事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車売却の際、車種や売却時期は査定に影響するのだろうか。

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車売却の際、車種や売却時期は査定に影響するのだろうか。

事故車売却の際、車種や売却時期は査定に影響するのだろうか。

 

修復歴のある事故車は、事故車専門の買取業者で売却できます。そんな事故車の買取の査定にかかわるポイントとは、どこなのでしょうか?

今回の記事は、事故車への査定の“ここがポイント”というところをピックアップしていきます。このコラムをみれば、査定の時に査定員はどんなところを見ているのか。そしてどこに気を付ければ査定がプラスされるのかが分かります。

事故車の売却は、車以外にも査定がアップしやすいポイントがあるのです。事故車の車種や時期が関係してくるみたいですよ。そういった、ちょっとした査定の裏ワザもご紹介していきます。

さあ、これを読めばあなたも査定に対して強気になれるかも!査定の内容について知識を深めていってください。

 

 

事故車の査定に影響する○○について

事故車の査定には、基本的にどのようなところを確認して査定していくのでしょうか?まずは基本となる査定ポイントについてご紹介していきます。「実はこんなところで評価が変わるなんて!」と思うかもしれません。まずは一度目を通してみてください!

 

メーカーや車種、年式

事故車の車種や時期である年式は、査定額を大きく変化させていきます。人気の高いメーカーと車種、年式も最近になればなるほど上がっていきます。また特定の車種専門の買取業者も存在します。そういったところでは、特定の車種の査定額があがります。

 

走行距離

走行距離が多い車は、それだけ長く使用しているということで老朽化しやすいです。そのような理由から、走行距離が多い車は査定ポイントもダウンしてしまいます。

それ以外に走行距離のメーターを不正に変更していないかもチェックします。メーターの数字はもちろん、運転シートの沈み具合や、ハンドルの磨り減り具合などからも確認します。

 

外装・内装

外装や内装の見た目も査定の際には重要なポイントになります。中古車を購入する人は、同じ車種の車ならきれいな車に乗りたくなるのは簡単に想像できるでしょう。

査定に出す前に車内の清掃と、外装で小さなキズなど自分で簡単に手直しできそうなところは手入をしておいた方がプラス査定になりやすいです。

 

車関係の書類

車の状態以外にも車の状態を証明できる書類があると、信用性が増してプラス査定です。車のさまざまな基本情報が記載されている定期点検整備記録簿や車の取扱説明書があると、次に使う人が便利になるので査定ポイントも上がります。

ちなみに、定期点検整備記録簿というのは以下の内容が記載された、車の情報が分かる書類です。

  • ・所有者
  • ・車台番号(車体番号)
  • ・ナンバー
  • ・点検整備日時
  • ・検査責任者名
  • ・検査時における総走行距離

 

が記載され、これを見ることによって車の状態が分かるのです。

 

時期

事故車は車種以外に時期が査定にかかわってきます。まさかと思うかもしれませんが、1年の中には車が売れやすい時期というのがあります。その時期は3月の決算時期といわれてます。3月に在庫がある状態にしておきたいので、買取は1~2月がピークになります。

この時期は買取が成立して中古車として売りに出したら、すぐに売れてしまうことがあります。そしてすぐ売れる車種ほど高値がつきます。人気の車種はピーク時に査定に出すと、普段よりよい査定結果がくるかもしれません。

 

影響するものはまだある!査定前にできること

影響するものはまだある!査定前にできること

 

車の車種や状態・売れる時期などで、買取の査定額は変動していくのですが、まだまだ上記以外にも査定額を変える条件はあるのです。

ここからは査定を上げるポイントパート2といきましょう。実はこんなところからでも査定額は変わるのです。

 

洗車をする

車の内装と外観が大事というポイントの補足となります。査定に出す前に洗車とすると、いつもよりきれいで見やすくなります。また買い取った後に洗車をしますので、その手間を省ける分査定も上がりやすいです。

査定員としても外観がきれいですと印象がよいので、プラス査定になりやすくなります。

 

車内を清潔にする

大きな事故にあってしまった場合は、車がへこんだり変形しているのですが、ガラスが割れていることもあります。そんなガラスの破片が車内に入っている状態では、査定するのも危険でマイナスポイントになってしまいます。

またもともと車内が散らかっている場合でも、査定員は査定しずらいですし、印象が悪くマイナスになってしまいがちです。査定に出す前の清掃をして清潔な状態にしておきましょう。

 

査定前に修理に出すのは控えよう

事故車というのは、車が大きく損傷しています。そのため、「見た目も印象悪く、査定もマイナスポイントになるんじゃいか。」と心配になってしまいます。そして査定に出す前に修理に出してしまう人もいますが、修理に出すのはやめておいた方がよいでしょう。

事故車を買い取る専業業者は、事故車と分かって買取をします。また買取業者は買い取った後の修理も込みで考えて査定します。つまり出張査定に行く時点で、車の状態は悲惨なものと分かって向かっているので心配無用です。

買取業者が行う修理は、走行できる最低限の修理です。できるだけ元に戻そうと努力しないので、修理にかけるコストも少ないです。そういった点から見ても、修理業者に持っていくより、事故した状態のままで査定に出したほうが、最終的にはお得になります。

 

よい買取業者に出会うためのコツ

よい買取業者に出会うためのコツ

 

事故車の買取業者はたくさんあります。そして買取業者もそれぞれで個性や特色があり、自分に合った業者を選ぶことができます。では、そんな自分に合った業者を選ぶコツはどんなものなのでしょうか?以下の点で探してみるとよいでしょう。

 

業者の自社サイトを調べてみる

実績がある買取業者は自社のホームページを持っている場合があります。ホームページには特色だけでなく、会社の実績が載っています。実績のある会社は、それだけの評価があるので、対応も優れていることが多いです。

 

ネットで口コミを調べてみる

日本全国で展開しているような買取業者は、ユーザーがネットで評価している場合もあります。実際に買取を依頼した人の意見ですから、ホームページでは分からなかった部分も見れます。ただし、ネットでの書き込みはすべて真実とは限りません。

あくまでも参考程度で考えて調べてみることがよいでしょう。

 

複数の業者に「一括査定」をしてみる

百聞は一見にしかず。という言葉があるように、調べてみるより直接業者とやり取りをするのが一番分かります。でも、依頼をせずに業者とコミュニケーションは難しいですね。そういった場合は複数の業者に一括査定することをおすすめします。

買取業者の査定は無料でおこなってくれるところが多いです。また複数に査定を依頼すると査定額の相場が分かったり、業者からの査定の説明の仕方で印象も分かります。また買取価格のよいところと取引をすればお得にもなります。

複数に査定依頼する手間はかかりますが、最近では一括査定も依頼しやすくなっています。お得になることばかりなので、一括査定はお得なワザになります。

 

まとめ

事故車は車種と時期が査定を変える要因になります。人気の車種は買取の査定がよくなりますし、車が売れる時期には在庫が欲しいので買取価格も高騰します。事故車といえども、ただ車を売るだけではもったいないです。

車種や時期、それ以外にも査定ポイントが上がる部分を意識して、複数の業者に一括査定を依頼することで、事故車なのによい結果が訪れるかもしれませんよ。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。