事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ディーラーと事故車買取業者の違いとは?査定や販売方法が異なります

無題ドキュメント

最新情報・レポート

ディーラーと事故車買取業者の違いとは?査定や販売方法が異なります

ディーラーと事故車買取業者の違いとは?査定や販売方法が異なります

 

事故車を売却しようと考えた場合、どこに売却するのが一番お得なのでしょうか。事故車とはいえ、今まで自分が大切に乗っていた愛車。それを手放すのですから、少しでも自分の車に高く買い取ってくれるところに売却したいですよね。

事故車の売却先というと、馴染み深いのが車のディーラーですが、そのほかに事故車を専門に買い取ってくれる事故車買取業者が存在します。この両者は査定方法から査定額まで大きく異なるため、少しでもお得に売却したいのでしたらディーラーと事故車買取業者、どちらに売却すべきかを知っておくことは重要です。

今回は、ディーラーと事故買取業者の違いから、事故車はどちらに売却すべきかといった内容をお伝えします。

 

 

ディーラーと事故車買取業者の違い

ディーラーと事故車買取業者では、査定する際に重視するポイントや考え方が異なり、査定額も大きく変わってきます。具体的にはどのように査定時に重視するポイントや考え方が異なるのでしょうか。

ディーラーは、車が走行することを前提としている

ディーラーが車を査定する際、「車全体として価値があるか」という考えがベースとなります。つまり前提条件は「車としての機能が損なわれておらず、正常に走行すること」です。

車全体として価値をつけますので、査定の際には走行距離や過去の修理内容、中古車市場での価値といった点を重視します。

そのため、たとえば走行距離や何十万キロと多かったり、過去に大きな事故を起こして大幅に修理したり、中古車市場で人気がない車種・ボディーカラーであるといった場合は、その分査定額が下がってしまいます。

 

事故車買取業者は、車を材料としてみている

それに対して、事故車買取業者が査定する際は車全体ではなく、車を「材料」と見ています。つまり「車として価値が低くても、その車の部品ごとに価値つける」という考えがベースとなるのです。

たとえば車全体としては走行する上で問題があったり、車の一部の機能が損なわれていたとしても、部品ごとに価値をつけたり、部品ごとに価値をつけて査定します。

 

ディーラーに事故車を下取りに出すのはNG?

ディーラーに事故車を下取りに出すのはNG?

 

ディーラーで新車を購入したいと考えた場合、細かい手続きなしで車を手放せる「下取り」を利用する人は多いかもしれません。しかし事故車に限ってはディーラーに下取りに出すべきかじっくり考えたほうがよいでしょう。その理由は以下の2つです。

 

値段がつかないケースが多い

ディーラーは事故車買取業者と異なり、車が正常に走ることを前提としています。そのため、走行する上で多少の問題があったり、過去に大きな事故をして骨格部分を修理したような車は、下取りに出しても値段を付けられないどころか、完全に廃車状態の場合は廃車手続きに必要な費用を支払うこともあります。

自分で廃車にするよりは、廃車手続きの手間がかからないためよいかもしれませんが、値段がつかず逆に費用を取られる可能性があることを考えると、売却先としてはいまいちですよね。

 

事故車の下取りは専門ではない

ディーラーは事故車の下取り専門ではないため、事故車に価値をつけてくれないことがほとんどです。どういうことかというと、事故車買取業者のように車の部品ごとに価値をつけたり、車全体を材料として価値をつけてくれたりといったことがないのです。

事故車に対してはとてもシビアな査定ですよね。

 

事故車買取業者なら買取OK!まずは査定してもらおう

では次に、事故車買取業者に売却することを考えましょう。ほとんどの場合、査定額をつけてくれます。

事故車買取業者に売却するにしても、あなたの事故車により高い価値をつけてくれる業者を選びましょう。事故車買取業者と一言でいっても世にはとても多くの業者が存在します。その中からより高い価値をつけてくれる業者を見つけるポイントをお伝えします。

売却できないだろうとあきらめないで

「大きな事故を起こしてしまって修理していないから値段はつかないだろう」とあきらめないでください。業者によっては部分的に破損している、車が古いという場合でも値段をつけてくれるケースがあります。

前述したように、査定する際、部品ごとの価値や材料としての価値を付けてくれます。大きな事故で破損した車であっても売却を断られるケースは少ないでしょう。

 

少しでもお得に売却するなら一括査定がおすすめ

世にある多くの事故車買取業者を一社一社調べて査定を取ってもらうことは大変。より短時間で効率的に査定を依頼するために、複数の業者に査定を依頼してくれる一括査定というサービスを利用しましょう。

一括査定サービスを利用することで、効率的に高く買い取ってくれる業者を見つけることができるでしょう。

 

事故車買取業者の手に渡った車はどうなるの?

事故車買取業者の手に渡った車はどうなるの?

 

事故車買取業者に売却した車はどうなるのでしょうか。まさかそのままの状態で中古車市場には出さないだろうとは想像がつきますが、どのように利用されるのか気になりますよね。

事故車買取業者に売却された事故車は、以下のような加工をしたうえで事故車買取業者から販売されます。

 

修理して販売される

比較的状態がよく、多少の修理で中古車市場に出せるような車は修理して販売されます。たとえば、ボディやバンパーにキズやヘコミがあったとしても、その部分を修理することで再販可能な状態となります。

仮に車が走行する上で重要な骨格部分に損傷があったとしても、修理して「修復歴あり」という状態の車として再販することで、価値のある状態で販売することができます。

 

価値のある部品が販売される

車の損傷が激しく部分的な修理が難しい場合でも、損傷していない部品に価値が付けられる場合は、その部品ごとに販売されます。特にメーカーが既に供給を終了しているような部品は貴重で需要があるため、高値で売却されます。

部品を売却する場合でもそのまま売却するのではなく、業者が部品ごとにキレイにします。売却時に車の持ち主が各部品をきれいにしておく必要はありません。

 

鉄などの資源として販売される

車全体的に損傷が激しく、かつ部品ごとでも価値を付けづらい場合は、鉄などの資源として販売されます。鉄は1キロあたり数十~数百円の価値があるといわれています。

車1台あたり数百キロあることを考えると、それだけでも数万円の価値がある計算ですね。しかも、大型車であればその分重量があるため、鉄としての価値が高くなります。

 

まとめ

いかがでしょうか。事故車を売却する場合、ディーラーではなく事故車買取業者に売却すべき理由が理解できたでしょうか。

ディーラーと事故車買取業者では、買取後に車を販売するルートが異なります。そのため、査定する際に、ディーラーは「車としての価値があるかどうか」を、事故車買取業者は「部品や材料として価値があるかどうか」というポイントを重視するというが違いがあります。そのため、事故車に限っては事故車買取業者に売却することを選ぶべきといえるでしょう。

事故車買取業者を選ぶ際は、一括査定を利用して、効率的に高値で買い取ってくれる業者を選びましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。