事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

名義変更の前に事故を起こされた!こんなとき責任はどっちにある?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

名義変更の前に事故を起こされた!こんなとき責任はどっちにある?

名義変更の前に事故を起こされた!こんなとき責任はどっちにある?

 

今や生活の一部となっている自動車。生活を豊かにしてくれる自動車。そんな自動車を家族や友人から譲りうける人も少なくないと思います。しかし、自動車を譲り受けたときに必要になってくるのが、名義変更です。

 

もし自動車を譲り受けて名義を変更する前に事故を起こしたとき、事故を起こした自動車の名義人か、それとも名義人ではないが事故を起こした本人か、どちらの責任になると思いますか?日本中で数分に一回は自動車による交通事故をおきていると言われています。上記のようなパターンが発生する可能性も、ゼロではありません。

 

名義を変更する前に事故がおきてしまうおそれは誰にでも起こり得ます。そのため、しっかりと覚えておく必要があります。今回は、自動車の名義変更の前に事故をしてしまったときの責任の所在についてお伝えしていきます。 名義変更前の事故責任はケースにより前オーナーになりうる 自動車の名義変更はどこで行うかご存知でしょうか?自動車の名義変更は、次の所有者の住所を管轄する陸運局で行う必要があります。そのため、次の所有者が近隣に住んでいるとは限らないため、自動車を譲ってから名義が変更されるまで、少なからずタイムラグがおこることになります。

 

名義を変更する前に発生した事故の責任の所在は、ケースによって変わってきます。ここでは、ケース別に責任の所在をお伝えしていきます。

 

 

名義変更前の事故責任はケースにより前オーナーになりうる

自動車の名義変更はどこで行うかご存知でしょうか?自動車の名義変更は、次の所有者の住所を管轄する陸運局で行う必要があります。そのため、次の所有者が近隣に住んでいるとは限らないため、自動車を譲ってから名義が変更されるまで、少なからずタイムラグがおこることになります。

 

名義を変更する前に発生した事故の責任の所在は、ケースによって変わってきます。ここでは、ケース別に責任の所在をお伝えしていきます。

 

ケース1 交通違反

もし名義に変更する前に交通違反をしたとしましょう。このときの責任の所在は、運転者です。交通違反をしたときは、運転者に罰則が与えられるので、名義人に責任を問われることはありません。

 

しかし、例外があります。それは駐車違反をした場合です。駐車違反については道路交通法が改正され、仮に運転者が出頭しなかったときは、車検証上の使用者が責任を負わなければいけません。つまり、所有者がローン会社であるときを除いて名義人が責任を負う必要があります。

 

もし運転者が駐車違反をして出頭しなかった場合、名義人の元に罰則金の通知が違反した日から数週間で来るでしょう。

 

ケース1 交通事故

もし名義人が交通事故を起こしたときは、誰が責任を負うのでしょうか?交通事故の場合は、裁判による決定に従うので一概にどちらに責任があるとは言い切れません。ここでは、一般的な責任の有無についてお伝えしていきます。

 

交通事故を起こしたとき、民事責任と刑事責任が生じます。刑事責任は、運転者に対して問われるので名義人が責任を負う必要がありません。一方、民事責任は基本的には運転者に責任が求められ、損害賠償が請求されます。しかし、運転者に損害賠償の支払い能力がないときは、名義人に賠償請求ができる権利を被害者をもっているので、名義人に責任が及ぶときもあります。

 

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

 

次に出てくる不安の一つに、「自動車保険の名義変更前に事故を起こしたとき、どこまで補償してもらえるのか?」があるでしょう。ここでは、自動車保険の名義を変更する前に事故を起こしたとき、どこまで補償してもらえるのかをお伝えしていきます。

 

補償範囲の条件により補償がおりる

自動車保険の名義を変更する前でも、補償がおりることがあります。それには条件があり、その条件が揃わないと保険金がおりません。保険金が支給される場合とされない場合のポイントについてお伝えしていきます。ぜひご確認してみてください。

 

【自動車保険の被保険人が同居する親族のとき】

自動車保険を自動車に対してと、人に対してと両方にかけている人も多いでしょう。自動車保険に加入すると、車の情報が登録され、次に保証の範囲を決めていきます。このときに、保険の範囲に年齢制限や、夫婦のみ、本人のみといった制限があるときは、その範囲内でないと補償されません。

 

車を譲渡しているパターン

次に、自動車保険の名義は変更していないが車を譲渡しているときについてお伝えしていきます。車を譲渡しているときは、保険会社によっては対象となることがあります。対象となるには、条件があります。

 

・譲り受ける前の自動車の名義変更手続き、廃車手続きが開始されていて、車検証上で名義の変更が行われているとき

 

【自賠責保険】名義変更をしていなくても補償はされる

自賠責保険の場合は、名義変更をしなくても補償されることをご存知でしょうか?ここでは、自賠責保険についてお伝えしていきます。

 

なぜ補償されるのか

車の免許をもっている人ならば、一度は聞いたことのある「自賠責保険」。自賠責保険とは、自動車損害賠償基本法という法律によって定められた強制保険のことです。自賠責保険は、交通事故の被害者救済を目的にしているため、自賠製保険の契約者が起こした事故でなくても、補償の範囲としています。

 

交通事故の被害者は、事故を起こした自動車に関わるすべての者に損害請求をすることができます。そのため、名義を変更しなくても、事故がおきたら自賠責保険による補償がされます。

 

それでも名義変更はしておくべき

自賠責保険は被害者の救済を目的としています。そのため、その点からだと名義を必ずしも変更する必要はありませんが、もし満期の過ぎた自動車を運転したときのリスクを考えると、名義を変更しておくことをおすすめします。

 

名義の変更は、基本的に費用はかかりません。名義の変更に必要な書類を揃えて、近くの保険会社で手続きをしましょう。名義の変更に必要な書類は、自賠責保険証書、保険会社においてある自賠責保険承認請求書、自動車売買契約関連書類の3点が必要です。

 

また、自賠責保険の名義の変更は、車検のときにも行うことができます。

 

トラブル回避!名義変更前に車の譲渡はやめよう

トラブル回避!名義変更前に車の譲渡はやめよう

 

ほとんどの場合で、運転者に責任や賠償請求がされます。しかし、場合によっては名義人にも責任を追及されることや、損害賠償の支払いを命じられることがあります。中古で売りに出した車の買い手や、家族、友人間でのトラブルは避けたいもの。

 

トラブルを回避するためにも、名義を変更してから自動車を譲渡することをおすすめします。自動車を譲る前に自分自身で任意保険の名義の変更、解約をするようにしましょう。 賠償責任についても、しっかりと売買契約書を取り交わすことが大切です。

 

自動車を譲った後にトラブルに巻き込まれないようにしておく必要があります。

 

まとめ

今回は、自動車を譲るときの名義変更についてお伝えしてきました。自動車を中古として売り出したり、家族や友人など人に譲ることも多いかと思います。もし、譲った自動車が事故や交通違反をしたとき、ほとんどの場合名義には責任や金銭は要求されません。

 

しかし、自賠責保険など、交通事故を起こした自動車に関わるすべての人に損害賠償を請求できる権利をもっています。トラブルに巻き込まれないようにしっかりと自分で注意する必要があることを覚えておきましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。