事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

新車購入をお考えの女性へ!失敗しない車選びのコツ教えます

無題ドキュメント

最新情報・レポート

新車購入をお考えの女性へ!失敗しない車選びのコツ教えます

新車購入をお考えの女性へ!失敗しない車選びのコツ教えます

 

通勤に便利、気軽に出かけられる、という理由から、車を買う女性が増えています。しかしいざ車を買うとなると、「どのようなことに注意をして選べばよいのかな?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

このコラムでは、女性が車を選ぶ時に知っておきたい知識を解説します。素敵な車と出会うコツや、車の維持費など、事前に知っておきたい情報が満載です。そして避けては通れない、事故のリスクもご紹介します。

費用やリスクを知ったうえで、あなただけのお気に入りの1台を見つけましょう。

 

 

女性にとって車はどのような存在?

車は女性にとって、アクセサリーのような存在である人が多いようです。かわいい型やかっこいい車種を持っているだけで、気分が高揚します。少し気分が落ち込んでいる時でも、駐車スペースで自分を待っている車を見るだけでやる気が出てくるでしょう。

また車内をおしゃれに飾ることで、乗車した時にもテンションが上がります。クッションなどにこだわることで、過ごしやすい空間にすることも可能です。適度な密閉性もあるため、移動できるプライベート空間として活用できます。

どこに出かけるにしても、車に乗っていきますよね。友達と遊びに行く時も、家族と旅行に行く時もいつもいっしょです。思い出が詰まったその車自体が、友達であり家族のような親しい存在へとなっていくことでしょう。

アクセサリーのような一面を持つ車ですが、決して気軽に買い替えることができません。人によって車は十年以上使用します。いっしょに時間を過ごすほど、思い出が増えることでしょう。

大切な存在となる車を長く使用するためにも、車種などはじっくりと検討して購入することをおすすめします。

 

素敵な車に乗りたい!女性の夢を叶える車選びのコツ

素敵な車に乗りたい!女性の夢を叶える車選びのコツ

 

多くの女性が、素敵な車との出会いを求めているでしょう。長く付き合うことができる車は、どのようなことに気をつけて探せばよいのでしょうか。

素敵な車と出会うには、まず自分はどのような車を求めているかを考える必要があります。よく考えることで、購入後に「この機能いらなかった」「もっと違う機能が欲しかった」などの不満を回避することができます。

希望する車の形態や機能をある程度明確にしてから、販売店の営業マンに相談してください。

 

車の利便性・実用性に注目する

まず車の購入で判断材料にしていただきたいのが、利便性です。最近では自動運転など、さまざまな機能が付いている車が販売されています。自分に合った機能を選ぶことで、より愛着がわくでしょう。

また、実用性も重要になってきます。どんなに見た目がよい車でも、使い勝手が悪いと乗る気が失せてしまいます。店頭で車を見る時や、試乗する時は、実際の生活で使うことを想像してみましょう。

車を購入する女性の大半が、軽自動車を選んでいます。軽自動車はコンパクトなものが多く、小回りが利くため、非常に扱いやすいのです。また、軽自動車だと税金が安くなります。使いやすく、お財布にも優しい軽自動車が人気なのです。

 

車のデザインにこだわる

長い期間いっしょに過ごす車だからこそ、形や色を重要視する女性が多いです。少し前は黒や白やシルバーといった色が主流でしたが、今はカラフルな車が多く出回っています。車が持つ機能と、デザインを考慮してお気に入りの1台を選ぶのもよいでしょう。

 

営業マンは「人柄」で選ぼう

車を買う時に重要なのが、販売店の営業マンです。営業マンによっては、売りたい車種の話ばかりする人もいます。話題の車が、自分が気になっている車種ならよいですが、購入予定のない車種をゴリ押しされても困ってしまいますよね。

そのような営業マンは避けて、なるべく自分の意見に沿った車種を提案してくれる営業マンを探しましょう。営業マンとの付き合いは、車の購入後も続いていきます。長いお付き合いを考えると、意見を尊重してくれる人を選びたいものです。

 

車購入の前に!知っておきたい維持費について

車は買えば終わりというわけではありません。車を持つと、維持するためにさまざまな費用がかかります。車を買ってから慌てないよう、事前に維持費について調べておきましょう。

税金

自動車を持っている人には、税を納める義務がうまれます。普通自動車の場合は「自動車税」、軽自動車を所持している場合は「軽自動車税」を支払わなければいけません。毎年1回、4月の下旬あたりに納税通知書が届きます。

車種によって異なりますが、自動車税には通常3~10万円程度、軽自動車税は1万円程度の費用がかかります。

 

自動車保険

自動車保険には2種類あります。

1つが「自賠責保険」といって、車に乗る人全てに加入する義務があります。事故が起きた時に最低限の補償金が下ります。保険料は車検の時に払うのが一般的です。普通自動車、軽自動車ともに、1年で1,5000円程度の費用がかかります。

自賠責保険は補償金が下りる条件が決められているうえ、支払い金額に上限があります。そのため事故の度合いによっては、車の所有者に大きな負担がかかるのです。その負担を軽減させる役割をもつのが「任意保険」です。

任意保険は自賠責保険に比べて高額ですが、その分補償が手厚くなっています。事故が起きた時の負担は軽くしたいけど、毎月の保険料も安くしたいという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、保険会社ごとに価格を比較してみてください。サービスの内容も、価格設定も、保険会社によって異なります。しっかり見比べて、自分に合った保険を選びましょう。

 

自動車ローン

車を購入する際は、ローンを組んで購入する方もいらっしゃるでしょう。ローンを組むと、必ず金利が発生します。金額が大きいほど金利も跳ね上がるため、ローンを組む際は金額と金利のバランスを確認して、無理のない範囲で借り入れしましょう。

 

ガソリン代

ガソリンは大切な燃料です。ガソリンがないと車を動かすことができません。そのため、走行距離が伸びると、その分ガソリン代がかさんできます。

一例ですが、年間で1,0000キロメートル走る車のガソリン代は、軽自動車だと月4,000円前後、普通自動車だと月5,000~8,000円前後かかると言われています。

また、賃貸にお住まいの場合や、自宅に駐車スペースがない場合は、別途駐車場代がかかります。駐車場所にもよりますが、月8,000~10,000円の費用が必要です。

 

メンテナンス費用

車には、2年ごとの点検が義務付けられています。どんなに安いところでも、1度の車検で数万円はかかります。また、タイヤの交換やオイルの交換にも費用はかかります。

車を維持するためには年間で10~20万円はかかると考えてください。

 

運転中の事故…。被害に遭う可能性は0ではない

運転中の事故…。被害に遭う可能性は0ではない

 

車を運転するうえで、避けて通れないのが「交通事故のリスク」です。なるべく事故は起こしたくないものですが、道路上では何が起こるかわかりません。時には、自分が加害者になってしまうこともあるでしょう。

この章では、事故に遭わないため気をつけるべきことと、事故を起こってしまった時の対処法をご紹介します。

 

事故防止のため、安全運転を心がけよう

事故は、日頃から安全運転を心がけで予防できます。交通規則を守り、慎重に運転しましょう。運転する際は、スマホやカーナビを操作することなく、集中してください。

また、前方だけに気をつけるのではなく、広い視野で周囲を見渡し、歩行者や車両の確認をしましょう。歩行者や他の車両がいる時は、相手の数秒後の行動を読みながら運転すると、不要な事故を防止することができます。

 

交通事故の被害者もしくは加害者になったら

自分が交通事故の被害者、または加害者になるとあらゆる面で負担がかかります。接触事故を起こすことによって、身体に大きな負担がかかります。事故直後、身体を動かせるようであればすぐに警察を呼びましょう。身体を動かせない場合は、助けを待ちましょう。

また、事故に遭ったこと、事故を起こしてしまったことで精神的にも負荷がかかります。日常生活に影響が出ることもあるので、その後の生活にも注意が必要です。

交通事故を起こすと、警察や保険会社に対して多くの手続きをおこなう必要があります。大きな負担を抱えながらの手続きは大変ですが、きちんと処理しておくと後が楽です。

 

大切な車が事故車になったら

車が事故に遭い、壊れてしまった時は、車の修理業者に相談しましょう。

長期間吟味して、大切に乗ってきた車です。簡単に手放したくはないですよね。購入時のローンが払い終えていない場合だと、なおさらです。専門業者に見てもらって、修繕ができるようであれば修理に出しましょう。

車の修繕ができないと言われても、落ち込んではいけません。車のパーツは1つ1つを取り出して、中古のパーツとして売り出すことができます。事故車専門の買い取り業者もありますので、廃車にせず、専門業者に頼りましょう。

 

まとめ

男性と女性では、車に求めるものが違います。

大半の男性がステータスとして車を選ぶのに対し、多くの女性は利便性と使いやすさを求めます。女性が求めるもののほうが、あいまいで、個人の好みによって価値観が左右されます。そのため、車を買う時はじっくりと検討する必要があるのです。

検討する時は、維持費やリスクも考慮しなければいけません。車を持つと税金のほか、保険料やガソリン代、または修理費などがかかります。事故のリスクや、月々の支払いを踏まえて、最適な選択肢を選びましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。