事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車買取における注意点とは?高額査定には業者選びが肝心です!

最新情報・レポート

事故車買取における注意点とは?高額査定には業者選びが肝心です!

事故車買取における注意点とは?高額査定には業者選びが肝心です!

 

事故車は廃車にするよりも、買取業者に売却したほうが圧倒的に旨味があります。しかし、その事実を知らない人は多く、結果的に損をしてしまっていることもあるようです。

事故車は買取を選択したほうが正解です。今回の記事では事故車買取の注意点について解説していきます。廃車よりも買取を選択したほうがよい理由や、実際の買取時に気を付けたいポイントについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

事故車は廃車として処分するしかないの?…そんなことはありません!

事故した車の選択肢、廃車だけではありません。事故車には廃車として処分する以外にも、買取業者に依頼をして、買い取ってもらう方法があります。

事故車は廃車にするにしても、リサイクル費用や解体費用がかかります。ただでさえ処分に困っている車です。できれば手間も時間も、費用もかけたくはないところでしょう。そんなときの最善の選択肢が、事故車を買い取ってもらうことです。

 

事故車の修理はしなくてもよい

事故車買取のとき、まず考えるのが「修理をしたほうがよいのか」ではないでしょうか?修理をすれば買取費用が上がるかも、それなら修理をしておきたいところ。そう考えるのは自然の流れでしょう。確かに事故車は修理をすれば、買取金額は上がるでしょう。

しかし、場合によっては修理にかかった費用を回収できない可能性もあります。そうなってしまっては本末転倒、修理後に後悔をしても後の祭りです。事前に修理費用を回収できる明確な確信が持てなければ、買取前の事故車修理は避けたほうがよいかもしれませんね。

 

火災や水害の被害にあった車、でも諦めないで

事故車の買取には、火災や水害で被害にあった車も含まれます。表面上は焦げてしまったような車や、シートの上まで水に浸かってしまった車。もう乗れないからとすぐに廃車にしてしまうのは早いです。

事故車買取では、車としては乗れない状態にある車も引き取ってもらうことが可能です。その秘密は車に使われている部品にあります。

車全体で見たときには使えないようなものでも、部品で見たらまだまだ現役。そんな部品の価値を見出すのが事故車買取業者なのです。事故車は業者にとっては一種の宝の山です。「廃車にするしかない」と考える前に、まずは業者に相談してみてください!

 

事故車をスムーズに売却するための注意点

事故車をスムーズに売却するための注意点

 

事故車買取をスムーズに進めるためには、いくつかの注意点があります。これらのことを知っておけば事故車を買い取ってもらうときにも、効率よく進めることができるでしょう。

 

「事故車」を専門に取り扱っている業者かどうか

事故車は中古車ではありません。事故車は必ず「事故車を扱う業者」に売却するようにしましょう。事故車は状態によって修理して国内で販売されるか、海外で販売されるか、部品として使われるかが決まります。これらは中古車業者にはない車の使用方法でしょう。

反対に事故車の買取を中古車買取業者にまかせてしまうと、その価値を見出してもらうのが難しくなってしまいます。なぜなら中古車買取業者は修理や掃除をして、国内で再販売をするのが主になるからです。事故車の買取は必ず事故車を扱う業者に相談しましょう。

 

これまでの修復歴をきちんと相手に伝えられるか

事故車買取の注意点のなかでも、とても気を付けたい部分です。車の事故や修復歴は、必ず誠実に伝えるようにしましょう。自分で判断がつかない部分は、査定前に査定員に相談してみるのもよいですよ。

自分から伝えなくても相手は査定のプロ、隠そうとしても必ず見破られてしまいます。査定中にハラハラするのは避けたいところでしょう。寿命も縮みそうです。それなら自分から伝え、査定員の心証をよくしたほうが何倍も賢明な判断ではないでしょうか。

もし事故車の事故や修復歴の事実を黙っていた場合は、後々のトラブルにも発展します。そのトラブルは最悪の場合、事故車買取のキャンセルや、お金の絡んだトラブルの引き金になってしまうこともあるのです。事故車の状態は必ずすべて、包み隠さず伝えましょう。

 

手続きを早めにおこなってくれるか

事故車を業者に引き渡したあとは、車に関する手続きを早めにおこなってくれるように話してみましょう。自動車税は年度をまたぐと翌年分まで請求がきてしまうこともあります。車は手元にないにもかかわらずです。

「事故車を売却できてホッと一息、そんなときに自動車税の納付通知が届いたら……」。そんなラブレターは必要ありません。事故車を買い取ってもらうときは、必ず手続きがいつ頃終了するのか、目安でもよいので確認をしておきましょう。

 

どこに頼むのが正解?まずは一括査定を依頼しよう

事故車の買取を依頼する業者は一括査定、簡単に素早く買取金額の比較ができる「比較サイト」で探しましょう。ひとつひとつ見積りを依頼するのは骨が折れる作業ですが、まとめておこなえば手間も時間も大幅に節約することができます。

また、事故車の買取価格相場を知ることもできるので、悪質な業者に安い価格で事故車を売却してしまうリスクも避けられます。一括査定はとても簡単に、かつ効果の高い方法です。ぜひ試してみてください。

 

高額査定を希望するなら、業者選びに注力すべし

高額査定を希望するなら、業者選びに注力すべし

 

一括査定でザックリとした買取金額の相場を調べたら、さらに細かい部分から事故車の買取業者を洗い出していきましょう。ここではそのためのコツを3点ご紹介します。

 

業者の専門性を把握する

車のなかには人気の車種、趣味として乗るのに人気のある車までさまざまなものがあります。これらの車は部品などにも価値があります。とくに古い車であればなおさらでしょう。数は少ないですが、お住まいの地域にあれば専門性の高い業者に相談してみてください。

 

査定時の対応を見る

査定時に査定員の対応を見ることも、業者選びにおいては重要です。とはいえ作業中にじっと査定員の動きを監視する必要はありません。目を向けるのは車の状態説明についてです。

車の説明が詳しいということは、車の状態を詳しく把握しているということです。査定員の理解が深ければ深いほど説明は詳しく、査定額にも影響するおそれがあるのです。

 

査定の時間もチェックを

査定にかける時間も、業者を判断するためのひとつの要素です。査定にかかる時間の目安は約10分。10分よりも車を見る時間が短ければ、その業者への買取依頼は危険信号です。適当に確認をして査定を終え、曖昧な判断で買取金額を決めている可能性もあります。

対して査定に時間をかける査定員は、車の状況を把握しようとしているため信頼性は高いといえます。査定の時間は10分以上が目安です。もちろん不慣れな査定員という可能性もありますので、上記の車の状態説明と併せて、業者の判断基準としてみてください。

 

まとめ

ここまで事故車買取の注意点について、解説してきました。まずは大前提として、事故車は廃車以外に買取という選択肢があることを覚えておいてください。事故車買取を依頼する業者は、必ず事故車を取り扱っている業者を選ぶようにしましょう。

細かい確認の項目は本文で触れてきたとおりです。買取業者を選ぶときはまずは一括査定を取りましょう。次に、より詳しく業者を絞る際には「業者の専門性」「査定時の対応」そして「査定の時間」を確認するようにしてください。

事故車の買取金額はもしかすると高額になる可能性もあります。廃車の手間や時間がかからないだけでなく。買取による収入を得ることもできる。これらのメリットを利用しない手はありません。すぐに処分をするよりも、業者選びは入念におこないましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ