事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の返品は可能なのか?買った車が返品可能かどうか知る方法とは

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の返品は可能なのか?買った車が返品可能かどうか知る方法とは

自動車の査定で見られるところとは!?高額買取を実現するために

 

中古車を販売店でみて、説明をうけて、これだと思い購入して、さあ乗りましょう!そんな新しい車と一緒にドライブをしてみたら。あれ?こんな感じだっけ?中古車には前に乗っていた人の癖が残っている場合もあります。そんな違和感を持つときもあるかもしれません。

 

中古車に乗って違和感に気付いても、軽度のものでしたら我慢すれば慣れてくるかもしれません。しかし、どうしても気になってしまうときだってあるでしょう。そしてその違和感を調べてみたら実は事故車だった。その場合は返品できるのでしょうか?

 

中古車に限らず中古品というのは、基本的に返品を受け付けていないものです。事故車といえども中古品です。返品というのはできるのでしょうか?今回のコラムはこの事故車の返品がテーマです。

 

事故車の返品について可能な状況と不可能な状況。また間違えて購入しないためにも、事故車とはどういった車なのか。そして、事故車とうまく付き合っていく方法まで。事故車や返品についてが、今回のコラム内容になります。

 

 

事故車って返品できるの?返品可能になる場合とは

事故車であれども、中古車には変わりありません。しかし不具合の起きやすい事故車です。絶対長く使えるという保証がない商品ですので、もしかしたら返品できるのかもしれません。まずはこの事故車返品のライン引きについて確認していきましょう。

 

【中古車の返品は難しい】

現実的な話、事故車といえども中古車であり、中古品です。冒頭で説明したとおり、中古品の返品というのは基本的に受け付けられないものです。

 

中古品が安いのは使用期間がある状態からの使用なので、故障しやすい可能性がある。そういった意味でも、正規品より安くなっています。その点で考えると、故障のしやすい事故車は故障のリスク分安くなっていますので、返品は難しいとなるのです。

 

しかし「返品は難しい」という表現は、絶対に返品できないという意味ではありません。実は事故車の返品ができる場合もあります。

 

【返品可能な場合もある】

事故車の返品できる方法は、主な場合2つあります。これから2つの事故車の返品方法について説明しますが、あくまで「返品できる可能性がある方法」です。確実に返品できるというワケではないということを、頭の中にいれておくとよいでしょう。

 

●購入した中古車が事故車であることを知らされていなかった場合

事故車と説明せずに売った販売店が悪く聞こえますが、販売店が事故車と気付かなかった場合もあります。販売店が気付かないほど、正確に修復した修理業者はよほど腕の立つ業者なのでしょう。

 

販売店が気付いて隠ぺいした場合はもちろん、販売店が気付かなかった部分も落ち度になります。また事故車というのは修復歴のある車で、修復歴は車の記録に残ります。事故車という証拠を準備できますので、返品も可能になります。

 

ただし、返品できるのは事故車のみです。この後事故車について説明しますが、修復歴のある車のみが事故車で、修理歴は事故車に含まれません。そして修理歴での交換パーツは修復歴と違って販売店が申告する義務がないです。この違いによって販売店に落ち度がなくなり、返品を受け付けないとなります。

 

●中古車返品できるサービスのある販売業者で購入した場合

中古車販売店の中にはサービスの一環として中古車返品できるサービスをおこなっているところもあります。中古車返品のサービスを受けるには、数々の条件をクリアしていないといけません。そしてその条件をクリアした中古車なら返品できるので、事故車でなくても返品できます。

 

返品するための条件は、納車後の期間や走行距離、事故や使用方法、車検など細かく規定されています。返品条件はそういったサービスのある販売業者に確認をするとよいでしょう。

 

【瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは】

中古車の中には事故車ではないのだけど、エンジンなどの部分が故障しかけていてすぐ走れなくなった、という場合も想定されます。この場合、販売店からあらかじめ説明を受けていたのなら仕方ない話です。しかし、販売店がこのような走行トラブルの危険性を隠していた場合は、返品してほしいところです。

 

販売店が隠ぺいしていた場合は、直接販売店に交渉にいくより、瑕疵担保責任を問いたほうが効果的です。瑕疵担保責任とは、販売社が重大な欠陥を隠していた場合、責任を負わなければならないという法律です。

 

法を盾にして交渉できるので、相当額の返還も受けられる可能性があります。ただしトラブルが起きてからの手続きや交渉の手間を考えると、やはりこのようなトラブルは無いに限りますね。

 

なぜ事故車を販売してもよいのか?事故車と修復歴車の違い

外車が事故車に…買取してもらえるって本当?業者選び失敗ナシの秘訣

 

そもそもなぜ、事故車を取り扱って販売しているのでしょうか。故障やトラブルの起きやすい事故車ですから、できることなら購入したくないものです。そして事故車というジャンルの表現を見落とさないためにも事故車についての知識をつけていきましょう。

 

【事故車でも申告はいらない】

中古車販売店は、中古車に「事故車」と表記しなくても問われることはありません。事故車ではなく修復歴を申告・提示することが義務づけられています。つまり、事故車の状態でも事故車と記載しない場合があります。また反対に、修理で直る程度の状態でも、事故車として買取をする場合もあるのです。

 

なかなかややこしい話なのですが、この部分でトラブルが生じてしまう場合があります。この事故車の点で、注目するポイントは修復歴になります。

 

【重要なのは修復歴】

修復歴とは、車体の骨組みとなるパーツが損傷し、それを修復した記録です。骨組みとなるフレーム以外の損傷や交換は修理歴となります。そして修復歴と事故歴を総称したのが事故歴になります。この関係を数式風に表すと、

 

(修復歴)+(修理歴)=(事故歴)

 

です。そしてこの中で申告の義務があるのは、修復歴のみです。修理歴と事故歴は販売業者からの申告をする必要がありません。

 

【事故車と修復歴車の違い】

事故車と修復歴車。パッと見ての文字での印象は同じように感じるのですが、中古車販売では大きく意味が違います。

 

まず事故車は、事故をしたことがある車になります。つまり事故歴が対象となり、修復歴でも修理歴でも事故車の扱いになります。

 

修復歴車は、その名のとおり修復歴のある車になります。この状態は販売店から申告の義務が生します。この修復歴と修理歴の違いを、4つの事故車の例で表しますと以下のようになります。

 

●事故でフロントのフレーム部分が損傷した…修復歴(申告の義務あり)

〇事故でバンパーが損傷し交換した…修理歴(申告の義務はない)

●事故でドアのフレームが曲がってしまった…修復歴(申告の義務あり)

〇事故でドアやガラスが損傷し交換した…修理歴(申告の義務はない)

 

つまりドアやバンパーなどの部品の交換は修理歴となり、販売店からの申告の義務はないのです。ドア交換があり事故車と査定されても、その後事故車と記載せずに販売をしても大丈夫ということになります。

 

これさえ知れば中古車通!事故車かどうかの判断方法

記載や内容の申告義務がない場合もある事故車。何も知らずに買わされるのは勘弁してほしいですね。もちろんちゃんと説明してくれる販売店もあります。しかし法の目をくぐる販売店がいる可能性は払拭できません。

 

こうなったらもう自分で事故歴を見つける知識を得るしかないです。ここでは事故車かどうか見極める方法について紹介していきます。

 

【塗装の色ムラ】

事故で塗装が剥がれた部分を同じ色で戻そうとしても、全く同じ色にするのは大変難しいです。もしすべて同じ色の塗装にしたいのであれば、車全体の塗装を変える必要があります。かなり近づいた色で塗装されているかもしれませんが、あとから塗装した部分に違いはあるはずです。

 

【パーツの違い】

ドアやバンパーなどのパーツを交換した場合は、隙間に違和感がでてきます。ドアとドアの隙間が均一でない場合は、なにかしらのトラブルがあることが予想されます。その感覚でドア以外にも、ボンネット・フェンダー・ライト・トランクなど結合部分の隙間の均一性を見てみるとよいでしょう。

 

【メーターの走行距離】

事故ではないのですが、メーターの走行距離が改ざんされている場合もあります。この不正は、車検証の前回や前々回時の走行距離と照らし合わせるなどの確認をしてください。

 

万が一、事故車の返品ができなかったらどうすればよい?

【自動車保険】名義変更前の事故だとどこまで補償してもらえるのか

 

事故車の返品を求めても、修理歴車で販売店に認められず返品されてしまった。こんな場合はやさぐれたくなる状態です。誰かにグチをいって、ストレス発散したくなりますが、それでは解決には至りません。ちゃんと車と向き合っていきましょう。

 

【修理して乗る】

不具合が起きた部分を修理業者に持っていき、直して使っていきましょう。泣き寝入りしてしまった感じはあるのですが、新しく車を購入する余裕がない場合は、修理するしかないです。

 

乗り換えなどの理由で、この中古車を廃車手続きに…。と考えている人はお待ちください!その事故車、売却する方法もありますよ。

 

【買取業者に買取してもらう】

事実上、事故車で不具合が起きやすい車であっても、事故車の買取業者というのがあります。その名の通り事故車でも十分買取ってくれます。買い取った事故車は、アジアやアフリカ諸国などの海外に販売されていきます。

 

購入時の費用までは届かないですが、ある程度はお金が戻ってくる方法となりますので、廃車にして手続きとるくらいでしたら、買取業者の方法をオススメします。

 

まとめ

 

事故車の返品は販売の落ち度がない限り、実際のところ難しいです。また事故車といっても修復歴車でないと、返品への糸口はみつかりません。

 

それほど返品が厳しい事故車ですので、自分で事故車かどうか見分けられる知識を得ることも必要でしょう。また、事故車が返品できなかった場合でも事故車専門の買取業者があります。

 

このコラムを読んで今度は信頼のできる販売店を見つけて、気持ちよく車を購入できるとよいですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。