわゆる「もらい事故」では、加害者の加入している保険状況によって変わってきます。今では、車を所有・運転する方は、車自体についている「自賠責保険」と「任意保険」どちらも加入されている方がほとんどです。しかし、加害者側が任意保険に入っておらず、自賠責保険のみだった場合、こちらの修理費用は出ない可能性が高いです。自賠責保険は、そもそも国が強制的に加入をさせることにより、万が一事故を起こした場合に、支払い能力がない方でも、相手側に保険金がおりるようにつくられた制度です。なので、最低限の保証しかなく、対ひとである想定でしか制定されていないのです。それを補うのが、任意保険で、あらゆる補償内容を提示し契約することで、事故にあった際には保証をしてくれるのです。

 

事故にあった車の修理費用、見積り相場は?

事故にあうと車が全損でない場合、一部分を修理するならだいたいどのくらい修理代金はかかるのでしょうか?パーツごとにお伝えしていきます。

 

エンジン

エンジンは、車の心臓部ですので、ここを取り換えるには、作業的にも時間がかかり、コストは高くなります。

 

サイドミラー

割れてしまっていたりすると、カバーごと交換になるので少し高くなります。しかし、国産車などによっては、ネットなどで手に入れることができるので、ご自身で用意して工場に持ち込むことで、少々安価になるかもしれません。

 

ガラス

飛び石などで、ガラスに傷がついてしまった場合、修ができる目安は500円玉ほどの大きさ内であるかです。この大きさであれば、お値打ちにすませられる場合が多いです。それ以上の大きさですと、丸ごと交換なので金額も大きくなります。

 

ドア

こすり傷程度であれば、比較的お値打ちですませられますが、中の金属部分までみえていて大きな傷ですと、ドアを交換しなければならなくなり金額は高くなります。

 

バンパー

こすり傷程度ならば、少額ですがバンパーがもう使い物にならないぐらいの状態でしたら、丸ごと交換になると、金額は跳ね上がります。

 

へこみ

へこみ部分の大きさや深さによっても金額も異なりますし、修理箇所によっても、修理が可能かも変わってきます。

 

事故車を売却したいときはどうしたらよい?

では、事故車の修理をすることはあきらめ、売却したい場合はどのようにしたら、よいのでしょうか?事故にあうと車の価値も下がるのは避けられませんが、業者の中でも金額が変わってくるので、いろいろな業者に査定をしてもらうのが、おすすめです。

 

売却先を決める

まずは、どこに売却をするか決めなければなりません。事故車の買取ですと、ディーラーか事故車専門買取業者のどちらかになると思います。ディーラーに買取りをしてもらう方も多くいらっしゃいますが、やはり、新車を全面に売り出しているため、中古車でさえも安価な買取になっています。そのうえ、事故車になってしまうとやはり、買取価格は下がるようです。事故車買取専門業者ですと、事故車専門ですのであらゆるノウハウや売り出し方ができるので、ディーラーよりも高く買い取ってもらえるようです。

 

複数社から見積り査定をとる

1社に見積りをとるよりも、比較サイトなどで一度に査定をしてもらうのもおすすめです。そうすることで、何社が付けた査定額により、平均価格がわかります。やはり、1社だけでは平均の買取価格がわからず、もしかしたら、平均価格よりも高値で買ってくれる業者がいるかもしれませんので、見逃したらもったいないですよね。

 

優良業者を見つけるために抑えておきたいポイント

車を買い替えるなら最適なタイミングを狙え!あらゆる角度から判断を

 

では、どのような業者に依頼するのがよいのでしょうか?わが子のような、事故にあうと車の価値は下がってしまうのはわかりましたが、大切な愛車を売却するなら、信頼がおける業者に依頼したいですよね。

 

査定額だけで決めないこと

売却を決める点では、やはり査定額が高いほうがよいですよね。しかし、その業者が信頼性があるかどうかわからない場合もあり、もしかしたら、きちんとした鑑定士が査定していないかもしれません。いざ、売却となったときに思わぬ落とし穴がないか慎重に業者選びをしてください。

 

契約書は必ず確認をすること

契約書には必ず目を通し、内容がご自身が了承している内容であるか、見積金額との相違はないかなどを必ず確認するようにしてください。

 

担当の対応に問題はないか

担当者がきちんと対応してくれるかなども、チェックポイントです。ほかにはご自身が疑問に思う点などにも、的確に回答してくれるなども、お任せする上で安心ですね。「でも、初めてだしどこに頼んだらよいかわからない……。」という方もいらっしゃると思います。

 

そんなかたには、比較サイトがおすすめです。比較サイトには、実際に利用した方からの口コミが見られますし、一度に数社から相見積もりがとれるので、内容や平均価格もわかり、よりよい条件を提示してくれる業者を選ぶこともできます。スマートフォンやパソコンなどで簡単に比較検討ができ、場所や時間を選ばないので便利です。

 

まとめ

今回は、事故にあってしまった場合、車体を修理するか売却にしたらよいのか、についてお伝えしました。事故にあってしまっただけでも、動揺されると思います。また、その後の処理方法なども決断しなくてはならないのは、心の負担にもなりますし、そして、なんといっても愛車を手放す決断に踏み切る勇気も必要になりますね。

 

いざ、事故にあうと車の保険内容も、わからない。となってしまう方も多いと思うので、一度、保険内容の確認をされるとよいかと思います。そして、売却の決断に至った場合、愛車を手放すのはさみしい気持ちになりますが、少しでも愛車の価値を、わかってもらえる業者にお願いしたいですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。