事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

カーエアコンが故障した!あなたの愛車はどの症状?修理と費用まとめ

無題ドキュメント

最新情報・レポート

カーエアコンが故障した!あなたの愛車はどの症状?修理と費用まとめ

カーエアコンが故障した!あなたの愛車はどの症状?修理と費用まとめ

 

「冷房をつけたのに車内の温度が下がらない」「送風口から風が出てこない」「なんだか変なにおいがする」そのような症状は、カーエアコンの故障が原因です。

カーエアコンは、時間を重ねると経年劣化して、その分壊れやすくなります。突然壊れて慌てないように、エアコンの故障について知っておきましょう。

このコラムでは、カーエアコンの故障の症状と原因や、修理の方法などをご紹介します。また、カーエアコンを長く使い続けるためのポイントも解説します。カーエアコンについての知識を取り入れて、いざというときにご活用ください。

 

 

カーエアコンの故障!よくある症状と原因とは

カーエアコンの故障には、どのような症状があるのでしょうか。詳しく症状を知ることで、早く異変に気付き、重症化する前に修理することができます。

一番多い故障例は、エアコンの動作不良です。冷房をつけたのに車内が冷えない、暖房をつけても温度が上がらないなどのトラブルが起こります。

冷房がきかない場合は、エアコンのガスが不足していることや、ガスの漏れが考えられます。また、空気を圧縮するためのコンプレッサーが故障している可能性もあるでしょう。コンプレッサーが不調になると、上手に空気を冷却することができなくなります。

 

エアコンを作動させたとき、風が出ないことや、出てくる風が非常に弱いこともあるでしょう。または極端に強い風しか出てこないこともあります。このような動作不良は、空気をエアコン外に送り出すための、モーターやファンが故障していることが原因です。

エアコンから出てくる風から、異臭がするというトラブルも起こります。エアコンからの異臭は、多くの場合エアコンフィルターが汚れることによって起こります。異臭が気になるときは、エアコンフィルターを交換してください。

 

においの種類によっては、フィルター交換では改善しない場合もあります。カビのようなにおいがする時は、エアコンフィルターに問題があることが多いのです。

しかしガス臭い、焦げたゴムのにおいがするなどの場合は、フィルター以外でトラブルが起きている可能性があります。そのような異臭がしてきたときは原因特定のため、車の点検をおこないましょう。

 

カーエアコンを修理に出すと費用はいくらかかる?

カーエアコンを修理に出すと費用はいくらかかる?

 

カーエアコンを修理に出す際、一般的には車を販売したディーラーに問い合わせをしますよね。しかし、自動車ディーラーのほかにも、カーエアコンの修理を受け付けている業者があることはご存知でしょうか?

通常、自動車ディーラーに修理をまかせると、安くても10万円程度の費用がかかります。高いと20万円にもなるので、修理に出すのを尻込みしてしまいがちです。保証を受けられることを考えても、人によっては高すぎると感じるでしょう。

 

そのような人は、自動車屋に修理を依頼するのが正解です。自動車屋は車の修理を受け付けていることが多く、ディーラーの修理よりも安価で請け負うことが多いのです。相場は約9~16万円と、お財布にやさしい値段設定になっています。

保証がつかないのと、作業内容によってはやや時間がかかる場合があります。メリットとデメリットを考慮して修理先を選びましょう。

 

また、大手のメーカーから修理を下請けしている電気屋に依頼するという方法もあります。大手メーカーはエアコンなどの電気機器に精通していないため、修理は外部に委託することが多いのです。

電気屋の費用相場は自動車屋と同じくらいですが、大手に頼られていることを考えると、その技術は信頼できます。安心して修理を依頼したいのであれば、電気屋を選ぶとよいでしょう。

 

【DIY】カーエアコンを自分で直したい人はじゅうぶん注意を

カーエアコンはDIYで修理をすることができます。DIYとは、専門業者以外の人が、何かを作ったり、修理をしたりすることです。カーエアコンの故障度合いが比較的軽い場合は、自分で状況を改善することができます。

空気がカビ臭いときのフィルター交換は、自分でおこなうことができます。車によってフィルターが異なりますので、それぞれに合ったものを用意してください。

一般的な車種のエアコンフィルターは、グローブボックスを外した場所に設置してあります。グローブボックスとは、助手席にある小物入れのようなスペースです。こちらのボックスを外して、新しいものに交換します。

 

カーエアコンのガスが足りないときは、自分で補充することが可能です。カーエアコン専用のガスと補充用のホースを用意します。できれば、圧力計がついているホースを買うようにしましょう。カー用品店やインターネットで購入することができますよ。

ガスとホースは、エアコンのパイプにつなぐ前にセットしておきましょう。ガス缶に穴を空けるのは、ガスを注入する直前まで控えてください。

 

次に、エアコンガスの補充ホースと、車体についているエアコンパイプをつなげます。エアコンのパイプは2種類ありますが、「L」と書いたキャップがついているパイプにつなげてください。

車のエンジンをかけて、エアコンを作動させたうえでガス缶に穴を空けて注入します。補充ホースの圧力計の針が動かなくなるまで、ガスの補充を続けてください。針が動かなくなれば、補充完了です。

 

このようにDIYによっていくつかの症状は改善されます。しかし、本来であれば専門業者に依頼しておこなう作業です。

ガスは取り扱い方によって危険度が高くなります。また、素人が触ったことで症状が悪化してしまうケースもあるでしょう。よほど車に詳しい人ではないかぎり、専門業者に修理依頼を出したほうが賢明です。

 

カーエアコンを長持ちさせる故障の予防対策

カーエアコンを長持ちさせる故障の予防対策

 

修理に費用がかかるカーエアコン。できることなら、トラブルなく使い続けたいですよね。ではどのようなことに気を付ければ、カーエアコンの故障を避けることができるのでしょうか。エアコンを長持ちさせるコツを解説いたします。

カーエアコンは、コンプレッサーの動きが重要になってきます。そのため、コンプレッサーの不具合を早期に発見することが大切です。そのため、普段からコンプレッサーの様子を確認しておくとよいでしょう。

 

また、エアコンガスのクリーニングをおこなうことも大切です。エアコンガスのクリーニングとは、空気を冷やすためのガスを抜き取り、きれいにして入れ直す作業です。エアコンガスは時間が経つほど劣化してしまうため、このようなメンテナンスが必要なのです。

エアコンガスのクリーニングをおこなうことで故障の予防になるほか、冷暖房の効きがよくなります。クリーニングも自分でおこなうことができますが、おすすめはできません。自動車屋など、車に詳しい業者に依頼してください。

 

まとめ

カーエアコンが壊れると、慌ててしまいますよね。時期によっては、カーエアコンがないと過ごしにくいと感じることもあるでしょう。エアコンの不調は、できるだけ早く発見して対処したいものです。

カーエアコンのトラブルは、突然起こることが多く、すぐに対応するのが難しいこともあります。カーエアコンが故障したときには、どのような症状がでるのかを知ることによって、すぐに異変に気付くことができるでしょう。

また、カーエアコンの故障はDIYで改善することがあります。しかし、専門的な知識や技術が必要な作業もあります。車に詳しくない人や、作業に慣れていない人は、専門業者に修理を依頼しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ