事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の行方は?愛車を売却した後の活躍ぶりを調査しました

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の行方は?愛車を売却した後の活躍ぶりを調査しました

事故車の行方は?愛車を売却した後の活躍ぶりを調査しました

 

「事故車の買取をしてくれる業者があるらしい。けれど、すでに乗れない状態の車はそこで、どのように扱われるのだろう……。」そんな疑問を抱いていませんか?事故車の処分先は、廃車だけではありません。買取をしてもらうことによって、新たに活躍の場を作ることもできるのです。

今回は業者が事故車を引き取った後の、事故車の行方についてご紹介します。事故でボロボロの車がどう利用されるのか、気になりますよね。そんな疑問はこの記事で解決。これからは夜眠れなくなることもありません!

事故車を買取してもらう前に、気になることはスッキリさせておきましょう。ぜひ最後まで読んでみてください。記事の最後には、事故車買取を依頼する業者を選ぶコツも紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

 

 

事故車の行き先は廃車だけではない!海外にだって飛び出します

事故をして乗れなくなった車の処分先といえば、普通に考えたら廃車が出てきますよね。しかし、事故車の使用用途には、ほかにも広い選択肢があるんです。ここでは事故車の行方のなかで、「廃車行き」以外のものをご紹介します。

修理して国内販売

事故をした車がすべて車としては使えないかといわれると、そうではありません。事故車でも引取先の業者が修理用の部品を持っていた場合や、同じ車種の事故車がある場合は、お互いの部品を組み合わせて再度使えるように修理することもあります。

また、事故車が珍しい車種のもの、プレミアが付いた価値の高いものであれば、費用がかかっても修理し、日本国内で販売するケースもあるようです。多少の傷があってもその車に乗りたいというほどの人気の車であれば、このようなケースも見込めます。

 

海外へ輸出

メイドインジャパンはひとつのブランドです。日本には世界的にも有名な車のメーカーがいくつもあるのはご存知のとおりでしょう。日本の車の部品や素材自体にも値段が付き、海外で広く販売されています。

たとえばエンジンはオーバーホールをして再利用され、サスペンションも需要のある国では高く取引されているようです。車丸ごとの状態のみならずエンジンなどの部品になっても価値の高さは折り紙付き。日本製の部品は海外では安心と信頼の証になるのです。

 

オークションにかける

事故車の修理や輸出をおこなう業者は、時折オークションを使って車や部品を落札することもあるようです。そのため、事故車をオークションに出品することも事故車の主な行方のひとつです。

このように、事故車の行き先は日本国内よりも海外が主です。日本では事故を起こした車はそれだけで購入しない理由になりますが、海外ではそれでも人気があります。車や部品は事故にあってもまだまだ現役。事故車にとっては、海外が主戦場なのです。

 

廃車同然の事故車…解体すればパーツがアチコチへと売れていく!

廃車同然の事故車…解体すればパーツがアチコチへと売れていく!

 

「事故車の状態が廃車も同然…」そうなってしまっては、もはや値段が付くわけもないと諦めてしまってはいませんか?しかし、諦めるのはまだ早いです。前述したように事故車は部品単位で取引されることもあるものです。

たとえ事故車の状態が酷いものであっても、部品ごとに見れば再利用できる可能性があります。このとき市場の中心となるのも海外です。日本ではよほど状態のよいものでなければ取引されることはありませんが、海外なら十分取引をすることが可能です。

海外で部品をやりとりする地域のうち、とくにリサイクル技術が発達したところでは、解体した部品を組み合わせて「再生車」を作ることもあります。再生車のベースになるのはすべてが事故車の部品。事故車の部品から車を再生までさせる技術には脱帽ですね。

 

愛車を手放すなら断然廃車よりも買取へ

せっかくの愛車です。たとえ事故に巻き込まれたものとはいえ、廃車にして日の目を見ることなく役目を終わらせるのは悲しいものです。それなら買取に出し、車や部品を新しいオーナーに使ってもらったほうがよいでしょう。

廃車よりも事故車買取のほうがよい理由

事故車は廃車にするのに手間がかかる上、廃車費用もかかります。時間もお金もかかる作業。対して事故車買取では手間はかかりますが、買取費用としていくらかのお金がもらえます。それなら断然「買取」を選択するほうがおすすめです。

 

ディーラーの下取りに出すのは損?

車の取引といえばカーディーラーです。車メーカーの正規のお店で、とくに車を購入する際には真っ先に名前が挙がる購入先のひとつでしょう。しかし、事故車をディーラーに下取りに出すのは、あまりオススメの方法とはいえません。

ディーラーの仕事は、あくまで車を「売ること」です。車の買取、こと事故車買取についていえばディーラーはほぼ専門外ともいえます。下取り価格に大きな金額をつけることはもちろん、事故車の買取自体にも消極的といわざるをえません。

ディーラーを利用するときは、ほとんどの場合新車を購入するときではないでしょうか?タイミングとして、事故車を手放すのに最適といえます。

しかし、事故車を下取りに出すのは控えるのが正解です。事故車はできるだけ、買取専門業者への買取依頼をするように心がけましょう。

 

事故車だって高額査定をつけてほしい!一括査定で相見積りを

事故車だって高額査定をつけてほしい!一括査定で相見積りを

 

買取をしてもらうのが事故車とはいえ、その買取価格にも妥協をしたくないところでしょう。極力高い金額で買い取ってもらいたいとは誰しもが考えることです。事故車を売却するときは、中古車買取のときと同様に、いくつかの業者に見積りを依頼しましょう。

いくつかの業者に見積りを依頼することを相見積りといいます。相見積りをすれば事故車の買取金額の相場を知ることもでき、安い金額で買取しようとする業者との取引を避けることにもつながります。

さらに細かい業者の精査は公式サイトを確認

相見積りを取って、同じような買取価格を提示してきた業者がある場合、業者の公式サイトを確認して1社を決めるとよいでしょう。公式サイトには今までの買取実績や事例が掲載されていることが多く、業者の信頼性を見極めるためにはとても有効です。

また、事故車買取を依頼する際によくあるのが、「中古車買取」の業者に買取依頼を出してしまうことです。中古車と事故車、見るところは同じでしょうと考えてしまいがちですが、実際は大きく異なります。間違えやすいので、依頼の際は注意しましょう。

 

まとめ

「事故車の行方が気になる…」そんなかたは意外と多いようですね。事故車の主な行き先は「修理販売」「海外への販売」「オークション」です。事故車はそのまま使われることよりも、部品ごとに活躍できる場所へ飛び立つことが多いのです。

使っていた車が事故車に……そんなときはすぐに廃車にしてしまうよりも、一度事故車買取を依頼することを検討してみましょう。廃車では手続きの費用や手間がかかりますが、事故車買取なら、手元に現金が残る可能性もあり、新しい車の購入資金にも充てられます。

事故車とはいえ愛着のある車です。次に活躍できる場所があるなら、できるだけ活かしてあげたいところですよね。そんなときはぜひ今回の記事の内容を参考にして、事故車買取を検討してみてください。事故車の新しい活躍の場を作れるかどうかは、あなたの選択次第です。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。