事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

自動車の査定で見られるところとは!?高額買取を実現するために

最新情報・レポート

自動車の査定で見られるところとは!?高額買取を実現するために

自動車の査定で見られるところとは!?高額買取を実現するために

 

「自動車の買取を依頼したいけど、買取査定のときにはどんなところを見られるのか…」せっかくの愛車を買い取ってもらうなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいところですよね。そのためには事前に、査定で見られるところを知っておくのが役に立つでしょう。

今回の記事では、業者が自動車の買取査定時に見るところをご紹介します。また、買取依頼時によくある「洗車はしたほうがよいのか」という疑問の答えや、優良業者を選ぶときのコツまで解説します。

これから愛車を売却する予定のある人は、その前にぜひ今回のコラムを読んでみてください。

 

 

自動車の査定で見られるポイント

自動車の買取査定をするときに、担当者が確認する部分は下記のようなものが代表です。これらのポイントを知っておけば、事前にメンテナンスもでき、より高額な車の売却につなげることができるでしょう。

走行距離

普通車の一般的な走行距離は年間約1万キロメートルといわれます。車の査定をおこなうときはこの走行距離を目安に、年式に対して多いか少ないかを判断して、買取価格に反映させます。

 

エンジン周辺部

エンジンは、査定でもっとも力を入れて確認する部分のひとつです。エンジン内部の状態や、オーバーホールの有無が車の買取価格に大きく影響します。エンジンは車の心臓部、不具合は車の故障に直結しますので、重点的に確認されるのは想像できるところでしょう。

また、近いところでは車のバッテリーの状態も同様に確認されます。

 

外装

外装で見られるのは主にへこみや傷の有無です。それらの数によっても、買取価格は変化します。査定前に直せるへこみは直しておくと、査定額が高くなるケースもあるようです。また、車のカラーも査定に響きます。人気のある色なら買取価格も上がります。

車を購入する際に、売却時のことを気にする人は少ないかもしれません。しかし、今の愛車を売却して新しい車の購入を考えているようなら、次に選ぶ色は人気色にしてみると、次回の買い替え時に有利に働くかもしれません。

 

内装

汚れやシートの状態、部品の破損の有無が査定価格に影響します。また、とくに注意が必要なのがタバコやペットのニオイです。強いニオイは査定時に買取価格を大きく左右します。ニオイのケアは日常的におこなって、売却時に困らないようにしておきましょう。

 

その他

そのほか、車のドアやパワーウィンドウの動作具合、ランプの不具合がないかなども確認されます。できれば車内に掃除機をかけたり、拭いておいたりするのも有効でしょう。

 

査定の前に!車に関する書類を用意しておこう

査定の前に!車に関する書類を用意しておこう

 

車の状態や掃除は、買取査定を依頼する際には誰しも意識をする部分でしょう。しかし、買取査定を依頼する際には、車に付属する「書類」を用意しておくことも忘れないようにしておきましょう。

定期点検整備記録簿

車の基本情報がまとまった「定期点検整備記録簿」は、買取査定依頼時には欠かせません。この書類のなかには定期的な点検の内容や所有者、車体番号などが記載されています。普段あまり目にすることはないと思いますが、買取査定時には用意しておきましょう。

 

取扱説明書

車の取扱説明書やカーナビ、追加した部品の説明書のことです。追加で設置した部品は自分では熟知していても、次のオーナーさんが分かるとは限りません。車や車に追加した装備の説明書は、可能な限り保管をしておきましょう。

 

査定の前に洗車はしたほうがよいの?

査定の前に「車を洗車すると査定金額が上がる」。ウワサのように流れるこの情報、実際は洗車をしたからといって、査定の金額が上がるわけではありません。しかし、車の買取査定前の洗車はおこなっておいたほうがよいかもしれません。

洗車はしたほうがよい!

洗車をしたほうがよい理由は、査定担当者の「心証」がよくなるためです。「え、心証がよくなるだけ、それって大して意味ないんじゃないか…」、そう考えてしまいませんか?しかしその発想は、的から少し外れているかもしれません。

 

洗車をするとどんなメリットがある?

考えてもみてください。もし自分が買取査定の担当者だとしたら、見た目がキレイな車と汚い車、どちらの車に高額な買取価格を付けようと考えるでしょうか?おそらく大多数の人は、ピカピカでキレイな車により高い金額をつけてあげたいと考えるでしょう。

一方で見た目が汚い車の場合は、査定する際により細かい部分まで点検しようとするのではないでしょうか?「汚れに紛れて傷がないだろうか?」「大切に乗っていたのだろうか?」と、疑心暗鬼になりながら査定を進めることになるでしょう。

車の買取査定をするのは「人」です。ある程度のマニュアルがあるとはいえ、最終的な決断をするのは感情のある「人」になります。そのため、担当者の心証をよくすることはとても大切、車をキレイに洗車してから、買取査定をしてもらうのが正解だといえるのです。

これから車の買取査定を依頼する人には、ぜひ洗車することをオススメします。

 

数ある業者からよい業者を選ぶ方法

数ある業者からよい業者を選ぶ方法

 

車の買取をしてくれる業者は、それこそ星の数ほどあるでしょう。せっかく大切に乗ってきた愛車。買い取ってもらうなら誠実に、丁寧に、そしてもちろん買取価格も高い業者に買い取ってもらいたいところですよね。ここでは業者選びのコツを3点ご紹介します。

相見積り

いくつかの車買取業者に見積りを出してもらうこと、それが相見積りです。相見積りを取ることで買取価格や査定内容を比較し、簡単に業者を検討することができます。「愛車の買取価格相場はいくらくらいなんだろう」と調べたいときにも使える、便利な方法です。

 

業者ホームページ

買取してもらう業者がある程度絞れたら、今度は業者の公式サイトを確認してみましょう。今までの買取実績や、実際の買取までの手順、保証やサービス内容まで、細かく知るにはやはり業者の公式情報が一番確実で信頼できます。査定依頼前には確認しておきましょう。

 

口コミサイト

今までに業者への買取を依頼した人たちの「生の声」。口コミはもっとも現実的な情報を得るのに確かな方法です。とはいえ、すべてを鵜呑みにするのは危険といえるかもしれません。過度に批判的なものは、参考にするものから除外したほうがよいでしょう。

自分が気になる口コミの情報を参考にして、買取依頼をする業者選びに活かしましょう。

 

まとめ

自動車の買取査定で見るところの多くはどの業者でも共通しています。とくに注意すべきは「外装」「内装」「エンジン」でしょう。また、査定の前には洗車をすると、担当者の心証もよくなり、より高額な車買取を実現することができるかもしれません。

買取業者を選ぶときは、まず相見積りから始めましょう。愛車の買取相場を知ることもでき、相場から外れた安い価格で売却してしまうことも予防できます。そこからさらに業者を絞るには、公式サイトや口コミサイトを参考にしてみてください。

愛着のある大切な愛車です。別れのときまで信頼のできる業者に依頼をしたいところ。車の買取はあなたと車の別れであり、新しいオーナーとの出会いの始まりです。悔いのない別れのために、ぜひ今回の内容を参考によい買取業者を見つけてみてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ