事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車は相続放棄してからでも大丈夫?車の財産価値を知り適切な処分を

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車は相続放棄してからでも大丈夫?車の財産価値を知り適切な処分を

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

 

家族が亡くなった場合などに遺産などを受け取る制度として「相続」というものがありますが、これを自ら放棄する「相続放棄」というものをご存知でしょうか。

 

親の財産を受け取らない代わりに、借金などの負債も引き継ぐ必要がなくなるため、「借金が多いみたいだから、親が亡くなっても相続放棄を考えている」という方もいるかもしれませんね。

 

今回は、「個人が車を所有していたが、相続放棄したい場合はどうすればいいのか?」「廃車は相続放棄をおこなってからすべきかどうか?」などについてまとめてみました。相続放棄を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

知らないと怖い?相続放棄の基礎知識

そもそも「相続放棄」とはどのような制度のことをいうのでしょうか。ここでは相続放棄に関する基本的な知識を説明していきます。

 

〇そもそも相続放棄って?

相続放棄とは、その名の通り「相続する権利を放棄する」ことです。たとえば親が亡くなった場合、通常であればその子どもは親の財産などを相続することになります。しかしもし親に借金などの負債があると、子どもはその借金についても責任を負わなければならなくなります。

 

このような場合、相続放棄がおこなわれることがあるのです。相続放棄をおこなうと、「相続する権利を放棄」しますので、親の借金については責任を負わなくてよくなります。

 

ただし、相続放棄をした場合、家や貴金属などの財産についても相続を放棄しなければなりません。相続放棄をおこなうかどうかは、受けられるメリットとリスクとを天秤にかけたうえで、慎重に判断する必要があるでしょう。

 

〇相続放棄には期限がある

故人が亡くなった際に「相続放棄」をおこなうには、期限を守る必要があります。その期限というのは、相続人が相続できるという事実を知った日から3か月以内と定められています。この期間を超過してから相続放棄を申し立てても、もうおこなうことができません。

 

また、相続人が相続できるという事実を知った日から3か月以内に相続放棄の申し立てをおこなわない場合、「単純承認」をしたものとみなされます。単純承認をしたとみなされた場合、「相続できる財産はすべて相続する」という意思表示をしたことになりますので、故人の借金などの負債からも逃れることができなくなってしまいます。

 

また、放棄したはずの財産を少しでも隠したり、処分したり、使ったりしてしまっても、この「単純承認」とみなされてしまいますので注意が必要です。

 

〇相続放棄をしないとどうなる?

相続放棄をしないと、相続できる財産はすべて相続することになり、借金などの負債についてはその責任を負うことになります。もちろん住宅や貴金属などの財産を受け取れるというメリットもありますが、故人のかかえていた借金などが莫大な金額であったりする場合は、きちんと相続放棄をおこなわないと大変な目にあうこともあるでしょう。

 

廃車は相続放棄後もできる?故人の車の取り扱い方

車検費用が高くなるのはこんな車

 

「相続放棄するとしても、親が残したこの車はどう処分すればよいのだろう……」と悩んでしまうこともあるかもしれません。兄弟などが相続してくれればよいですが、他に相続人がいない場合は処分に困ってしまいます。そこでここでは、「名義が故人のままでも廃車にできるものなのか?」「廃車は相続放棄後であってもできるのか?」などについてご紹介します。

 

〇名義変更すると債務も相続になる?

たとえ相続放棄したあとであっても、故人の車の名義を自分に変更してしまうと、「単純承認」をしたとみなされてしまいます。「単純承認」とみなされてしまうと、「相続する意思がある」ということになってしまい、故人の借金などの負債も相続することになります。したがって、相続放棄をしたい場合は、故人の車の名義変更はしないようにしてください。

 

〇財産価値がある場合

故人の車に財産的価値が残っている場合、勝手に売却したり廃車にしたりすると、「単純承認」とみなされてしまうおそれがあります。したがって相続人全員が相続放棄をした場合、車の処分をおこなうためには、家庭裁判所の選出する「相続財産管理人」にこれをおこなってもらう必要があります。しかし相続財産管理人を申し立てるためには、費用として最低でも20万円程度はかかってきてしまうため、ハードルはそれなりに高いといえるでしょう。

 

〇財産価値がない場合

登録後5年~10年以上経過した車であれば、財産的価値がゼロであると判断されることがあります。その場合であれば、その自動車を廃車にしても単純承認とみなされる可能性は低いでしょう。

 

実際に廃車にする際は、その車の価値がないことを証明する書類を取ったうえでおこなうようにしてください。価値の証明は、中古車販売店や自動車査定協会などにおこなってもらいましょう。また、その場合の廃車は相続放棄後であってもできるのが通常です。

 

ローンの状態により対処法も変わる

車の場合、ローンを組んで購入している場合も多いものです。そして実は、廃車を相続放棄したあとにおこなう場合、このローンの有無で対処法に大きな違いが出てくるのです。ここではその違いをご説明します。

 

〇ローンが残っている場合

ローンが残っていると、車検証上の所有者の記載によって、ローン会社などに所有権が移ります。その場合、廃車は当該ローン会社などがおこなう権限を持つことになるため、相続放棄に影響することなく車を処分することができます。

 

〇ローン完済した場合

ローンをすべて支払ってしまっている場合、廃車が困難になる可能性があります。というのも、ローンをすべて支払ってしまっているということは、所有権は故人にあるということ。所有権が故人にあるものを、相続放棄した人間が勝手に処分してしまうと、「単純承認」とみなされて、相続を放棄した効力がなくなってしまうおそれがあるということです。

 

ただしその車の価値がゼロであると判断されれば、処分をしても単純承認とはみなされない可能性が高いので、まずは買取業者などに査定に出してみるとよいでしょう。

 

車の価値が分からないときはどうすればいい?

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

 

ここまで述べてきたとおり、相続放棄した人が故人の車を処分するためには、「その車に財産的な価値がないこと」が重要となってきます。一般的に、登録後5年~10年以上経過している車であれば、「財産的価値がない」と判断してもらえることが多いようです。とはいえ、車の財産的価値を自分で判断するのは難しいものです。

 

そんな場合は、中古車販売店や自動車査定協会などに査定の依頼をしてみましょう。自動車査定協会の場合、査定は有料ですが、中古車販売店などの買取業者では無料で査定を出してくれるところもあります。そこでもし「財産的価値はない」と判断されれば、相続放棄をしていても故人の車を処分することができます。

 

「でも業者によって査定額に違いがあるのでは?」と心配な場合は、複数社から一度に査定を提供してもらえる一括見積り査定サービスなどを活用するのもおすすめです。複数社からゼロ円の査定がもらえれば、より安心して処分がおこなえるでしょう。

 

まとめ

さて今回は、「故人の自動車の廃車は、相続放棄後もできるのか?」「対処法にはどのようなものがあるのか?」などについてご紹介してきました。まとめると以下のようになります。

 

・「相続放棄」をすると、財産を受け取らない代わりに借金などの負債も免除される

・故人の財産を勝手に処分したりすると「単純承認」とみなされ、相続放棄が無効になってしまうことがある

・財産価値のない車であれば、廃車にしても「単純承認」とはみなされないため、相続放棄していても処分ができる

・ローンが残っていればローン会社に処分の権限がある

・財産価値のない車かどうかが分からないときは、買取業者などに査定をお願いしよう!

 

せっかく相続放棄をして借金などを免れたのに、車の処分をしてしまったことで単純承認とみなされてしまったら悔しいですよね。適正な手続きを経て、せっかくした相続放棄の申し立てが無駄にならないようにしましょう。故人の車の処分を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。