事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車にも需要はあるのです!売却したあとの事故車のゆくえ

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車にも需要はあるのです!売却したあとの事故車のゆくえ

事故車にも需要はあるのです!売却したあとの事故車のゆくえ

 

「事故車」と聞くと、浮かんでくるのはマイナスなイメージばかりです。そのため、事故車の処分を考える方の多くは、「有料引き取り」か「廃車」を選んでしまいます。

しかし、実際事故車には需要があり、その範囲は国内だけではとどまりません。事故車の買取は高品質な日本車を、安く手に入れることができる方法のひとつであるため、海外からのニーズが増えているのです。このようなことを知れば、廃車するなんてもったいないと思いませんか?

このコラムでは、事故車の需要や流通方法に加えて、実際に事故車を買い取る時に注意しておきたいポイントをご紹介します。

事故により損傷してしまったとはいえ、大切に使っていた車です。事故車の需要と魅力を知ったうえで、適正な価格で買い取ってもらいましょう。

 

 

たとえ事故車でも、だれかにとっては大切な一台になるかもしれません

事故車を売る時に気になるのが、「事故車には需要があるかどうか」だと思います。事故車というと、どうしても不穏なイメージが付きまとうため、買い取ってもらえないのではないかと心配になる方もいるでしょう。人によっては、処分代を請求されることを懸念するかもしれません。

しかし、意外なことに事故車にも需要があります。事故車は、持ち主が思っているよりも、多くの魅力を持っているのです。

事故車は、どのように修復しても、「事故を起こした車」として安価で売買されます。そのため、「車が欲しいけれど、あまりお金をかけたくない」という人が、好んで事故車を買い求めるのです。

高級車であれば、なおさら多くの需要が期待できます。高級車の場合、車種にもよりますが、事故車は通常に比べて、5分の1の価格で購入することができます。「どうしても高級車を使いたい」という人が買っていくようです。

また、すでに流通していない車種の場合は、コレクターからのニーズがあります。車を集める人の中には、「たとえ事故車でも、その車種を持っていたい」という方もいるのです。再販がおこなわれない、古い車種は特に人気が高い傾向にあります。

このように、持ち主にとっては悩みの種である事故車でも、他の誰かから見れば十分価値のあるものです。「事故車だから」と足踏みせず、思い切って買い取り業者に相談してみましょう。

 

事故車といっても、元々は大切な愛車。売却したあとは一体どうなるの?

事故車といっても、元々は大切な愛車。売却したあとは一体どうなるの?

 

事故車は買い取りの後、どのように流通していくのでしょうか。大切に使っていた車だからこそ、流通のかたちはしっかり把握しておきたいものです。この章では、買い取りをされた後の事故車が、どのように再度売り出されるのかを3つの項目に分けて解説していきます。

事故車の状態には主に、2種類あります。1つは事故にあったままの状態の「事故現状車」、もう1つが事故によって壊れた部分を修復した「修復歴車」です。この2つの車は、それぞれ流通方法が異なります。

 

修理してまた車として販売される

事故を起こした車でも、損傷がひどくない場合は修復して売りに出すことができます。修復が終わると「修復歴車」として買い取りされます。

「修復歴車」は通常の下取りに比べ、安価で仕入れができて利益が生まれやすいため、買い取り業者から人気があります。また、前章でご説明したとおり、安価で売り出されるため、買い手からの需要もあります。

事故車の損傷が少ないのであれば、できるだけ修復をして、業者に買い取ってもらうとよいでしょう。

 

部品ごとに販売される

事故での損傷が激しく、修復ができない状態のものは、「事故現状車」として買い取りされます。その後、業者の手によって部品ごとにばらされ、販売されます。エンジンやタイヤ、そのほか車内外の装飾なども、中古アイテムとして販売するのです。

パーツ1つ1つに値段がつくため、場合によっては事故車1台を売った時よりも利益が出ます。損傷が大きな事故車を、修復できないからと廃車にせず、買い取り業者に相談してみましょう。

 

廃車の場合は鉄などの資源となる

修復ができず、部品にも価値がないとされた事故車は、廃車になります。「廃車」といっても、ただ捨てればよいというものではありません。

車の部品は金属でできているため、資源の再利用が可能です。部品から鉄やアルミなどを取り出し、新しい部品を作る時に使用できます。

事故車を廃車にする場合は、パーツの金属をリサイクルしている業者に依頼し、環境に配慮した廃棄方法をとりましょう。

 

事故車は海外でも需要があるのをご存知でしたか?

事故車の売買は、国内だけにとどまりません。需要が増えてきたといっても、まだ国内では購入を避けられがちな事故車ですが、海外での評価は違います。

海外には、「車のリユース」を推奨している国がたくさんあります。「リユース」とは、壊れても廃棄せず、修理して再び使用することです。多くの国が、「車体の状態が直り、走行できればよい」というスタンスであるため、流通させやすい環境にあります。

また日本製の車は高品質なため、多くの需要があります。品質がよく、安価で買える日本の事故車は、海外の方にとっては魅力的なアイテムなのです。

買い取り業者は、海外の販売需要も考慮して買い取りをおこなうため、車種によっては、事故車であっても高く売れることがあります。できるだけ買った金額の元をとりたいと思う方は、買い取り業者に相談してみましょう。

 

事故車買取を成功させるためにやっておきたいこと

事故車買取を成功させるためにやっておきたいこと

 

事故車といっても大切な持ち物、個人の資産の1つです。買い取りをおこなう際は、なるべく高く買い取ってほしいですよね。そこでこの章では、買い取りを成功させるポイントを解説していきます。

まず事故車を売る際は、必ず「事故車の受け入れを名言している業者」にお願いしましょう。事故車が自走できない場合は、重機を使って動かさなくてはいけません。

事故車の扱いに慣れている業者は、多種類の重機を所有しているため、スムーズに運搬作業をおこなうことができます。

業者のホームページを見れば、詳しい買い取り内容を解説しているものもあります。それらを判断材料にして、買い取りの依頼先を探すとよいでしょう。

また、「口コミサイトで業者の評価を比較する」のもおすすめです。よい業者は、自然と評価が高くなるものです。高評価の業者から調べていくと、効率的に優良業者を探すことができます。

買い取りをおこなう際は、「相見積もりをとる」ことを忘れずにおこなってください。業者の中には、「事故車だから安くても仕方ない」という売り手の気持ちを利用して、不当に安価な金額を提示するところもあります。

複数の業者から見積もりをとり、金額を比べることによって、所持している事故車の相場を把握できます。

後悔のない買い取り結果が得られるよう、この3つのポイントはおさえておきましょう。

 

まとめ

日本で事故車といえば、薄暗い印象がつきものです。そのため、「売れない」「処分のためにお金がかかる」と思われるでしょう。しかし実際は、車や部品を安く買いたい人たちからの需要があります。

また国外では、「高品質で低価格な、お得な商品」として喜ばれます。日本とは異な考え方ですが、価値観が違うために生まれた発想でしょう。所持している事故車に価値がないとは思わずに、一度業者に査定してもらいましょう。

車の買い取り業者の中には、事故車を専門として扱うところもあります。ホームページなどで大々的に名言している企業もあるため、買い取り業者を探す際には一度確認しておきましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。