事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の見分け方を知っていますか?より良い中古車を選ぶコツを紹介

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の見分け方を知っていますか?より良い中古車を選ぶコツを紹介

事故車を査定してみたら…放置している車に高額買取価格がつくかも?

 

中古車を購入する際に、ご自身の予算はもちろんのこと、なるべく状態のよい車を購入したいですよね。でも、外見では目立った傷もなくキレイな状態には見えても、もしかしたら、その車が「事故車」かもしれません。「事故車」とわかったうえで購入するのなら、いろいろなデメリットも承知のうえの購入だと思います。

 

しかし、一方で、「事故車」と知らないまま、価格がお値打ちだと喜んで購入して、故障ばかり繰り返して出費がかさみ……。もうそれでは、気づいたときにはすでに遅いのです。

 

なので、購入する際の判断がとても大切です。でも、素人目にはわからない場合が多く、判断が難しいかのではないでしょうか。今回は、「事故車の見分けかた」にクローズアップしてお伝えします。

 

 

知っておくべき消費者と中古車業の認識のズレ

私たちの考える「事故車」と中古車業界の「事故車」は、どうやら考え方が違うようです。では、どのような違いがあるのでしょうか?

 

消費者の考える事故車

交通事故により、車体に損傷ができてしまったら「事故車」扱いになるという認識の方が多いのではないでしょうか。確かに、ぶつけただけでも修理をしたら、事故車であるような感覚になりますよね。しかし、これはプロの判断とは異なるようです。

 

中古車業者の考える事故車

中古車業界では、どのような考えなのでしょうか?日本自動車査定協会の中での定義は、事故車とは、事故に遭い、車の骨格部分であるフレームの修理した「修復歴車」のことを指します。

 

フレーム部分以外が損傷し、修理した場合は、「修理歴車」として扱われます。修復歴がある車は、完全な修復が難しいことから、きちんと区別されているのです。

 

事故車の見分け方とは?初心者でも簡単な見分け方

車を買い替えるなら最適なタイミングを狙え!あらゆる角度から判断を

 

車の骨格部分であるフレームを修復する必要がなければ、「事故車」にはならないということがわかりましたね。では、車についての知識があまりない初心者の方でもわかる、簡単な「事故車」の見分け方について掘り下げていきましょう。

 

「事故車」チェックポイント

「骨格」の修復をしたかどうかは、見た目だけではなかなかわかりづらいものです。でも、もしかするとわずかな部分から見極められるかもしれません。まずは、外見からチェックしていきましょう。

 

・車全体の塗装を見て、でこぼこがあればへこみを直した可能性がある。

・ドアやボンネットなどの繋ぎ目がある部分に、明らかな左右差などがある。

・ライト類の左右差や、どちらかだけ新しいものに変わっている。

・ボルトに工具の跡がついている。

 

以上の項目があてはまっているようであれば、修復歴があるかもしれません。先述でもお伝えしたように、「事故車」は、フレームの修復があるかどうかです。そのため、修復が表面部分だけなのか、はたまたフレームまで修復がされているのか、見極めることが重要なのです。次の章で、さらに「事故車」の判断材料を深く掘り下げてお伝えします。

 

「修復歴なし」でも信用できない!中・上級者向けの見分け方

中古車は、信用のある大手の業者から購入するのが一番ですが、中古車業者も大小たくさんの業者があります。そのため、ご自身の希望の車が、あまり聞いたことのない業者で売られているかもしれません。

 

ずっと探していた車であれば、欲しいという気持ちが勝ってしまい、あまり車を確認もせずに購入してしまう、なんてことがあるかもしれません。また、車を確認せず、書類にある「修復歴なし」の表記を鵜呑みにして購入してしまうこともあるでしょう。

 

修復歴のある車は、故障も起こりやすいものです。愛車になるかもしれない車だからこそ、購入する前に念入りにチェックしましょう。

 

フレーム修復歴の判断

外見や内装からではわからないフレーム部分も、エンジンルーム・トランクルームなどの内部が見える場所からチェックすることができます。内側から見て、フレーム部分に明らかな溶接跡や塗装跡などがあれば、「事故車」である可能性が高いです。

 

ただ、ぶつけてへこみを直したなどならまだよいのですが、車の骨格であるフレームを何らかの事故により損傷してしまっている場合は、あとで車体の問題が出てくる可能性もあります。車は大きな買い物なので、あとで「事故車」だったと後悔しないようにしたいですね。

 

万が一、事故に遭ったら?事故車でも買取は可能

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

 

これまでは、「購入」する側からの視点でお伝えしましたが、この章では「売却」の視点で考えていきます。万が一、事故にあってしまい「事故車」になってしまったら、業者に買取はしてもらえるのでしょうか?

 

中古車買い取り業者

中古車業者は、走行可能な状態であれば、買い取ってもらえることが多いようです。やはり「事故車」は査定価格にも影響はあり、通常の査定よりも低くなってしまうこともあります。しかし、中古車業者はその車の買い取りをし、修理などを施して買取価格より高値転売することで、利益を生み出します。そのため、事故車であっても買い取りしてくれるようです。

 

事故車・廃車買取業者

「走行不能」である車でも、基本的に買い取ってもらえます。事故車・廃車買取業者では、一見価値がないように思える車も、あらゆる視点から価値を生み出し値をつけてくれるのです。

 

たとえば、「車」としての意味をなさない走行不能な状態であっても、車体を解体し、部品やパーツにバラして、リサイクルやリユース品として売り出しするようです。そして海外で日本車人気もあることから、輸出目的で買い取りもするのです。

 

外国では、日本人の価値観とは違い、「事故車」に対して悪いイメージがあまりないのが事実です。なので、たとえ「事故車」であっても需要があるのです。

 

そういった視点からさまざまなルートで可能性を広げて考えてくれるので、買取価格への期待もできますね。

 

一括査定が便利

事故車を買い取りしてほしいけれど、どこで頼んだらよいかわからないという方には、比較サイトがおすすめです。数多くある業者の中から選ぶのは難しいかと思います。比較サイトには実際利用された方の口コミなどもあり、初めて利用される方にも参考になります。

 

そして、一度で数社に相見積もりをとることができるので、平均価格もわかり、業者同士を比較することができます。ご自身の希望の金額に合った業者に依頼することができ、大変便利です。

 

まとめ

今回は「事故車の見分け方」についてお伝えしました。中古車を購入する際にご自身でもできる、チェックポイントなどもおわかりいただけたのではないでしょうか。車は大きな買い物なので、購入する前に「事故車」かどうかしっかりと確認するなど、慎重に購入したいですね。

 

「事故車」の査定判断基準は、フレームの修復歴の有無で決まります。売却される際にも判断材料として注意深く見てみましょう。そして、愛車が万が一事故に遭い、手放す決意をされても、何らかの形で買い取ってもらえると考えるのがよいでしょう。ぜひ一度、査定を依頼されることをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。