事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の修理費って高い?高額になるようなら売却も検討しよう

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の修理費って高い?高額になるようなら売却も検討しよう

事故車の修理費って高い?高額になるようなら売却も検討しよう

 

事故車修理を依頼したい。けど気になるのが修理にかかる費用ですよね。事故車の修理は損傷している箇所によっては高額になります。その修理費用の目安になる費用相場を、今回の記事ではまとめました。

事故車は損傷の度合いや、修理にかかる費用によっては、売却を選んだほうが賢い場合もあります。しかし、なかにはどうしても修理をして車に乗りつづけたいというかたもいるでしょう。そのための参考に、ぜひ今回の内容をお役立てください。

 

 

事故で傷ついた車を修理したい…気になる費用相場とは

事故車の修理費は安くありません。とくに事故による損傷が車のエンジンや骨格に当たる「フレーム」まで及んでいる場合、その金額は数十万円になる可能性もあります。

事故車の修理金額があまりにも高額になるのであれば、修理よりも売却を選択したほうがよいかもしれません。売却して得たお金を新しい車の購入費用に充てることができるからです。

しかし、なかには修理してでも愛車に乗りつづけたい、生活に欠かせないから直したいというかたもいますよね。そのようなかたは事故車修理の前にまず、事故車の修理にかかる費用を知ることが必要です。ここでは事故車修理の費用相場をご紹介します。

 

エンジン

エンジンの修理費用の相場は約50万~90万円のようです。エンジンは車も心臓部です。もし不具合が発生していた場合の、修理費が高額になることは容易に想像ができるでしょう。エンジンの修理相場がこのくらいですので、まわりの部分に損傷があれば、金額は上乗せされます。

また、厄介なケースが外車を修理するケースです。外車のエンジンに外国産のエンジンが使われている場合、そのための修理費用は国産車の数倍になってしまうこともあります。これはエンジンの取り寄せ費用や特殊な知識が必要になるためです。

 

エアコン

エアコンの修理費用の目安は1万~20万円くらいのようです。エアコンの故障原因がガス漏れだけなら費用は安く済みますが、問題になるのは部品の交換やエアコン全体の交換が必要な場合です。部品の交換費用は数万円、全体であれば数十万円かかることもあります。

 

ドア

ドア表面のひっかき傷程度であれば、市販の修正グッズで対処できます。購入費用は1万円前後が目安でしょう。金額が大きくなるのはドアの交換を伴う修理です。ドアの交換は1枚につき10万円ほどといわれますが、この費用はドアの素材によっても変わってきます。

また、エンジン同様に車の種類が外車の場合は修理費用が数倍かかることもあります。その原因はやはり海外からの取り寄せ。またドア以外にも特殊な部品が必要になるケースもあるため、金額は上乗せされるようです。

 

バンパー

バンパーの修理費用の相場は数万円~20万円ほど。バンパーは傷の範囲や損傷の大きさによって修理費用が大きく変わります。もし完全にバンパーが折れてしまった場合は、交換が必要ですし素材によっては修復が難しいため、修理費用は高額になります。

 

フレーム

車の骨格、フレームの修理費用は数十万円からが多いようです。フレームもバンパー同様、損傷箇所が一部であればフレームを直すだけで済みますので費用は抑えられます。

しかし、事故による損傷が大部分に及んでいた場合、バンパーの修理費用は新車を購入したほうが安いくらいの金額になることもあります。車のフレームは人間でいう「骨」です。その修理に費用がかかることは想像に難くないでしょう。

 

修理費用が大きく変わることも?差が出る4つの原因

修理費用が大きく変わることも?差が出る4つの原因

 

事故車の修理費用は、修理が必要な場所によって金額が変わるのは、前章で述べたとおりです。しかし、修理箇所以外にも、事故車修理の費用に影響が出るものがあります。ここでは修理箇所も含めながら、それら4点の原因を挙げていきます。

 

修理箇所

修理箇所とはエンジンやバンパー、フレームなど修理する場所のことを指します。修理する部分が車の表面的な部分であれば費用も抑えられますが、修理が難しく箇所や車の性能にダイレクトで関わるものであれば、修理費用は高額になります。

 

修理の程度

修理の程度とは、「傷の深さ」のことです。すり傷よりも切り傷、切り傷よりも骨折のほうが、治るまでにかかる期間もお金も多くかかりますよね。車でも同様に修理の程度によって、費用は前後します。

 

修理内容

部品を新しくするのか、現在あるものを修理すれば使えるのかなど、修理内容の違いによって費用は変わります。とくに交換が必要な場合は、作業にも部品にもコストがかかります。そうなると修理費用も高くなるでしょう。

 

車の種類

事故車の種類が珍しい車であったり、外車であったりすれば、修理にかかる費用も高くなります。部品数が少なかったり、外国から部品を取り寄せたり、特殊な塗料を使っている車であったりすれば、当然費用は上がります。

一般的な車に比べ、珍しい車や外車の場合の修理費用は割高になります。

 

保険を使って修理をする!保険内容で大きく費用が変わる

保険にある「等級」というものをご存知ですか?等級は車の保険料を左右する要素です。等級が高ければ高いほど、支払う保険料は安くなります。そしてこの等級を上げるためには、1年間保険を使わないことが条件となっています。

もし事故車の修理に保険を使ってしまうと、等級が3つ下がってしまいます。つまり、翌年からの保険料が上がるということ。事故車の修理に保険を使うのなら、保険で保障される金額と、等級が下がることで上がる保険料を天秤にかける必要があるのです。

もし事故車の修理に保険を使うことで増額する保険料が、修理の保障金額を上回るようなら、事故車の修理は「自費」でおこなったほうがよいでしょう。自費で修理をおこなえば保険の等級は下がりません。

細かな条件に関しては、ご自身が契約している保険の内容によって異なります。現在の自分が加入している保険について詳しく知りたいというかたは、加入している保険会社に連絡をして、確認するようにしてください。

 

修理費用が高額になるようなら売却するほうがお得かも

修理費用が高額になるようなら売却するほうがお得かも

 

事故車の修理費用は安くはありません。とくに損傷がひどい場合は数十万円~100万円以上になってしまうこともあります。修理にお金をかけるよりも、事故車買取業者に依頼をして、買取をしてもらったほうがよいでしょう。

事故車を買取してもらえば、その買取金をそのまま新しい車の購入費用に充てることができます。愛着のある車、手放したくない車であれば話は別ですが、もし特別な事情がない場合は、買取を選択したほうが、長い目でみれば正解といえるかもしれませんね。

 

まとめ

事故車の修理費用は修理する箇所にもよりますが、安くはありません。とくにエンジンやバンパー、フレームは高額な修理費用がかかりがちです。

また、損傷箇所の傷の深さや車種にも影響されます。これから修理をと考えているかたはまず見積りをもらうのがよいでしょう。

もし事故車の修理費用が新車以上、もしくは高額であった場合は、事故車買取業者に依頼をして買い取ってもらうことをオススメします。

事故車買取の業者の多くは車ではなく、部品単位で価値を見出します。そのため動かない車であっても、高額な買取金額がつくこともあるのです。

これから事故車の修理を依頼しようと考えているかた、修理の金額によっては買取も視野に入れることが必要でしょう。事故車にはいくつかの選択肢があるのです。今回の記事の内容を参考に、ぜひ納得のいく事故車の行き先を決めてみてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。