事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

なぜ事故車は売れるのか?売れる仕組みと査定のポイントを紹介!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

なぜ事故車は売れるのか?売れる仕組みと査定のポイントを紹介!

なぜ事故車は売れるのか?売れる仕組みと査定のポイントを紹介!

 

大切な車で事故を起こしてしまった……。その車をどうしようかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。修理するか、これを期に買い替えするかで悩みますよね。

ところで、事故車は状態にもよりますが、買い取ってもらうケースが多いと言います。ところで、事故車が売れるのはなぜなのか、疑問に思っている方も多いはずです。どうして事故車なのにお金が発生するのでしょうか。

事故に遭ってしまった愛車を買い取ってもらうという方へ、その事故車がどうして売れるのか、売った後その車はどうなるのかを知っておきましょう。事故車買取の仕組みがわかるはずです。

 

 

 

事故車が売れる仕組み

事故車はどうして売れるのでしょうか。事故車買取の仕組みは、実はこうなっているのです。

事故車の持ち主が買取業者に売る

多くの場合、買取業者から、いくらか持ち主へ代金が支払われます。そうして事故車が買取業者に渡ります。

 

買取業者から解体業者へ渡る

買い取った業者は、その事故車を解体業者へ販売します。ここで、買取業者は解体業者から代金を得ることができます。

 

解体業者は……

事故車を買い取った解体業者は、車の破損具合によって解体方法を決めます。破損が激しく、車としての機能を果たせないと判断した場合は、車まるごとスクラップしてしまい、その車から得られる鉄やアルミなどを回収し、販売します。

一方、比較的損傷が少なく、部分的に使えるパーツがある場合は、使える部分を中古パーツとして販売します。この中古パーツは、車種によっては需要が高いものもあり、比較的高額で販売することができるのです。

こうして、車の原型をとどめていないようなものでも、解体業者は利益を得ることができます。車自体、多くの金属が使われてできているため、大破したものでも鉄やアルミなどが資源として価値があるのです。

 

事故歴と修復歴について

事故歴と修復歴について

 

事故車の買取の際に行われる査定で、重要視されるのが「事故歴」と「修復歴」です。この内容によって、買取額が大きく異なる場合もあります。「修復歴」の基準は、公式で決められており、これは修理後再び事故車として販売される際にも必要となる情報です。

事故歴、修復歴によって査定される額は変わります。偽ることなく申告することが大切です。事故車を査定する前に、知っておきましょう。

 

事故歴

事故歴とは、その事故車が事故や災害など、破損する原因となる被害に遭った経歴を指します。これは、見た目でどれほどの被害に遭ったのかを判断することができるケースがほとんどです。しかし必ずしも正確に申告しなければならないわけではありません。中には、買取額に影響が及ぶことをおそれて、事故歴を申告しない人もいるようです。

もちろん、申告するに越したことはありません。仮に修理された後にほかのだれかの手に渡る場合、事故歴が証明されていた方が安心ですよね。後のことまで考えて、事故の内容や大きさ、災害によるものであればその旨を正確に伝えましょう。

それより大切なのは、事故歴というよりも、どの箇所がどれだけ破損しているかという「修復歴」です。破損している部分が修復可能であるのか、もう使えないのかを、買取業者が見極めます。

 

修復歴

事故歴よりも重要視されるのが、この修復歴です。修復歴とは、骨格部分(フレームなどの、車を形成している部分やそれをつないでいる部分)の修理・交換をした経歴のことを指します。これは、公式に基準が定められており、修復歴がある場合は、その旨を必ず買い手に申告する必要があります。

この修復歴は特に、修復された後に販売されるときに必要な情報です。これは、「中古車認定証」を発行するのにも関係することで、事故車販売店の信頼にも関わります。

見た目ではわからないと思っても、プロの目はごまかせないといいます。事故や災害で車の骨格部分を修復した場合は、正直に申告してください。

 

査定の際に見られるポイントの代表例

事故車の査定が行われる際、見られるのは事故歴や修復歴だけではありません。確かに事故歴や修復歴も大切ですが、特に車の破損が軽度である場合には、以下の2つも重要視されます。

車種

車種は重要視される要素のひとつです。車によって、人気の有無がわかれ、事故車であっても需要があれば高く売れることもあります。その判断基準は、買取業者によって異なり、明確な基準があるわけではありません。

そのため、比較的損傷が少ない場合は、いくつかの業者に見積りを取ることをおすすめします。車種による判断は、業者によって異なることを覚えておきましょう。

 

年式・走行距離

車種以外でも、年式や走行距離も大切です。やはり、年式が比較的新しいもの、走行距離が短いものが高く売れる傾向にあります。中古車を買う際は、まずは年式や走行距離を気にするものですよね。

事故車の買取も同様です。そのため、車種であまり需要がないと判断されてしまっても、年式や走行距離の条件がよければ高額で買取してもらえることもあるのです。

どちらにしても、いくつかの業者に見積りを依頼して、いくらで買い取ってもらえるかを比較することが大切なのです。場合によっては、買取業者を変えるだけで数万円の差が出ることもあるようです。

 

事故車を売るなら、業者選びを入念に!

事故車を売るなら、業者選びを入念に!

 

事故車を売るときは、先にも述べたように業者選びが大切です。あなたの大切な車を、できるだけ高額で買い取ってくれる業者を探しましょう。ただし、買取価格だけで業者を決めてしまうのは危険です。あらゆる点で比較し、買取を依頼する業者を決めましょう。

 

一括見積り

事故車の場合、その車の評価は業者によって異なります。そのため、まずは一括見積りを取って、買取価格を比べてみるのがよいでしょう。よりよい値段で買い取ってくれる業者をいくつかおさえておきましょう。

また、内訳まで記載されている場合は、内訳の内容もチェックしてみましょう。極端に高額で買い取ってくれる業者に惹かれがちですが、本当にその価格で買い取ってもらえるのか、注意が必要です。

 

実績・ホームページでも比較

一括見積りで業者を絞った後は、それぞれの会社のホームページを見てみましょう。ホームページには、その会社の実績やスタッフなどのあらゆる情報が書かれているはずです。本当によい業者なのかを見極めましょう。

さらに、参考として口コミサイトをのぞいてみるのもよいかもしれません。あくまでも参考程度に、ほかの依頼者の感想を見てみましょう。

 

まとめ

事故車は、たとえ破損がひどい場合でも、買取業者に引き取ってもらうことができます。車としての役割を果たせないものでも、鉄やアルミなどの資源として使われるのです。

破損が軽度で、まだ車としての役割を果たすことができる場合には、買取業者によって買取額に差が出るケースがあります。その判断材料として、事故や修復の経歴、車種や年式・走行距離が関係します。人気の車種であったり、年式が新しい、走行距離が短かったり場合は、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

いずれにせよ、事故車の買取業者を選ぶ際には慎重になるとよいでしょう。買取価格も気になりますが、それだけではなく、優良業者であるかをしっかりと見極め、使っていた愛車を気持ちよく引き渡せるようにしましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。