事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車のアライメントとは?必要なのはどんなとき?詳しく解説します

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車のアライメントとは?必要なのはどんなとき?詳しく解説します

事故車のアライメントとは?必要なのはどんなとき?詳しく解説します

 

自分の愛車が事故車になった時、修理に出しますよね。その際、整備士からこう言われたとします。

「この車、アライメントが狂っているから、調整したほうがよいですよ。」

皆さんは、意味がわかりますか?おそらく、内容が理解できない人がほとんどだと思います。「狂っている」という単語からは、なんとなく「状態が悪くなっている」というニュアンスは伝わってきますが、細かいことまでわかりません。

そのような方に向けて、このコラムでは、アライメントとは何なのか、どのような整備をほどこす必要があるのかを解説します。また、アライメントの狂いを見極めるポイントもご紹介します。ぜひご参考にしてください。

 

 

アライメントってなに?

車の整備や点検、または修理などに耳にする「アライメント」という言葉。車に詳しい人なら、何を指しているのかわかるでしょう。しかし、車に詳しくない人からすると、未知の言葉です。この章では、わかりやすい言葉で「アライメント」を解説していきます。

アライメントの意味

アライメントとは、タイヤのホイールが並んでいる仕上がりを指します。アライメントが狂うと、運転している時に違和感を感じてしまいます。例えば、まっすぐハンドルを握っているのに、左右にぶれることが具体例として挙げられます。

高速道路などでスピードを出しているときに左右にぶれてしまうのは、事故のリスクを高めるのでとっても危険ですよね。そのためアライメントは、定期的に調整する必要があるのです。

アライメント調整とは、ホイールがどのように取り付けてあるかを確認して、メンテナンスをおこなうことです。ホイールの取り付け位置などを整えることによって、正常な運転に戻す効果があります。

 

アライメント調整が必要なのはいつ?

アライメントは、少しの衝撃でも狂ってしまいます。そのため、接触事故が起きた時はアライメント調節をおこなうとよいでしょう。

また、長く使用している車も、少しずつアライメントが狂っています。アライメントが狂いすぎると、運転が安定せず事故を起こす原因になりかねません。

大きな衝撃を受けた時や、運転動作に違和感を感じた時は、アライメント調節をおこないましょう。

 

アライメント調整のメリット

アライメントを調整することで、さまざまなメリットがうまれます。アライメントが狂うと、タイヤの一部分に大きな負荷がかかります。アライメント調整をすることで、負荷を分散させ、車の部品を長持ちさせることができるのです。

また、運転時の違和感が解消されるため、スムーズな走行が期待できます。余分な動きが少なくなるため、その分の燃料代を浮かすことができるのです。

タイヤホイールは、車の走りを左右する大切な部分です。定期的に調整することで、車の性能を落とすことなく、快適な運転ができるでしょう。

 

アライメントを調整する方法

アライメントを調整する方法

 

アライメント調整は、実際のどのようにおこなうのでしょうか。順を追って説明します。

まず、タイヤのトウ角を調整します。トウ角とは車を上から見た時に、タイヤが動く角度です。左折したい時には、タイヤが左の方に動きますよね。その際の角度が、トウ角なのです。

トウ角が狂っていると、車のコーナリングが上手くいかず、事故を起こす可能性があります。そのため、慎重に調節する必要があります。

続いて、タイヤの接地面が地面に対して、どれだけ傾いているかを確認します。車を前から見た時に、タイヤがきちんと地面に接地しているのかを見ていくのです。タイヤが斜めになっている場合は、直していきます。

最後に、「キャスター角」を調節します。タイヤを支える器具が、地面に対してどのような角度で設置されているかを見ることで、キャスター角がわかります。キャスター角を整えることで、前方への運転がスムーズになります。

 

アライメント調整が必要かどうかを見極めるには

アライメントが狂うと、自動車は安全に走行することができません。アライメントは通常、大きな衝撃を受けないかぎりは徐々に狂っていくものです。

日ごろから運転していると、アライメントが狂った状態の運転に慣れてしまうため、アライメントの異変に気付くのが遅れてしまいます。アライメントが狂うことで、どのような症状がでるのかを理解して、注意深く観察していくことで、早期の発見が期待できます。

まず、アライメントが狂うと、ハンドル操作がしにくくなります。タイヤと連動しているハンドルは、タイヤの異変をいち早く反映します。ハンドルが重くなった、ハンドルのセンターがずれているなどの変化があれば、アライメント調整を視野に入れましょう。

ハンドルは問題ないけれど、車が真っすぐ走らない場合や、何となく左折や右折がしにくい場合も注意しましょう。自分では気付かないうちにトウ角やキャスター角が狂っている可能性があります。

また、タイヤの一部が過度にすり減っているのも危険です。タイヤが正常に接地せず、ある一部分だけに負荷がかかっている証拠です。そのまま放っておくと、タイヤの破損につながります。車体に対してタイヤが傾いている可能性があるため、直す必要があります。

 

アライメントの調整ができない車が増えている

アライメントの調整ができない車が増えている

 

アライメント調整がどれだけ大切かということをご説明してきましたが、ここで重要なお知らせがあります。現在、製造されている車の多くが、アライメント調整ができない仕様になっているのです。

アライメント調整には、多くの部品と作業工程が必要です。その部分をカットすることで、コストの削減とスピーディーな作業を実現しているのです。その代償に、アライメントをいじる余地がなくなってしまったのです。

そのため、アライメントが大きく狂っても直すことができません。できたとしても、部品代や改良費など、多くの費用がかかってしまいます。事故に遭った時、または、長年使っていた愛車に異変が見られる時は、このことも考慮しなければいけません。

 

事故車は売却するという道もある

事故に遭ったとしても、大切な愛車であることには変わりありません。できれば継続して使いたいところですが、アライメントが狂うと、乗り続けることが難しくなります。車の扱いが手に余ると感じた時は、専門業者に売却することをおすすめします。

事故車と聞いて思い浮かべることは、負の印象です。人によっては、「買取してもらえないだろうから、廃車にしてしまおう」と考える人もいらっしゃるでしょう。

しかし、事故車には、所有者本人にはわからない魅力があるのです。特に日本車の事故車は、国外からニーズがあります。また、部品1つ1つを取り出して、中古パーツとして売り出されることもあるのです。

買取業者の中には、「事故車だから」という売り手の後ろめたさを利用して、不当に低い査定額を出す業者もあります。買取を依頼する際は、事故車の価値を理解している業者を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

アライメントは、車の足回り、ホイールの取り付け具合のことです。車体に対して、どのように取り付けられているかを理解し、運転に支障が出ないように調整していく必要があります。

アライメントが狂うと、運転時に変化が現れます。ハンドルが重たくなる、車が真っすぐ走行しないなどの異変があれば、アライメントの調整をおこなわなければいけません。

アライメントは衝撃を受けることによって、大きく狂ってしまいます。事故車は、アライメントが狂っていることが多いのです。すぐに調整をしたいところですが、車種によっては完全な調整ができないものもあります。

このようなことを念頭に入れて、事故車の処遇を考えていきましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ