事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

買った中古車が事故車?トラブルを防ぐ事故車の調べ方と正しい対処法

無題ドキュメント

最新情報・レポート

買った中古車が事故車?トラブルを防ぐ事故車の調べ方と正しい対処法

買った中古車が事故車?トラブルを防ぐ事故車の調べ方と正しい対処法

 

新車よりも随分と安い中古車。経済的にありがたい存在ですが、購入時には問題なく走ってくれるのか不安がつきまといますよね。中古車とはいえどもお金を支払うのですから、価格相応もしくはできるだけ高品質な車を選びたいものです。

中古車を購入するときは、目を付けた車が「事故車」ではないかにとくに注意して、じっくりと確認すべきです。修復したことのある車(事故車)は修理して見た目はよくても、部品をとっかえひっかえ交換しているので、さらなる事故になる可能性が高まってしまうからです。

今回は、中古車を購入する際に事故車を見破るポイントを中心にご紹介します。購入してしまってから事故車だとわかった場合の対処方法についても解説しますので、購入後で困っている方もぜひ参考にご一読ください。

 

 

事故車でないか自分の目で確認するには?

事故車というのは、事故を起こしたことのある車を指します。中古車販売業者は、修理したことのある修復歴ありの事故車に「修復した」と明記するよう義務付けられているのですが、残念なことに明記されないケースもあるようです。

また、どのパーツを修理したのかを販売業者が把握していないまま「修復した」と明記されている場合もあり、そうなればどう修理されているのか、購入者にはわかりません。

では、できるかぎり自分の目で確認するにはどうすればよいのでしょうか?

ボディーのすきまの「間隔」にバラつきがないか

車が大きく破損してきれいに修理したつもりでも、わずかな歪みや隙間が見られることがあります。具体的に、次のようなことに注目してみましょう。

  • ・ドアとボディの隙間が一部分だけ大きくないか
  • ・遠くから見て骨格が歪んでいないか
  • ・ボンネットやバンパーの隙間に異常はないか

 

タイヤ周りの間隔に違和感はないか

タイヤを見るときは、フレーム周りとの距離が等間隔になっているか要注目です。

タイヤ周りを覆っているフェンダーやタイヤハウスとタイヤの隙間が左右上でほぼ同じ間隔になっていなければ、もしかするとフレームに異常があるせいかもしれません。

 

ネジ塗装の剥げ、トリムやゴムなどに塗料の付着

ネジは修復歴には関係ないこともありますが、ネジに違和感を覚えるようであれば、なんらかの修理作業をした可能性があります。

修理のためにネジを回した際、塗装が剥げたり、傷がついたりすることがあります。もしもボンネットやドアについているネジが怪しいと感じたら、事故車ではないか確認が必要です。

 

車体を下から見てチェックする

できれば、車体の下を確認しましょう。下から見ることで、塗装の均一さや骨格の歪みがないかが分かります。

一部分だけ塗装の色が違うように感じたり、形状が曲がっている部分があれば、事故車のおそれがあります。

 

ほしい中古車の事故歴の調べ方

ほしい中古車の事故歴の調べ方

 

先ほどご紹介した方法で見た目をチェックした後、「購入したいけれど歪みや隙間が見つかった」「本当に事故車でないのか気になる」という場合には、もっと詳しくその車を調べてみるとよいかもしれません。

素人目でチェックするよりも、査定士や点検記録を頼りにしたほうが安心感は大きいです。ここでは2つの方法をご紹介します。

 

日本自動車査定協会に調査してもらう

事故車かそうでないかを調べるうえで一番信頼できるのが「日本自動車査定協会」です。 日本自動車査定協会に査定を依頼すると、中古車が事故車であるか、どの程度損傷が残っているのかを調べてもらえます。同時に、販売額が本当に適正なのかもわかります。

依頼費用はかかりますが、査定士の目でチェックしてもらえるので、事故車の見分けはより正確になります。

 

点検記録簿をチェックする

日本では比較的厳しい車検が義務付けられています。この車検の際にはどこをどのように点検・整備したのかを記録します。この記録は最低でも1年間は保管されていなければならないものです。

点検記録を見せてもらったときに、記録が全く残っていないなら、点検がきちんとおこなわれていない、もしくは事故車だということを隠すために記録が消去された可能性も考えられます。

対照的に、これまでの点検歴がすべて残っている場合もあります。このような自動車はきちんと車検や整備を受けている車ですので、安心できます。

 

買った中古車が事故車であることが発覚したら……

もしもすでに買って乗りはじめて車が事故車だとわかったら……ショックですよね。事故車は修復したことがある分、再び不備が起こる可能性が高まります。

では、中古車販売業者が本当は事故車なのにそうではないと偽っていたら、どのように対処すべきなのでしょうか。対処する際に知っておくべき「事故歴」と「修復歴」の違いとともに、対処方法を詳しくご紹介します。

「事故歴」と「修復歴」の定義の違いについて

事故車に関わるキーワードに「事故歴」と「修復歴」があります。それぞれの違いを理解しましょう。

事故歴:

衝突事故などなんらかの事故に遭った際に被害を被った自動車に事故歴が付きます。車と車の衝突でなくとも、電柱にフレームをぶつけたなどといった場合にも事故歴が付きます。

 

修復歴:

自動車の骨格部分、詳しくはピラー、ダッシュパネル、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、フレーム、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネルのうちどれか1つでも修復したことがある場合に付けられる記録です。事故以外にも、地震や火災など災害によって故障した場合にも、修理すれば修復歴が付きます。

 

販売店には「事故歴」を開示する義務はない

骨格を修理したことを示す修復歴は、中古車として販売されるときに明示されることが義務図けられていますが、事故歴に関しては表示の義務はありません。

ということは、衝突事故で傷つけやすいバンパーやボンネットといった部分を修理していたとしても、中古車販売業者はそれを表示していないことが多いということです。

 

販売店が「修復歴」を偽っていた場合の対処法

修復歴を偽っていた場合には、販売店に責任があります。まずは日本自動車査定協会にきちんと査定してもらい、本当に事故車であることを認める書類を作成してもらいます。その後、販売店に書類を持っていきましょう。交渉をして契約解除をしてもらえるのは、5年以内と決められています。時効になる前に、早めに行動しましょう。

査定書を見せても中古車販売店が認めない場合、裁判にもっていくという方法もあります。そうなれば相当の労力と時間がかかります。裁判で買ったところできちんとお金がすべて帰ってくる補償もありません。そのため、できるだけ書類の提示で済ませられるように尽くしたほうがよいでしょう。

 

事故車は正しく手放して、しっかりお金に!

事故車は正しく手放して、しっかりお金に!

 

事故歴のある車を購入してしまった場合は、販売店に事故歴の表示義務がないため、残念ですが契約解除や返金に取り合ってもらえないケースがほとんどのようです。

事故車に乗るのが嫌なら、もう一度買い替えるのもよいかもしれません。事故車だと廃車するしかないというイメージが強いですが、事故車を買い取ってくれる業者はあります。車販売をおこなっているディーラーよりも、事故車買取業者や廃車をおこなう業者の方が高く査定してくれる可能性が高いです。

査定する際は複数の業者に査定してもらい、相場や一番高額に買取してくれる業者を見極めましょう。ネット上の無料一括査定サービスなどを利用すると、時短になり便利ですよ。

 

まとめ

事故歴と修復歴の違いや表示の義務について分かっていないと、中古車が過去に事故したかしていないのかを正しく判断できません。長く安全に走行できる中古車を見つけるためにも、今一度事故車のチェックポイントを振り返りましょう。

もしも修復歴がないと思って購入した中古車が修復歴のある車だと発覚したのなら、まずは日本自動車査定協会で査定してもらい、証拠書類を販売店に提出することからはじめましょう。

今後の事故の心配が残るようでしたら、買取に出して買い直すというのも1つの手です。その際は、今ある車は査定に出して高額買取してもらいましょう。そして、事故車の見分けをきちんとおこない、安全な車を選びましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ