事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の安全性ってどうなの?修理されていれば問題ないって本当?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の安全性ってどうなの?修理されていれば問題ないって本当?

事故車だって高額査定をつけてほしい!一括査定で相見積りを

 

事故車の購入を考えている方の多くが、事故車は本当に安全なのかということを考えてしまいますよね。「事故」とついているぶん、不安になるのもたしかです。市場にはあまり出回りませんが、事故車専門業者では、破格の値段で事故車が販売されています。

 

その値段の安さを見て、不安になる方もいるようです。事故車というと、あまりよいイメージを抱かない方が多いようですが、実際に、その安全性はどうなのでしょうか。

 

事故車の購入を考えているのなら知っておきたい、事故車事情についてしっかりと知っておきましょう。また、購入時のポイントもお教えします。後にトラブルにならないためにも、購入時に確認を行いましょう。

 

 

実際のところ、事故車に安全性は確保されているの?

事故車の購入を考える時に、不安材料として挙げられるのが、安全性への懸念です。事故車の安全性は確保されているのでしょうか。

 

その答えは、「イエス」とも「ノー」とも言えません。事故車として販売されているものは、見た目では完全に修復されているように思えます。しかし、修復前、その車が事故によってどれほどのダメージを負ったのかはわかりません。

 

中には、ほんの少し角をぶつけただけだけれど、修復した履歴があるため事故車として扱われているものもあります。一方で、大きなダメージを負った車が、見た目的には完全に元通りになっていることもあるのです。

 

その車が事故に遭ったとき、どれほどのダメージを受けたにせよ、販売されているということは、自動車としての役目は果たすということです。しかし、完全に修理ができていなかったり、車を形成するフレームに歪みがあったりすると、運転しているうちに問題が発生することもあります。

 

事故車の修理がうまくいっていなかった場合や、フレーム部分にわずかでも歪みがあった場合、走行しているうちにその修復が不完全だった部分からぼろが出てきます。

 

歪みがあった場合は、走行しているうちに、少しずつ歪みが大きくなっていき、場合によっては、車がまっすぐ走らなくなったり、ハンドルを取られたりすることもあります。

 

事故車は、たしかにとても安い値段で売られています。安いからと言って安易に手を出すのは、少し危険かもしれません。このように、事故車だからこそ起こりうるリスクを知り、それを理解した上で、購入に踏み切りましょう。

 

事故車は「修理歴車」と「修復歴車」に大きく分けられる

  修理してから売却すればお得に…?実は直さないほうがよい結果に

 

事故を起こした車と一言で言っても、その内容はさまざまです。事故車は、大きく分けて2つに分類されます。

 

〇修理歴車

車のフレーム部分や、その接続部分以外を修理したことがある車のことを指します。車の骨格部分となるフレームには損傷はなかったけれど、ドアやボンネット、エンジンなど、フレーム以外の部分を修理した場合、修理歴車に分類されます。

 

修理歴があるのみの車は、事故車の中でも、比較的安心して購入することができます。また、修理歴のみである場合は、「事故車」と分類されないことも多いです。

 

〇修復歴車

修復歴車は、車のフレーム部分や、その接続部分の修理・交換をした履歴のある車を指します。つまり、車にとって最重要な胴体部分を修復したのであれば、修復歴車に分類されます。

 

修復歴車は、「事故車」として扱われます。購入を検討している車に修復歴がある場合は、購入時に入念にチェックする必要があります。もし仮に、完全に修復ができていなかったり、歪みが残っていたりする場合、運転していくと車がまっすぐ進まなくなるなどといったリスクもあります。

 

そのため、事故車を購入する際は、この「修復歴」の有無を必ず確認するようにしましょう。

 

▼事故車を購入するときの重要ポイント

事故車の購入を決めたら、必ずしてほしい重要なポイントが3つあります。これらは、あなたが事故車を購入し、運転する際に、万が一のことがないようにするための、重要な確認作業です。

 

どれだけ見た目がよい状態でも、しっかりと確認しておかないと、後で後悔することになるかもしれません。怠らず、必ずチェックしましょう。

 

・試乗をおこなう

事故車の中で、購入したい車種を見つけたら、必ず試乗をさせてもらいましょう。実際に乗り、運転してみることで、自分の感覚で不具合がないか確認することができます。変な振動がないか、まっすぐ走るか、ハンドルやほかの操作などがスムーズにできるかを確認しましょう。

 

自分で実際に操作や運転をしてみることで、安心して購入に踏み込むことができます。販売業者の人が「問題ない車」だといっても、必ず自分で乗って確認することが大切です。

 

・損傷の程度を把握する

修復歴がある事故車の場合は特に、どれほどの損傷であったかを確認しておきましょう。修理歴だけの場合も、念のため確認しておくとよいでしょう。

 

修復歴がある事故車は、きちんと聞き、その場で即決するのではなく、その部分の修復によってどのようなリスクがあるのか、一度調べるとよいでしょう。あまりに損傷の具合がひどかった場合は、購入を控えたほうがよいかもしれません。

 

・保証内容をしっかり確認する

最も大切なのは、購入後の保証をしっかりと確認しておくことです。購入した後の保証がまったくないなど、保証体制が整っていない業者からの購入は避けるようにするべきです。確実な信頼を得られる業者から、しっかりとした保証がついたものを購入しましょう

 

事故車を手放すときのことも頭に入れておこう

現場から移動する前に…聞いておくべき2つの内容

 

事故車を購入するときは、どの事故車にするかということばかりに気を取られてしまいがちですが、もうひとつ考えておきたいことがあります。それは、事故車を手放すときのことです。

 

ご自身が安く事故車を手に入れたように、いくらその車に欠陥がないとしても、修復歴や修理歴があるだけで、査定額はぐんと下がります。そのため、買い取ってもらう際にも、あまりお金にならないことを覚えておく必要があります。

 

・事故車専門の買取業者に売却を

 

購入した事故車を手放すときには、事故車専門の買取業者に売却するようにしましょう。一般的な中古車買取業者だと、買い取ってもらえなかったり、むしろ料金がかかったりすることがあります。事故車を専門に扱っている業者であれば、状態がよい自動車によい値段をつけて買い取ってくれることもあります。

 

もし、購入した事故車に不具合が生じ、走行不能になったり、ボロボロになってしまったりした場合でも、事故車専門の買取業者に一度相談してみましょう。

 

その車自体は使えないと判断されたとしても、細かいパーツなどを買い取ってもらえる可能性もあります。たとえ中古のパーツでも、国内外で売れるため、買い取ってもらえることが多いのです。まずは、事故車専門の業者に相談してみることが大切です。

 

・複数の業者に査定を依頼しよう

事故車を買い取ってもらう際、最も大切なのが、ひとつの業者に頼らず、いくつかの業者に査定を出してもらうことです。事故車を購入した先を検討する方が多いようですが、買い取ってもらう際は、あまり高く買い取ってもらえないこともあります。

 

いくつかの業者に査定額を出してもらい、また、信頼できる業者かどうかを見極めながら、できるだけ高く買い取ってもらえる業者に依頼しましょう。

 

まとめ

事故車は、事故を起こしていない中古車に比べても、かなり安い値段で購入することができますが、事故車の特徴をしっかり理解した上で購入することが大切です。事故車の中でも、特に修復歴のある事故車は注意しましょう。

 

購入の際には、必ず修復前のダメージ具合を確かめたり、試乗をしたりして、不安がなくなるまで徹底的に確認しましょう。購入した後にあなたが困らないためにも、必要な作業です。

 

また、その事故車を手放す際には、事故車専門の買取業者に依頼するとよいでしょう。買取を依頼する際も、必ず複数の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。そうすることで、よりよい値段で買い取ってもらえるのです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。