事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

もう?車の冬対策の季節!早めの雪対策でマイカーを安全・ポカポカに

無題ドキュメント

最新情報・レポート

もう?車の冬対策の季節!早めの雪対策でマイカーを安全・ポカポカに

もう?車の冬対策の季節!早めの雪対策でマイカーを安全・ポカポカに

 

車を運転する人は冬にも運転する人がほとんどですよね。車の冬対策をしっかりしていますか?冬対策をしないで運転すると以下のような事故やトラブルにつながることもあります。

「雪道を走っていたらスリップした」

「窓ガラスに付いた雪や霜のせいで視界が悪く、前の車に追突した」

「出かけ先で車のエンジンを入れようとしたら、バッテリーが上がってエンジンがかからない」

このような事故やトラブルを起こさないためにも、事前に冬対策をすることが重要です。今回の記事を読んで具体的にどのような対策をすればよいのかを理解して実践しましょう。

 

 

重要!まずは冬のカートラブル対応の予備知識を

冬のカートラブルで多いのは、雪が積もったときにおこるトラブル。その中でも新雪が積もった雪道を走っていたときに車がスタックする(雪やぬかるみに車輪を取られてその場から動けなくなる)トラブルが多いです。スタックしたときに備えてどのような準備をしておいた方がよいのか、スタックしたらどうすればいいのかを見ていきましょう。

冬のドライブ前に車に積んでおきたいもの

雪道で車がスタックしたときに対応できるように、以下の道具をあらかじめ車に積んでおきましょう。

  • ・牽引ロープ
  • ・スコップ
  • ・長靴
  • ・軍手
  • ・懐中電灯

 

上記の道具があればスタックしたとしてもスタック状態から脱出できる可能性が高まるでしょう。

 

スタックした!?雪で車が動かない時の対処法

道具を準備していても、いざ実際にスタックすると焦ってしまいますよね。せっかく用意しておいた道具もむやみやたらに使っては意味をなしません。スタック状態から脱出する方法を2つご紹介します。

・雪を踏み固める

ふわふわの雪を踏み固めて脱出する方法です。効率よく雪を踏み固める方法としては、スタックした車のギヤをニュートラル(N)にした状態で、車を前後に動かし踏み固める方法です。しかしこれは大人が数人いないと対応できません。もし大人の数が少なかったり、車が重かったりする場合は、スコップなどや人の足を使って踏み固めましょう。

 

・周辺の雪を取り除く

スコップを使ってタイヤの周辺にある雪を取り除く方法です。雪の量が多いと大変で時間もかかってしまいますが、であれば短時間で対応できるでしょう。 このように、状況に応じてスタック状態から車を脱出させてあげましょう。

どちらの方法を選ぶかはその時の状況よって変わるので、状況に応じた対応をとりましょう。

 

大雪で車中に閉じ込められてしまった時の重要ポイント!

猛吹雪でホワイトアウト(吹雪で視界が極端に悪く現在地や方角がわからない状態)しているときにむやみに車で移動すると、道から外れる可能性が高く危険です。ホワイトアウトしたときは、その場で停滞して吹雪が弱まるのを待つことが基本となります。停滞するときは安全のために以下の2点を行いましょう。

・ハザードランプを点灯する

もし停滞している場所が車道だとすると、ハザードランプを点灯させて自分の車の存在を見つけてもらうことが大切です。そうしないと、他の車が通ったときに存在に気付かず衝突してしまう危険性があるためです。

 

・マフラーの排気口を除雪する

停滞中は車内でエンジンと暖房をかけた状態で過ごすことが基本ですが、その場合にマフラーの排気口の雪だけは取り除いておきましょう。マフラーの排気口が雪でふさがっている状態で暖房をかけると一酸化炭素中毒の危険性があるためです。

大雪で視界が悪いときは、このように車内で停滞してむやみに車を走らせないようにしましょう。

 

車の冬対策~タイヤ・フロントガラス編~

車の冬対策~タイヤ・フロントガラス編~

 

冬に車に乗るときに悩ましいのが、雪道を走るときや車のガラスについた雪や霜ですよね。冬でも安全に走行するためには、走行する前に雪や霜の対策をすることが重要です。タイヤとフロントガラスに対して以下のような対策をしましょう。

 

スタッドレスタイヤは安心かつ対応環境が幅広い

夏用のノーマルタイヤで雪道を走ろうとすると、スタックしたりブレーキをかけてもすぐに止まらなかったりして大変危険です。雪道を走るときはタイヤにチェーンを付けるか、あらかじめスタッドレスタイヤに変えることで、ノーマルタイヤと比べて安全に雪道を走行できます。

今まで雪道を走ったことがない人はチェーンとスタッドレスタイヤ、どちらにしたほうがよいのか迷うかもしれません。そういう時は自分がどのような道路を走ることが多いのか、という観点で選ぶとよいでしょう。

チェーンは、雪がない道では振動が激しい、スピードが出しづらいという理由から、あまり踏み固められていない新雪が多い場所におすすめです。

しかし、街中の道路は除雪車が既に雪を溶かしてくれている可能性もあります。主に走る場所が、雪が降った山道ではなく街中を走ることが多い場合は、雪のない道路でも振動が少なく走行できるスタッドレスタイヤのほうがよさそうです。

 

車の窓を霜や雪から守れる、カンタンな対策

冬の寒い季節に車に乗ろうとしたとき、フロントガラス霜や雪のせいで全く外が見えない状態となることがよくあります。とても視界が悪いため、その状態で走ることは大変危険です。以下のように対策することでガラスを霜や雪から守ることができます。

・ボディカバーを付ける

車のボディカバーを付けることで、雪や霜の原因となる夜露がつくことを防げます。ボディカバーは車全体を覆うものがよく見られますが、毎回車を乗り降りするたびにカバーを外したり覆ったりすることは大変手間です。そういった場合は、窓のみを覆うカバーもありますので、ガラスに霜や雪が付かないようにしたいということでしたら、窓のみを覆うカバーを付けるとよいでしょう。

 

・霜取りスプレーを使う

ガラスに霜や雪がついてしまった場合、霜を取るために霜取りスプレーを使うと短時間で霜を取ることができます。お湯で霜を溶かすという方法もありますが、お湯を沸かす手間やお湯をバケツに入れて運ぶという手間を考えると、霜取りスプレーのほうが手軽に霜を取ることできるでしょう。

このような方法でガラスを霜や雪から守ることで、冬であっても霜や雪に悩まずに車に乗ることができます。

 

車の冬対策~エンジン・バッテリー編~

エンジンやバッテリーは目にすることが少ないため、トラブルが起きるまで気にしない人も多いのではないでしょうか。しかし冬にエンジンやバッテリーが原因でトラブルになるケースは、ほかの季節に比べて意外と多いのです。エンジンやバッテリーも冬対策をしましょう。

エンジン冷却水、劣化してない?

エンジンの冷却水は熱くなったエンジンを冷やして、エンジンがオーバーヒートを防いでくれます。エンジンの冷却水が劣化していると、エンジンを冷やす力が弱くなり、エンジンがオーバーヒートしてしまいます。

エンジンがオーバーヒートしてしまうとエンジンが停止して車が走らなくなってしまいます。そうならないためにも定期的に新しい冷却水に交換しましょう。

 

冬に機能低下しやすいバッテリー

ヘッドライトやエアコン、ワイパーなどは車に積んでいるバッテリーを使って動かしています。しかしバッテリーは寒さに弱いため、冬や雪が降るような寒い場所では本来の性能を十分に発揮することができません。そうなるとバッテリーが上がりやすくなってしまい、車のエンジンがかからないといったことがおこりやすくなってしまいます。

さらにバッテリーは使っていると劣化していき、長年使っているとバッテリーの容量がどんどん少なくなっていきます。携帯電話を使っていると買った当初よりバッテリーの持ちが短くなることと同じですね。

冬にバッテリーが上がることを防ぐためにも、定期的にバッテリーの交換をすることが大切です。バッテリーは2~5年といわれていますが、車の使い方によって左右されるため、2~3年ほどで新しいバッテリーに交換するとよいでしょう。自分でバッテリー交換することはそれなりの技術がいるため、バッテリー交換はディーラーやカーショップに任せましょう。

 

エンジンやバッテリーに不安があるなら、冬本番の前に対処を!

冬はエンジンやバッテリーのトラブルが多い季節です。エンジン冷却水やバッテリーを最近交換していないと思ったら冬に入る前に交換しておくことで、トラブルを避けることができるでしょう。

しかし、数か月以内に車を買い替えする予定がある場合、そのタイミングでエンジン冷却水やバッテリーを交換することはもったいないです。エンジン冷却水やバッテリーの交換時期だけどそろそろ車を手放そうかと考えているときは、少し売却する予定を前倒しすることも手です。

車を売却する場合は買い取り業者に査定を依頼してから実際に売却するまでにある程度の期間を必要とします。早めに売却先を決めて計画的におこないましょう。

車の売却先はディーラーや中古車販売店、買取業者などの選択肢があります。少しでも高い値段で売却したいということであれば、高い査定額をつけてくれやすい買取業者を見つけましょう。とくに事故車を売却する場合は、事故車を専門に取り扱う事故車買取業者がおすすめです。買取業者の比較サイトでは、効率的に買取業者を探すことができます。

 

車の冬対策~あったかドライブグッズ編~

車の冬対策~あったかドライブグッズ編~

 

冬の車内はとても冷えるため、とてもエアコンをつけずに運転などはできないでしょう。しかしエアコンはエンジンをかけてから温かくなるまで時間がかかるし、ガンガン車内を温めると乾燥したり頭がボーッとしたり、という悩みもあるでしょう。

そういう場合に、今はエアコンに頼らなくても暖かく車内で過ごすアイテムが売られています。いくつかご紹介しましょう。

 

シートヒーターやブランケットでポカポカ幸せ

シートヒーターはシガーソケットから電源を取り、車の座席にゴムベルトで取り付けられるものがあります。シートヒーターに触れる背中やお尻を温かくしてくれます。

また車用ブランケットもシガーソケットから電源を取って温かくなるものがあります。足の上に覆えば下半身が温かくなります。

シートヒーターとブランケットを併用することで体全体がポカポカと温かくなるでしょう。

 

ポータブル冷温蔵庫やポット

寒い季節、車内で温かいものを飲みながら運転するのもよいですね。ポータブル冷温蔵庫であれば、冬は温蔵庫として飲み物や食べ物を温かくすることができ、夏は冷蔵庫として冷たくすることができる優れものです。シガーソケットから電源を取り、温度の設定も変えられるため、1台あると普段使いからレジャーまで使える商品ですね。

また、車用ポット(電気ケトル)は飲み物やお湯を沸かすことができるため、温かいコーヒーや紅茶、お茶を飲むときはとても便利ですね。

 

ペットにも!あったかドライブシート

もしペットと一緒にドライブをされるのであれば、ペットを寒さから守るためのドライブシートもあります。ペットが乗る場所の下に敷くことでペットもポカポカ温かい車内を過ごすことができます。ドライブシートの広さもさまざまなので、ペットの大きさに合わせて選ぶのもよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。雪が原因で起こるトラブルがいまだに後を絶ちません。冬対策をすることはトラブルなく安全に運転するためには事前の対策がとても大切です。

今回は冬のトラブルを未然に防ぐ方法からトラブルまでをメインにご紹介しました。その中でも、冬に備えて定期的にパーツを交換したり、雪や霜を取ったりして安全な状態にしたうえで車を走らせることが大切です。

雪によるトラブルを未然に防ぎ、季節関係なく安全に運転できる状態を目指しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。