事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車の修復・修理の違いってなに?じつは全く違った意味をもちます

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車の修復・修理の違いってなに?じつは全く違った意味をもちます

車の修復・修理の違いってなに?じつは全く違った意味をもちます

 

過去に事故を起こした車(事故車)を手放したいと考えたとき、インターネット上でいろいろな売却方法を調べる方が多いでしょう。せっかくなら少しでもお得に手放したいですよね。

しかし事故車を売却する上で「修復歴」と「修理歴」という2つの言葉を無視することはできません。「ん?修復と修理って同じ意味じゃないの?」と思ったあなた、この2つの言葉は全く意味が異なるのです。しかも、2つのうち一方は売却時の評価(査定)に大きく影響してきます。

今回は「修復」と「修理」という言葉の違いを明確にした上で、事故車を売却するときにできるだけ高く売却するポイントをお伝えします。

 

 

修理と修復。それぞれの違いを知っておこう

「修復」と「修理」という言葉、この2つは似ていますが全く別の意味をもちます。事故車を売却する上で知っておかないと納得のいかない査定をされることもありますので、まずはこの2つの言葉の違いを理解しましょう。

「修理」とは外観の軽度な損傷を直すこと

修理とは軽度な損傷を直すことをいいます。「修理」を辞書でひくと「整うように手を加えること」とあります。このように主に見た目の部分を整うように直すことをいいます。たとえば、ボディやドアの軽いへこみやこすり跡、傷といったものを直して元のキレイな状態に戻すことを修理といいます。

 

「修復」とは骨格部分に及ぶ重度な損傷を直すこと

「修復」は車の骨格部分にまで及ぶ重度の損傷を直すことをいいます。「修復」を辞書でひくと「修繕してもとのとおりにすること」とあります。たとえば、事故で損傷したボディ内部の骨格部分などを修繕し、車本来の機能を取り戻すことを修復といいます。

 

修復歴のある車の定義とは?

修復歴のある車の定義とは?

 

重度な損傷を直した車はすべて「修復歴のある車」となるかというとそうではありません。修復歴のある車は具体的に定められており、それに該当する車のみが「修復歴のある車」となります。

修復歴の定義は日本自動車査定協会で定められている

修復歴の定義は「一般財団法人 日本自動車査定協会」によって定められています。日本自動車査定協会とは経済産業省、国土交通省の許可のもと設立された中立的な機関で、中古車を公平に査定するための取り決めなどを定めています。

具体的に修復歴がある車とは「フレーム」「クロスメンバー」「インサイドパネル」「ピラー」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「フロア」「トランクフロア」「ラジエータコアサポート」といった9つの部分のうち、いずれかを少しでも修理・交換したもののことを指します。

自分がもつ車が過去にどの部分を修理・交換したかは、過去の修理履歴や車検の内容を確認しましょう。

 

修復歴は抹消できない

修復歴ができた場合、その履歴は抹消することができません。事故車の持ち主として、できれば修復歴という汚点はなかったものにしたいという気持ちもあるでしょう。しかし、修復歴があるかどうかは査定時にプロの鑑定士のするどい目によってバレてしまいます。仮に「修復歴はない」と偽って申告して査定されたとしても、後々になって修復歴があることが判明した場合、査定額の大幅な減額や売買契約キャンセルにもつながることがありますので、オススメできません。

また、中古車の販売側からすると、修復歴があるにも関わらずその旨を表示しないで販売した場合、告知義務違反となり損害賠償の対象となってしまいます。

 

修復歴のある車って本当に売れるの?

修復歴ができてしまっても、車を売却することを諦めないでください。修理歴がある車と比べると査定額は下がることが多いですが、修復歴があっても売却できる可能性はあります。

なぜ修復歴があるような事故車でも売却できるかというと、事故車を売れる販売ルートを持っている業者がいるからです。特に日本車は東南アジアでは大変人気があり需要が高いため、東南アジアのような販売ルートを持っている業者であれば、過去に事故を起こして修復した車であっても買い取ってくれることが多いです。

また、車として機能しない(走行する上で難がある)状態であっても、車をバラしてパーツとして利用する方法や、鉄やアルミニウムなどの資源に変換する方法などで価値を付けることもあります。

ただし、東南アジアで人気があるとはいえ、車やパーツの状態が悪くてボロボロの場合は、それほど高値をつけてもらえることはないようです。逆に、修復歴があっても状態が良ければ高値をつけてもらえる可能性は十分あります。

 

できるだけ高く売るためのキーポイント

できるだけ高く売るためのキーポイント

 

事故車で修復歴がある車を売ろうとするとき、高値で売却するためにはポイントがあります。ポイントを押さえて少しでも高値で売却しましょう。

事故車専門の買取業者に売る

車を売ろうと考えたときに近所のディーラーや中古車販売店に売ろうと考える人もいるかもしれません。しかし、高値で買い取ってもらうためには事故車買取業者のほうがディーラーや中古車販売店と比べて評価(査定額)が高く売却できるといわれています。そもそも事故車はディーラーでは買い取ってくれないことが多いといわれています。

 

複数の業者に見積り査定を依頼する

事故車買取業者と一口に言っても、とても多くの業者が存在します。その中で一番高く買い取ってくれる業者を見つけることは至難の業。そうなると、少しでも納得できる価格をつけてくれる業者を見つけたいですよね。少しでも高値で売却するために複数の業者に見積り査定をしてもらいましょう。

買取業者の見つけ方として、インターネットを利用することで効率的に業者を探すことができます。具体的にはインターネット上の口コミサイトや比較サイトから気になる業者を見つけましょう。口コミサイトや比較サイトには、多くの業者の情報や客観的な評価も記載されている場合が多いため、使わない手はありません。

業者に見積りをしてもらう際は「相見積り」をしてもらいましょう。そうすることで、少しでも高い額で査定してもらえる可能性が高くなります。

 

見積り内容が明確かどうか詳細まで確認する

業者によって見積り方法は多少なりとも異なりますが、できるだけ見積り内容を明確にしてもらって納得のいく査定をしてもらいましょう。明確な見積りをしてもらわないと、事故車で修復歴があるということでおおざっぱな査定をされる可能性があります。

見積り内容を明確にしてもらうことで、車の各パーツの状態や搭載パーツにも価値をつけてもらえるでしょう。

 

まとめ

修復歴と修理歴の違いは理解できたでしょうか?修復歴と修理歴、言葉はよく似ていても過去の修理内容から売却時の査定に大きく響く要因になることがおわかりいただけたと思います。

仮に過去に事故を起こして修復歴がある車であっても、複数の事故車買取業者に査定してもらい相見積りをとってもらうことで、納得のいく業者に売却することができます。

「過去に事故を起こした・修復した」という事実は変えられません。しかし事故車でも売却できる時代ですので、少しでもお得に売却するために、より高い額で査定してもらえる事故車買取業者を見つけ、お得に車を手放しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。