事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

2つの廃車の種類「一時抹消登録」と「永久抹消登録」はどうちがう?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

2つの廃車の種類「一時抹消登録」と「永久抹消登録」はどうちがう?

車検費用が高くなるのはこんな車

 

お持ちの車を廃車にしようと決めたものの、どのような手続きが必要なのかわからず、お困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、廃車手続きと一言で言っても、その種類はさまざまなのです。そのことを知っていないと、後にトラブルに発展したりもします。

 

廃車は廃車でも、車を残したい方もいらっしゃるでしょう。一方で、絶対に使わないから解体してしまいたいという方もいらっしゃいます。それぞれの手続き方法を知っておきましょう。

 

さらに、廃車の手続きをするには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。廃車に際して必要な情報を知り、愛車を安心して廃車できるようにしましょう。

 

 

廃車手続きの種類は一時抹消と永久抹消だけ?それぞれ費用はいくら?

廃車の手続きの種類は、大きくわけて2種類あります。それは、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」です。それぞれ、どのような場合のときにその手続きをすればよいのでしょうか。

 

また、多くの方が、廃車手続きにかかる費用について気になっているのではないでしょうか。廃車の手続きにかかる費用を知り、さらに、その費用をできるだけ抑える方法をお教えします。

 

・はじめての人へ解説!廃車手続の種類とは

一般的に、廃車にする際の手続きは、2種類あります。1つ目が、車を残したままの状態で公道を走れなくする手続き、「一時抹消登録」です。後に詳しく説明しますが、一時抹消登録は申請をし直せば再び公道を走れるようにすることもできます。

 

2つ目が「永久抹消登録」です。こちらは、一時抹消登録とは異なり、車を完全に解体してからしか行うことのできない手続きです。

 

また、特殊なものとして、「輸出抹消登録」というものもあります。これは、海外へ中古車を輸出する際に必要となる手続きです。基本的には業者が登録するものですが、知っておくと便利です。

 

手続きをする際は、普通車か軽自動車かによって多少の手続きのちがいがあります。こちらも後に詳しく説明します。

 

・廃車手続きの種類によって費用はどれくらいちがう?

 

廃車手続きの種類は、一般的な2種類と、特殊な輸出のための手続きがありますが、それぞれの費用はほとんど変わりません。ただし、費用は廃車手続きを依頼する先によって、かなり変わります。

 

ディーラーに廃車手続きをお任せする場合、確かに安心できるイメージはありますが、そのぶん費用が高くついてしまうのが現実です。ディーラーに依頼すると、手続きの手数料のほかに、車の解体費、さらにレッカー代などがかさみ、最終的に5万円以上かかってしまうのが一般的です。

 

ディーラーに信頼を置いていたり、廃車にする車を購入した店舗で新車を購入する場合には、ディーラーに依頼するのもよいかもしれません。

 

一方で、廃車にするにあたり、一番安くつくのは、廃車買取業者に依頼することです。専門業者に依頼することで、ディーラーよりも安く請け負ってくれます。

 

・いらない車の抹消登録は、廃車買取業者を使うと費用を抑えられる

もう必要なくなった車の抹消登録をする場合、つまり廃車を永久抹消登録することを考えているのならば、廃車買取業者を使うことで、費用を抑えることができます。

 

廃車の手続きにかかる費用は、専門業者によって異なりますが、廃車手続きの手数料や解体にかかる費用、車を引き取る際にかかるレッカー代などの費用はかからないこともあります。

 

ディーラーに依頼すると、依頼主から支払うことになる費用が、まったくかからないということもざらにあるのです。これに加えて、廃車の買取価格をいくらかもらえる可能性があります。

 

廃車にする車が、まだそれほど走行距離が長くなかったり、年数が経っていなかったりする場合は、この買取価格が高くつくこともあるのです。

 

廃車の際に買い取ってもらえ、依頼主にいくらか買取価格が入ると、次に車を買う人は助かりますよね。

 

一時抹消登録は、車を手元に残せる手続き方法

  事故車でも高額買取してもらえる3つの方法

 

ここでは、一時抹消登録について、詳しく説明していきます。ここで、一時抹消登録と、永久抹消登録のちがいを把握しておきましょう。

 

一時抹消登録の特徴としては、主に以下の3点が挙げられます。

 

・公道は走れないが車を残すことができる

一時抹消登録をすると、公道を走れなくなります。つまり、私有地であれば走らせることはできますが、それ以外は車を走らせることができません。

 

そのかわり、車自体は残すことができます。そのため、それまで公道を走るために使っていたが、私有地のために使いたいという方や、車をコレクションとして保管したいという方は、一時抹消登録をします。

 

・都合により長期間使用しない車に適用可能

長い間海外に赴任や移住するため、長期入院するためなど、長い間車に乗る予定がない方でも、この一時抹消登録をします。さらに、中古車販売業者が、在庫として車を保持している際にも登録することがあります。一時抹消登録をしている間は、自動車税はかからないため、むだな出費を省くことができます。

 

・再登録すればまたその車を使用することができる

一時抹消登録の特徴は、なんといっても再登録すればその車を使用できる点にあります。登録したタイミングで、車のナンバープレートを返却しますが、もう一度再登録することで、新しいナンバープレートがもらえ、再び公道を走れるようになるのです。

 

長期間使わなかった車も、海外から帰ってきたり、退院した後に再登録したりすれば、公道を走らせることができるのです。何らかの理由があって、一時的に乗らない場合や、記念の車を残しておきたいという方は、一時抹消登録の手続きを行いましょう。

 

永久抹消登録すると、その車は永久に使えなくなる

一方、永久抹消登録をすると、どうなるのでしょうか。登録内容によって、全くちがうのです。文字通り、完全に、そして永久に登録を抹消するのが、この永久抹消登録なのです。

 

・車籍を抹消し、廃車にするための手続きです

永久抹消登録は、車籍を抹消し、完全に廃車にするための手続きです。そのため、この手続きを行う順序として、完全に車を解体した後に申請を行う必要があります。

 

廃車にする車をスクラップされると、自動車リサイクルシステムにより、「使用済自動車取引証明書」を受け取ることができます。この証明書がないと、永久抹消登録を行うことができません。

 

業者に依頼したら、使用済自動車取引証明書を、業者を通してもらえるはずです。必ず受け取りましょう。使用済自動車取引証明書があることで、ご自身の廃車が、現在どのような処理がされているのかを知ることも可能です。

 

・永久抹消登録するとすべての還付金が受け取れる

永久抹消登録の特徴は、自動車税が還付されることが大きいでしょう。さらに、自賠責保険、自動車重量税の還付金も受け取ることができます。車を手放すことで、すべての還付金を受けることができるのは、うれしいですよね。

 

車を海外輸出するケースに適用される、輸出抹消登録

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

 

冒頭に特殊な例として挙げた、「輸出抹消登録」。これは、使用済の車を、中古車として海外に輸出する際に必要な手続きです。基本的には、廃車買取業者に依頼し、その業者がまだ使えると判断した場合に、国内の中古車か、海外への輸出かを決定します。国内での販売が難しいと判断されると、海外へ輸出されることが多いと言います。

 

その理由として、日本は車の買い替えペースが他国より早く、まだ使える状態なのに廃車として出すケースが多いからです。日本では、ボロ車と思われても、海外ではまだまだ使えるものとして認識されます。

 

それに加えて、世界各国で日本車の人気は根強く、たとえ走行距離が長くても売れるのです。人によっては、それまで使ってた車をスクラップして欲しいという方もいらっしゃいます。それなのに、自分の車が海外で走っていたり、中古車として販売されていたりするのは、気持ちよくはありません。

 

廃車買取業者に廃車手続きを依頼する際には、契約書などを必ずよく読みましょう。

 

まとめ

それまで乗っていた愛車の廃車手続きをするには、主に2つの種類があります。影木裕抹消登録をしてしまった場合は、完全に解体してしまうので、元に戻すことができません。あなたがその車をどうしたいのか、よく考えましょう。

 

一時抹消登録は、車を手放さなくともできる手続きです。ナンバープレートを返却し、公道を走れなくなります。一方、永久抹消登録は、車を解体してしまう代わりに、すべての還付金を受け取ることができます。

 

また、もうひとつの手続きとして、海外へ輸出される輸出抹消登録もあります。まだ廃車が使えると判断された場合、中古車として海外で販売されます。あなたが望む手続きをしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。