事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車を廃車に…保険解約はどうすべき?解約手順と2つの注意事項

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車を廃車に…保険解約はどうすべき?解約手順と2つの注意事項

こちらもチェックしておきたい!輸入車の「維持費」について

 

車を修復することができないほどの大きな事故をおこしてしまった……。そのようなとき、車は廃車になります。廃車になってしまったとき、今まで入っていた保険はどうするといいのか、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は廃車になったとき、今まで加入していた保険をどうするといいのか、保険解約はできるのかについてお伝えします。現在、事故車が廃車になり、保険について悩んでいる方のお力になれると幸いです。

 

 

事故車を廃車へ…保険解約はいつ行えるの?

廃車になってしまったとき、いつ保険解約をおこなえばいいのでしょうか?ここでは保険の種類に分けてお伝えしていきます。

 

【任意保険】 廃車前・廃車後でもできる

任意保険は、加入している方と加入していない方がいらっしゃいます。任意保険は、自賠責保険と異なり、廃車前でも後でも解約手続きをおこなうことができます。

 

廃車前に解約の手続きをすることはできますが、解約日は廃車をおこなう日になります。任意保険の解約手続きは、みなさんが加入している保険会社の所定の書類に記入をすることで解約することができます。

 

しかし、電話で解約の連絡をしなければいけないところが多いため、ご自身の加入している保険会社に問い合わせることをおすすめします。

 

【自賠責保険】廃車後の証明書が必要になる

自賠責保険は車を所有している方、全員が加入する保険です。自賠責保険の解約手続きは、廃車手続き後でなければおこなうことができません。廃車手続きのときに受け取る、登録事項証明書または抹消登録証明書が必要になるためです。

 

任意保険と自賠責保険の両方に加入している人は手続きをするとき、廃車前にできることと廃車後にしかできないことがあるため、間違えないよう注意してください。

 

保険解約の流れ

少しでも高く売りたい…そんなときは複数見積り

 

先ほどは保険解約の時期をお伝えしました。次に保険解約の流れを説明していきます。

 

・廃車後、新車(中古車)に乗る場合

廃車をした後、すぐに新しい車に乗りたいと考えている方もいらっしゃいますよね。そんな方は、保険解約をおこなった後、保険会社を変更せずに新たに保険に加入することが一般的です。

 

「保険会社を変更していないから、新しく手続きをしなくてもいい」と考える方もいらっしゃいますよね。しかし、何も手続きをしない、新しい車にしたときに事故をおこしても補償を受けることはできません。

 

すぐ車を買うわけではないけれど、しばらくしてから新しい車に乗りたいと考えている方は、今まで加入していた保険を廃車した後すぐに解約しましょう。

 

解約をしないと、今までの保険が引きつづき継続されてしまい保険料を払い続けなければなりません。忘れずに解約をおこなうようにしてください。

 

ただ、解約をしてしまうと今まで培ってきた運転スキルを示す、「等級」も失ってしまいます。それを防ぐために解約をするときには、保険会社に「中断証明書」を発行してもらうことをおすすめします。この証明書があると、新規で契約するときに、今までの等級から契約を進めることができます。

 

・廃車後、車に乗らない場合

廃車後、車に乗らないと決めた方は等級を気にすることなく保険解約を進めましょう。保険解約を進めるとき、自賠責保険は廃車後に証明書が発行されます。そのため、解約することを忘れることはないでしょう。しかし、任意保険は自分で連絡をしなければいけません。忘れずに解約の連絡をしてください。

 

任意保険の場合には、廃車の前後どちらでも解約することができます。廃車が決まり次第、保険会社に連絡し解約手続きを進めると忘れずに済みますよ。

 

保険を解約する前に…注意事項を確認しておこう

「保険をすぐに解約しないと」と思い、焦って解約をしてしまうと損をしてしまうことがあります。解約をする前に注意してほしいことについて、お伝えします。

 

・等級が7等級以上の人は「中断証明書」を用意しましょう

先ほどもお伝えしましたが、廃車をした後、車を再び乗りたいと考えていらっしゃる方は、保険解約のときに「中断証明書」を発行してもらうことをおすすめしました。中断証明書を発行しなかったとき、どのくらいのデメリットが発生するか、みなさんはご存知でしょうか?

 

中断証明書を発行せず、新しく保険に加入した場合、証明書を持っているのと持っていないのでは、等級に約14の差が出てきてしまいます。たとえば、解約前の等級が20等級の方は、6等級になってしまいます。

 

「実際、等級って関係あるの?」と思う方もいらっしゃいますよね。等級は数字が大きいほど保険料の割引率も大きくなります。上記の例ですと、保険料は数万円もの差が出てきます。等級を気にしたことのない方でも、金額として差が出てくると気になりますよね。

 

損をしないためにも、廃車手続き後再び車を乗りたいと考えている人は気をつけましょう。等級の引継ぎは、保険会社を変更しても引き継ぐことができます。ただし、等級の取り扱いが異なる会社では扱うことができないときもあります。一度、問い合わせてみましょう。

 

・解約した後の解約返戻金には期限があります

自賠責保険の場合、1か月以上の残存期間があると、期間に応じて解約返戻金を受け取ることが可能です。金額については、保険会社ごとに異なるため、問い合わせてみてください。

 

任意保険の場合、残存期間の解約返戻金を受け取ることができます。しかし、任意保険の解約返戻金は「短期率」で計算されるため、自賠責保険よりも少なくなることが多いでしょう。

 

自動車保険を選ぶときはここに注目!失敗しない選びかた

いきなりひとつの業者にしぼるのは危険!まずは相見積りがオススメ

 

「自動車保険はたくさんあるから迷ってしまう」という方に、選ぶ会社を失敗しないために気をつけてほしいことをお伝えします。

 

・自動車保険一括見積もり比較

一括見積もりは、同時にさまざまな保険会社の料金を知ることができます。ご自身の要望に合った料金をまとめて知ることができるのはいいですよね。

 

便利な一括見積もりですが、じつは短所があります。保険会社ごとに契約内容が異なってくるので、サービスに違いが出てきます。サービスの違いは、申込の時点ではわからないことが多いので会社に問い合わせてみることをおすすめします。

 

・自分で自動車保険会社のWEBサイトを確認しよう

自分で自動車保険の会社を調べると、気になっていた保険会社について詳しく知ることができます。詳しく知ることで自分に合った内容を見つけることができますよね。

 

ただし、自分で1つひとつの会社について調べることは、時間がかかり調べることができない会社も出てくるのが大変です。たくさんの会社を調べる時間を十分にとることができない方は、一括見積もりを一度試してみてください。

 

選び方を2つ挙げましたが、ご自身に合っている方法で調べるようにしましょう。すぐに、自動車保険会社を選ぶと後悔することにつながります。まずは、調べてから選ぶようにしましょう。

 

まとめ

ご自身の車が廃車になってしまったとき、保険解約は誰しもが困ることですよね。保険解約のタイミングは任意保険と自賠責保険で多少異なりますが、どちらも廃車手続きをしてからずっと加入したままですと、保険料を多く払うことになるので注意しましょう。

 

廃車手続きを済ませた後も、車に乗りたいと考えている方は、中断証明書の発行を忘れないようにしましょう。廃車にした後、車を買う予定のない方は保険解約の手続きを忘れないようにしてくださいね。

 

保険解約をするときに注意しなければならないことを忘れずに、手続きをおこなうようにしてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。