事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車を解体屋へ持ち込むときの注意点は?知識があれば得をする!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車を解体屋へ持ち込むときの注意点は?知識があれば得をする!

terror-attack-349913_640

 

車の買い替えや、事故の破損などによって、古い車を廃車にして解体屋に持ち込むことがありますよね。そのような時、車の状態によっては解体屋が廃車を買い取りする場合がります。お金を払って処分しようとしていた分、思わぬ収入は嬉しいところでしょう。

 

しかし一方で、「なぜ廃車を買い取りするのか」不思議に思う人もいるのではないでしょうか?じつは、所有者が「使えない車」だと判断した車にも、多くの価値が眠っているのです。解体屋は、その価値を見出して車を買い取っています。

 

では、その価値とは一体どのようなものなのでしょうか。このコラムでは、解体屋が廃車を買い取る理由と、廃車の価値を解説します。また、廃車にするための費用などもご紹介していきます。

 

廃車にするかどうか、決めかねている人はぜひこのコラムを読んで検討してみてください。

 

 

解体屋が廃車を買い取ってくれるのはなぜ?

事故によって壊れてしまった車。修復が難しく、ディーラーから廃車にしたほうがよいと言われると落胆しますよね。

 

しかし、この言葉を鵜呑み(うのみ)にして廃車にしてしまうのは、非常にもったいないことです。車がどのような状態でも、多くの場合解体屋が買い取ってくれます。

 

ではなぜ、解体屋はお金を出して使えなくなった車を集めているのでしょうか?「もしかして、よからぬことに使っているのでは…」などと心配になる人もいるでしょう。

 

しかし、ご安心ください。「廃車」宣告を受けた車にも需要があるのです。その需要がある人に向けて供給するために、解体屋は廃車を集めています。

 

海外で日本車は人気があるから

日本車は海外での人気が非常に高く、新車、中古車問わず高い値段で売買されています。そのため解体屋は、破損した車を買い取り、修理をしたうえで海外に輸出しているのです。

 

海外では、車のリユースを推進している国がたくさんあります。リユースとは、誰かが手放したものを別の誰かが再び使うことです。品質の高い日本車が新車よりも安く買えるため、多くのニーズがあるのです。

 

パーツに価値が残っているから

廃車にはエンジンやホイールなど、再利用できるものがたくさん残っています。また、内装部分のシートなども売りに出すことができます。人気車種の場合は、パーツにも多くの需要があります。所有者が考えているよりも、高値がつく可能性もあるでしょう。

 

解体屋は取り外しできる部分や、お金に換えられる状態を熟知しています。解体屋にまかせておけば、無駄なく再利用してもらえるでしょう。

 

鉄などの素材に価値があるから

車を構成する物質の中には、鉄があります。スクラップして鉄を取り出すことで、また新しい車へと再利用できるのです。スクラップによる鉄の採取は、炭鉱で掘り当てるよりも効率的です。貴重な資源を大切に使っていくために、解体屋は廃車を買い取っているのです。

 

「廃車」には種類があることを覚えておこう

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

 

一言に「廃車」といっても、実際にはさまざまな状態があります。比較的破損が軽いものでも、廃車になる可能性があります。一見、走行に影響する破損がない場合でも、内部が損傷していたり、足回りの部品がゆがんだりして、走行しにくくなっているケースがあるのです。

 

このような車の場合、症状がひどくなければ修理して、リサイクル車として売りに出されます。

 

一方で、修理がほどこせないくらいに大破したものもあります。破損の状況によっては、自走できないことも少なくありません。そのようなときは、専門業者がレッカー車などを出して運んでいきます。

 

大破し、自走できない状態の車は解体されてパーツを売りに出されるか、資源としてリサイクル業者に引き取られてゆきます。

 

注意!廃車にするには手数料がかかります

所有する車を廃車にするときには、廃車登録の手続きをおこなう必要があります。廃車登録をおこなうことで、自動車税などの請求がこなくなるのです。

 

廃車には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があります。「永久抹消登録」は、永久的に登録を消すことです。二度と使用しない車には、永久抹消登録が適用されます。

 

それに対して「一時抹消登録」は、一時的に登録を消す際に利用します。長期で外出する際、一時抹消登録をおこなうことで、自分が車を使用していないあいだの税金が免除されるのです。不要な税金を払わないように、うまく活用したいシステムですね。

 

廃車にする際は、たいていの人が「永久抹消登録」を選びます。この抹消登録には申請書代も含めて、約500円の費用がかかります。

 

また、リサイクル法に基づきリサイクル料として10,000円前後の費用がかかります。車の解体をおこなう際は、業者によりますが10,000円以上の手数料が発生します。このことを踏まえて、廃車をどのように扱うか考えていきましょう。

 

お金をかけずに廃車を処分する方法って?

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

 

廃車にする費用を考えると、本当に廃車にしてよいものかどうか、悩む人もいるでしょう。物を廃棄すると考えると、できるだけ費用をかけずに処分したいものです。そのようなときは、事故車の買い取りを請け負う業者に買い取ってもらうとよいでしょう。

 

廃車にするかの判断は、ときにプロでないと難しいこともあります。自分が廃車にするしかないと思っている状態の車でも、買い取り業者から見れば活用できる余地が十分にあるかもしれません。

 

手数料を支払って廃車にするよりも、買い取り業者に査定してもらったほうが得るものが大きいのではないでしょうか。場合によっては、予想よりも高額で買い取りされることもあります。

 

お金をかけない廃車をお考えの人は、一度買い取り業者に査定してもらいましょう。

 

より高く買い取ってもらうために重要なこと

 

大切な車ですから、できるだけ高い金額で買い取ってほしいものです。しかし、事故車の買い取りをおこなう業者もピンからキリまであります。時間を割いて査定してもらうのですから、できるだけよい業者に依頼したいですよね。

 

数多くの買い取り業者から、よい業者を見分けたい時は、口コミサイトを参考に探すとよいでしょう。優良業者は、自然と高評価が集まるものです。口コミサイトの評価を参考にして、依頼先を選んでください。

 

また、事故車の買い取りを大々的に募集している業者を選ぶとよいでしょう。そのような業者のほうが、事故車の査定に慣れており知識も豊富です。事故車の買い取り経験が浅い業者よりも、多くの価値を見出すことができるでしょう。

 

業者の一部には、「廃車には価値がないかもしれない」という売り手の不安を利用して、不当に安い値段で買い取り金額を提示する業者もあるのです。

 

そのような業者に依頼して損をしないように、複数の業者から見積もりをとって、価格を比較することをおすすめします。相見積りをとることで、車の相場がわかるため、不当な値段での買い取りを防ぐことができます。

 

しっかり見比べて、高い値段を提示している業者を選びましょう。

 

まとめ

解体屋に廃車を持って行ったとき、解体屋が車の買い取りをおこなう場合があります。廃車にはさまざまな価値があるため、解体屋はお金を出して集めているのです。有料での廃車を予定していた所有者からすると、思わぬ収入でしょう。

 

たとえ解体屋に買い取りを拒否されても、事故車の買い取りを請け負う業者に依頼すれば、買い取り査定をしてもらえます。専門業者は動かなくなった車や、破損が大きな車にも価値を見出します。

 

廃車をするには、廃車登録やスクラップなど、多くの費用がかかります。また、廃車のタイミングは素人目にはわからないものです。車を廃車にする前に、専門的な知識をもった人に見てもらい、その後の扱いを決めてみてはいかがでしょうか?

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。