事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の処分費用をできるだけ抑えたい…どんな方法がおすすめ?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の処分費用をできるだけ抑えたい…どんな方法がおすすめ?

事故車の処分費用をできるだけ抑えたい…どんな方法がおすすめ?

 

もう乗れなくなってしまった事故車にお金をかけるよりも、その費用は新しく購入する車のための資金に充てたいところですよね。そんなかたに朗報です。事故車の処分費用を抑える方法があります。

事故車の処分費用を抑えるためには「事故車買取」を選択するのが正解です。もうひとつメジャーな事故車処分の選択肢には「廃車」がありますが、廃車の道はイバラの道です。当コラムでは買取を中心に、事故車の処分費用を抑えるための方法を伝授します。

これから事故車の処分をする必要があるかたは、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

事故車の処分方法は3通り

「事故車を修理して乗り続ける」「事故車を買い取ってもらう」「廃車にしてしまう」。これら3つが、事故車の主な処分の方法です。下記で詳しく解説します。

 

事故車を修理して乗り続ける

事故車が修理して乗れる程度の損傷であれば、修理して乗ることが可能です。しかし、車体に大きな損傷があったり、車の骨格部分にまで損傷が及んだりしている場合は、修理ができてもかかる費用は高額になってしまうことがあります。

愛着のある車や、まだまだ新しい車であれば、修理を検討してもよいでしょう。しかし、車は修理しても維持のためにお金もかかります。今後の使用年数や、状態によって判断するのがよいでしょう。

 

事故車を買い取ってもらい、新車を購入

事故車の状態が修理しても乗れない場合や、修理費用が高額な場合は、事故車の買取を検討しましょう。事故車を売却することである程度の収入にもなり、もし新車を購入するにしても、資金の補填(ほてん)に回すことができるでしょう。

事故車の処分費用をかけず、かつ買取分の臨時収入が得られる。現実的に事故車買取は一番オススメできる事故車処分の方法です。

 

廃車にして新車を購入

事故車がまったく乗れないのであれば、廃車にしてしまうという手もあります。しかし事故車を廃車にするためには手続きも必要なうえ、時間もお金もかかります。事故車を廃車にするためには、下記のような費用がかかります。

 

  • ・リサイクル料金
  • ・車の解体費用
  • ・廃車手続きの書類作成費用

 

これらに加え、事故車を動かすことが難しい場合は、レッカー車による移動のための費用がかかることもあります。また、作業の代行業者などもありますがそのぶん費用も加算されてしまいます。

ディーラーでも廃車手続きは対応してくれることがありますが、費用はさらに高額になる可能性は否定できません。

 

事故車買取を前向きに検討してみて!

事故車買取を前向きに検討してみて!

 

事故車の処分方法は主に上記の3点です。事故車が修理して乗れるような損傷であれば、修理をして乗るのももちろんよいでしょう。愛着のある車ならなおさらです。

一方で、廃車を選択肢に加えるのは避けたほうがよいでしょう。手間や時間にお金もかかります。事故車を廃車にするのであれば、買取業者に依頼をしたほうが圧倒的にラクラク。処分の手間も少なくなり収入にもなる。まさに一石二鳥、いや三鳥です。

これから事故車の処分を検討しているかたは、ぜひ事故車を買い取ってもらうことを前向きに検討してみてください。次の項からは、事故車を売却するときに知っておきたいお役立ち情報と、注意点を解説します。事故車の処分費用を減らすことにもつながりますよ。

 

高価買取を実現させるためにやるべきこと

事故車の処分費用をなくし、反対に収入を生む。そんな魔法のような仕組みが、事故車買取です。せっかく事故車を買い取ってもらうのであれば、1円でも高く買い取ってもらいたいところでしょう。そのためのポイントを、ここでは解説していきます。

 

一括見積りでよりよい業者を探す

一括査定は「相見積り」と似ています。相見積りとは、複数の業者に費用の見積りを依頼する方法です。簡単に、効率よく費用と内容がよい業者を選ぶための方法。その買取バージョンが「一括査定」です。

一括査定ではいくつかの事故車買取業者から、査定額を受け取ります。それらのなかで一番買取費用が高いもの、一番内容が充実している業者を選ぶのが、事故車を売却するときの最大にして最重要なポイントです。

そんな一括見積りを簡単に終わらせるなら、インターネットにある「比較サイト」を利用するのが最善策です。車の年式や走行距離、車種を入力するだけで簡単に買取費用の比較が可能。手間なくサクッと、事故車買取には比較サイトの利用が欠かせません。

 

査定の前に!やっておきたいこと

実際に事故車の査定をしてもらう前に、やっておいたほうがよいことが2点あります。

・洗車をする

「事故車を洗車する?」疑問に思ったかたも多いでしょう。事故車を洗車することで査定員の、「心証」をよくすることができます。「心証なんて、買取にはまったく関係ないでしょ?」そんな声も聞こえてきますね。しかし、その考えは修正が必要かもしれません。

事故車を見る査定員も人間です。買取にはある程度の相場があるとはいえ、最終的な金額を決定するのは車を見る査定員です。その人の心証をよくすることはよい点こそあれ、悪い点はありません。

 

・事故車の情報や相場を把握しておく

事故車とはいえ、その車の種類によって、買取価格は大きく変動します。そのため、車の情報や価格相場を知っておくのは大切。知らなければ査定員の話に対して「ウンウン」と耳を傾けることしかできません。

悪質な買取業者がいないとは信じたいところですが、無知の状態で査定を受けると、相場からかけ離れた「圧倒的な安値」で買い叩かれてしまうこともあります。そうならないように、最低限車の情報や買取相場は把握しておきましょう。

 

修理した車を査定に出すのはNG!それは一体なぜ?

修理した車を査定に出すのはNG!それは一体なぜ?

 

事故車買取を依頼する前に、「修理したほうが、買取価格が上がるのでは?」と考える人も多いでしょう。その発想は半分正解、半分は不正解です。

事故車の修理でかかった費用は、確実に買取で回収できるとは限りません。一般的に修理費用と買取価格上昇を天秤にかけた場合は、修理費用のほうがかかってしまうことのほうが多いのです。こちらは半分不正解の部分です。

もう半分の正解部分は、自分で修復できる箇所がある場合です。とはいえ自分で修復できる範囲は表面の傷の修復や、汚れをなくすことくらい。もし失敗をして傷をつけてしまった場合には、それが原因で買取額の減額につながることもあります。

そのため、事故車買取前の修理はしないほうが賢明です。手間も時間も節約して、最大限の利益を得たほうがよいでしょう。

 

まとめ

事故車の処分方法は3つです。

 

  • ・修理をして乗り続ける
  • ・事故車の買取を依頼する
  • ・廃車にする

 

このうち、事故車を修理すれば十分に乗れる程度の損傷であれば、修理を選択してもよいでしょう。しかし廃車を選ぶつもりならば、少し待ったほうがよいかもしれません。廃車は事故車の処分費用もかかりますし、手間も時間もかかります。

廃車を選択するのはNG。それなら事故車買取の業者に依頼をしたほうがよいでしょう。労力も節約でき、買取による収入も発生します。車によっては思いがけない宝の山に化ける可能性もあります。事故車買取を選択しない理由はないでしょう。

これから事故車の処分をしようと考えていたかた、「もう乗れないから……」と諦めるのはまだ早いです。事故車の選択肢は無限にあります(とはいえ3個ですが……)。ぜひ今回の内容を参考にして、失敗のない事故車処分を実現させてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。