事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車の再登録ってできるもの?抹消登録と再登録のあれこれを解説します

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車の再登録ってできるもの?抹消登録と再登録のあれこれを解説します

法人車はリース契約に注意!

 

廃車の再登録をご存知ですか?廃車は再登録をすることでもう一度息を吹き返し、公道を走ることができるようになります。しかしその再登録も、それ以前の「抹消登録」の方法を間違えると、できなくなってしまうことがあるのです。

 

今回は廃車の再登録の方法と、抹消登録に関する情報をぎゅっとまとめてお送りします。事故した車の処理に悩んでいませんか?その問題は、抹消登録の選びかたによって解決できるかもしれません。事故車の処理に困っているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

廃車の抹消登録とは2通りある

廃車の抹消登録には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類が存在します。言葉の違いからすでにお察しかもしれませんが、これら2つの抹消登録には大きな違いがあります。結論をいえば、廃車の再登録をするためには「一時抹消登録」をする必要があります。

 

永久抹消登録

永久抹消登録は、車の解体が条件に含まれる抹消登録です。こちらの登録をすると、その車は公道で走ることができなくなります。事故での損傷が大きかったり、もう動かすことができない車だったりする場合に選ぶべき抹消登録の種類です。

 

また、事故以外にも台風や水害で水没してしまった車など、もう自分が二度と乗らない車であれば、こちらの抹消登録を選んでもよいかもしれません。車の解体が前提になっているため、おこなう場合は慎重に。解体から15日以内が永久抹消登録のボーダーラインです。

 

一時抹消登録

一時登録抹消は長期間車に乗らないときにおこなえる抹消登録の種類です。一時的に抹消登録をすることで、自動車税の支払いをする必要がなくなり、車の維持費を節約することができます。抹消登録をおこなうと、その車は公道を走ることができなくなります。

 

しかし、「一時」とついていることからおわかりのように、こちらの抹消登録は再登録をすることが可能です。廃車の処分方法に迷っているときや、しばらく車に乗らないときなどに利用することで、自動車税の支払いをすることなく維持費を節約できます。

 

廃車した車の再登録!必要書類と費用について

こちらもチェックしておきたい!輸入車の「維持費」について

 

一時抹消登録を実行すれば、その車は廃車となります。そんな廃車を、もう一度車として使いたいなら車の再登録をしましょう。再登録をすれば、その車はあらためて公道を走ることができるようになります。ここでは再登録に必要な、書類や費用を簡単に紹介します。

 

必要書類を準備しよう

廃車の再登録に必要な書類は、下記のとおりです。簡単にまとめたものなので、実際に再登録にいく際は、必ず確認をしてからおこなうようにしてください。

 

また、これらの書類や費用は普通車やバイクを対象としたものです。普通自動車やバイクの手続きをおこなう場所は「陸運局」です。対して軽自動車は申請する場所が「軽自動車協会」です。軽自動車は申請の場所や条件が異なりますので、注意してください。

 

【廃車の再登録に必要な書類】

・申請書

・手数料納付書

・整備点検記録簿

・自動車検査表

・車の税金関係の書類(自動車税や重量税)

・車庫証明

・住民票や印鑑証明などの書類

 

再登録に必要な書類は、再登録をおこなう「陸運局」で入手するものと、役所などで入手できるものにわかれます。陸運局に出向く前には、必ず役所で必要書類を用意してから出向きましょう。

 

手続き費用について

廃車の再登録には手数料をはじめとして、さまざまな費用がかかります。できれば節約したいところですが、ここの費用は必要経費として我慢しましょう。

 

【廃車の再登録に必要な費用】

・登録手数料 約700円

・ナンバープレート代 約1,500円

・検査手数料 約1,400円~1,500円

・自賠責保険 

・税金(自動車税や取得税、重量税)

 

自賠責保険や税金に関してはそれぞれで費用が異なりますので、詳しくは現地かインターネットで確認をするようにしてください。また、上記の金額はあくまで目安です。変動する可能性もあるので、必ず下調べをしてからおこないましょう。

 

事故車なら永久抹消にしたほうが無難です

修理にも費用がかかる事故車の処分。永久抹消か一時抹消か、決めかねているかたも多いでしょう。もし事故車の修理費用が高額になるようであれば、永久抹消を選択するのがよいかもしれません。事故車の修理費用は、事故車の損傷箇所や深さによって異なります。

 

仮に、保険で事故車の修理費用をまかなえる場合はよいかもしれませんが、たとえ修理したとしても以後不具合が出る可能性は否めません。保険金が出るから、と安易に修理を選択してしまうのは危険ともいえます。

 

それならば事故車を永久抹消してしまい、修理にかかる費用を新車の購入費用にあてたほうがよいでしょう。新車を購入すれば、すぐに不具合が発生する可能性もありません。不安を抱えて車を使うよりも、気持ち的にも安心でしょう。

 

そうとなれば廃車の永久抹消登録を、しかし「登録をするにしても必要な書類を用意する手間はかかるし、費用もかかるし、どうも気が進まない」そんなかたは事故車買取を選択すれば、手間も時間も、お金も節約することができますよ。

 

少しでも高い査定をつけてほしい!得する売却

買取前日でも大丈夫!査定額をプラスにする2つのコツ

 

事故車は永久抹消登録をするにしても、費用がかかる。そんな心配は、事故車買取を依頼すれば必要ありません。面倒な登録作業も買取業者が肩代わり、廃車のための費用もかからず、事故車売却で手元にお金が残る可能性すらあるのです。

 

事故車買取業者に、少しでも高額の査定額をつけてほしい。そう考えるのは、誰でも共通です。そんなときに便利なサービスがインターネットの「事故車買取の一括査定サービス」です。必要なものはインターネット環境と事故車の情報、そしてあなたの簡単の情報です。

 

これらの情報を画面に打ち込めば、面倒な買取費用の比較が完了します。時間もかからないので、毎日のスキマ時間におこなうことが可能です。ひとつひとつの業者に査定をおこなうのはとても手間ですが、この方法ならかかる手間を大幅に削減できます。

 

参考にするのはクチコミや公式サイト

一括査定で各業者からの見積り金額がわかったら、いくつかの業者をピックアップしましょう。そのなかからさらに業者を絞り込むには、インターネットのクチコミサイトや、業者の公式サイトを確認しましょう。業者の「対応」を知るためです。

 

クチコミサイトでは業者のサービスを受けた人の生の声を、業者の公式サイトでは業者の実績や事例を確認し、信頼ができるかどうかを探るのです。一括査定とサイトの確認。これらを駆使すれば、納得のいく事故車買取業者を見つけ出すことができるでしょう。

 

まとめ

廃車にした車を再登録するには、「一時抹消登録」をおこなう必要があります。一時抹消登録は事故車以外に、長期間車に乗らない場合にも使えます。登録をおこなえば、自動車税の支払いを避けることができるとても便利な方法です。

 

廃車を再登録すれば、もう一度公道を走行することができます。事故車の処分に悩んでいるときは、一度抹消登録をしておくのがよいでしょう。決めるのに時間がかかりそうな場合はなおさらです。考えているあいだに、気づけば自動車税の納付書が届いてしまう可能性もあります。

 

また、永久抹消登録を選ぶほどの損傷がある車であれば、登録を自分でおこなうよりも、事故車買取を依頼してみましょう。廃車手続きの手間や費用を節約でき、かつ売却で手元に利益が残ります。再登録か買取か、ご自身に合った最適の形を選択してくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。