事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車を修理して使用するか、売却するか

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車を修理して使用するか、売却するか

事故車は修理か売却かどちらにすべき?お得な処理方法を選択するコツ

 

もしも自分の大切な車が、ある日突然「事故車」になってしまったら……。考えただけでも恐ろしいですが、事前に心の準備をしておくと、慌てふためかずにすむかもしれません。

そこで今回は、ボロボロになってしまった事故車を修理または売却するメリットやデメリットについてまとめてみました。すでに事故車の処分に困っている方も、これから先のことを考えて事前に予習しておきたい方も、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

 

 

ボロボロの事故車は修理すべき?そのまま売却?

交通事故や自然災害などでボロボロになってしまった車のことを「事故車」と呼びますが、自分の車が事故車になってしまった場合、以下のような選択肢があります。

直る見込みがある場合は修理に出す

車の壊れ具合からして直る見込みがあり、また加入している保険が適用されるようであれば、事故車は修理に出すのがよいでしょう。

 

直る見込みがない場合は売却する

損傷がひどく、修理しても直らないと思われる場合や、保険の適用がない場合などは、事故車の売却を検討すべきです。

このように、事故車は故障の程度によって修理と売却を使い分ける必要があります。ご自分の車がどんな状態で故障しているのか、まずは確認するようにしてください。

 

事故車を修理して再び使う場合

事故車を修理して再び使う場合

 

故障の程度が小さければ、修理可能

車体の一部のみが損傷している場合や、損傷の箇所が小さい場合は、修理できる可能性が高いです。たとえばボディやバンパー部分が多少凹んでいるだけのものや、窓ガラスが割れた程度の故障であれば、バンパーやガラスを交換するだけで直すことができるでしょう。

一方で、車体の大部分が損傷してしまっている場合や、交換できないような部分が壊れてしまうと修理は難しいといえます。きちんと修理ができないと走行に不備をもたらすことになるので、残念ですが故障が大きい場合は買い替えを検討してください。

 

修理しても完全に直らないリスクもある

修理に出しても、故障個所によっては完全には直らない可能性もあります。たとえば車のフレームにできた歪みは、キレイに直せないと、まっすぐ走行できないといった不具合がおこりえます。

とくに、経年劣化している車の場合は修理をしても完全に直せないことが多いため、「あと何年乗るのか?」「購入してから何年経ったか?」なども考慮し、修理には出さず買い替えてしまうということも検討してみてください。いま目の前にある事故車を修理ですませてしまってよいのかどうかは、長いスパンで考えてみるとよいでしょう。

 

事故車を売却してお金にする場合

「事故車の修理は厳しそうだから売却しよう!」と決心したとして、具体的にどのようにして売却すればよいのでしょうか。ここでは事故車を売却する際の留意点についてご紹介します。

 

メリット・デメリットを知って売却方法を選ぼう

「事故車の売却」とひとことで言っても、売却方法にはさまざまなものがあります。自分に合った方法で売却するようにしましょう。よくある売却方法と、そのメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

 

事故車をあつかうの買取業者に売却する

事故車の損傷がそこまでひどくなく、自走が可能な状態であれば中古車の買取業者や事故車中心にあつかっている買取業者に売却することができます。売却に際しては、サポートが充実していることが多いため、各種の手続きが楽であるとのいうのがメリットとしてあげられます。

ただし、業者によって同じ内容でも金額にばらつきが生じます。そのため、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

 

廃車専門の買取業者に売却する

あまりにも事故車の損傷がひどく、事故車の買取業者にさえ売ることができないような場合は、廃車の買取業者をあたってみましょう。

廃車を取りあつかう業者ははパーツ単位での転売も行っていることが多いので、走行不可能な事故車でも買い取ってくれる可能性が高いのがメリットです。デメリットとしては、車の抹消登録や還付などの手続きが少しめんどうであることがあげられます。

 

中古車販売店へ売却する

損傷が軽く、自走が可能であれば中古車販売店に売却できることもあります。ただし、買取価格は低めであることが多いため、少しでも高く売却したい場合は他の方法を選んだほうがよいかもしれません。

 

新車の買い替えと同時に下取りに出す

新しく車を購入した販売店に下取りをお願いすることも可能です。購入した車が納車されるまでの間、代車が用意してもらえることも多く、手続きなども簡単なことがメリットとしてあげられます。ただし、下取りの価格で高値をつけてもらえることはあまり期待できません。

 

個人へ売却する

最近では、フリマアプリやオークションサイトなどで中古車の売買を行うこともできます。個人が価格を設定するため、車種によっては高値がつくこともあり、よい値段での売却を望んでいる方にはメリットが大きいといえます。

ただし、オークションなどは基本的に個人同士での売買取引になりますので、金銭トラブルや苦情なども起こりやすく、慣れていない方には難しいかもしれません。

 

買取業者を利用しよう

「車にそこまで詳しいわけでもないし、個人売買はちょっと…」という方は、なるべく事故車の買取業者を利用するとよいでしょう。買取業者であれば、サービスなどが手厚い場合が多く、手続き関連もきちんとサポートしてくれるはずです。

下取りよりは高値で取引してもらえることが多いですし、交渉によっては想像以上に高値で買い取ってくれることもあるでしょう。

車に詳しい方や売却に慣れている方であればいろいろな売却方法を検討してみてもよいかもしれませんが、「とにかく事故車を簡単に売却したい」という方には、買取業者をおすすめします。

 

修理してから売却すればお得に…?実は直さないほうがよい結果に

修理してから売却すればお得に…?実は直さないほうがよい結果に

 

「少しでも高く買い取ってほしいので、事故車は修理しておいたほうがよいのかな?」とお悩みの方もいると思います。しかし実は、事故車は修理しないで売却したほうがよい場合が多いのです。

もちろん、修理をした事故車のほうが、査定額自体は高値となることが多いでしょう。しかし、当然ですが修理には修理費用がかかります。そして修理したことにより上がる査定額と、修理費用とを比較すると、修理費用のほうが高くつくことがほとんどなのです。

したがって事故車を売却する場合は、なるべく修理はせずにそのままの状態で売却することをおすすめします。

 

まとめ

さて今回は事故車の修理や売却について、以下のようなことをご紹介してきました。

  • ・事故車は損傷が小さければ修理可能だが、完全には直せない場合もある
  • ・修理が難しい場合は売却すべし
  • ・売却にはいろいろな方法があるので、自分に合った方法を選ぶこと
  • ・売却に慣れていない場合は事故車専門の買取業者がおすすめ
  • ・事故車専門の買取業者に売却する場合、修理はなるべくしないほうがお得

 

すでに事故車を保有して持て余しているという方は、ぜひこの記事を参考に買取業者などにご自分の車の査定をしてもらってみてはいかがでしょうか。思っていたよりも高値で買い取ってくれるかもしれませんよ。

また、まだご自分の車が健在という方も、事故や災害などでいつ事故車になってしまうかわかりません。いざというときのために、評判のよさそうな買取業者を探しておいてはいかがでしょうか。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。