事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車には死角がたくさん!運転中の事故を防止する5つのポイント

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車には死角がたくさん!運転中の事故を防止する5つのポイント

車には死角がたくさん!運転中の事故を防止する5つのポイント

 

運転をする人は、車の免許を取りに自動車学校で講義を受けています。その講義の時に「車には死角がある」ということを学んでいると思います。自動車の運転に慣れたころ、そんな死角のことを忘れており、いきなり子どもや動物が飛び出してきて……。

 

なんてことは絶対に起こしたくないものですね。無事故でいるためには安全運転が必要です。車体や道路上の障害物、また方向転換の時などでも車からの死角が生まれてしまいます。そんな死角に注意をしていないと事故の原因になってしまいます。

 

今回のコラムは死角による事故を防ぐために、車の死角についてをあらためて知ってもらいたい。そういう気持ちで取り上げました。事故車や廃車を買い取ってくれる方法はありますが、まずは事故をしないことが最優先です。

 

今一度、車の死角について再認識していきましょう。

 

 

車には死角がたくさんある…乗車するときにはここに気を付けるべき

まずはじめに車の死角はどういったときに生まれるのでしょうか。車を運転していると意外と死角ができてしまいます。そんな車からの死角の生まれやすいポイントをいつくかご紹介させていただきます。

 

【車を発進させるときに生じる死角】

車に乗る前に周囲を確認していたとしても、見落としていたり、突然障害物や子どもが飛び出してくるおそれがあります。そして運転席からボディ周辺のフロント部分やドア周りの低い部分、後方部分は死角となります。

 

事故の危険性が高い住宅街の細い道などでの車の発進するときは、周囲をよく確認する必要があります。

 

車の周辺以外にも運転席からの死角があります。それは車の上下です。車の下にネコが隠れている。さっき飲んでいた缶コーヒーが車の上に置きっぱなし。タイヤのところに車止めが設置されている。

 

何もないだろうと思って発進するときに、ゴトッという音や、謎の違和感が起きてしまうときもあります。発進前の車周辺の確認をしっかりとしておきましょう。

 

【車を後退させるときに生じる死角】

目的地にたどり着き、いざ駐車をしようとバックをしていたら、「ゴツン」とやってしまうことがあります。車を後退させるときもさまざまな部分で死角ができます。車の後ろの部分や、ドア周辺の左右は要注意です。また車をバックさせるときは、ミラーやモニターを見て後方を確認しますよね。そのように後方を確認している間は、前方が死角になっている瞬間もあります。

 

バックをするときは死角がとても生まれやすいです。目的地に着いたからといって安心せずに最後まで注意をしてください。

 

【走行中の障害物による死角】

車を走らせているときにも死角はできています。前をまっすぐ走行しているときでも、ピラーと呼ばれる車のガラスとガラスの間の部分からの角度は死角となっています。

 

また後方の確認はバックミラーとサイドミラーで確認できるのですが、両方とも死角ができる角度があります。そしてバックミラーとサイドミラーの両方みてもドアの左右は死角となります。この死角は車線変更時に事故をしてしまう可能性があります。

 

他には駐停車している車から、障害物や人が飛び出してくるおそれもあります。走行しているときの事故はスピードが出ているので、大きな事故になりやすいです。死角からの飛び出しの可能性を頭の中に入れておくとよいでしょう。

 

【交差点の右左折時に生じる死角】

車が右左折するときの事故は「巻き込み事故」でしょう。バックミラーやサイドミラーでは確認できない死角は、ドアの周辺です。右左折する前に前方を確認している。と思っていても、交差点では急な飛び出しや障害物が飛んでくる危険性があります。

 

特に左折時は前輪と後輪の内輪差もありますので死角部分でぶつけたり、壁などで車を擦ってしまう可能性があります。

 

大型車両はさらに要注意!車種によっても死角が変化する

大型車両はさらに要注意!車種によっても死角が変化する

 

車の死角は、すべて同じ場所であるとは厳密には言えません。車の車種によって死角の角度が異なります。では車種の違いによって、どのようなところが死角になっていくのでしょうか。主な部分をピックアップしてご紹介させていただきます。

 

●車体、運転席の高さで下方に死角が変わる

トラックやミニバン、SUVなどは運転席が通常の車より高い位置にあります。視線が高いところにあるため、遠くまで見渡しやすいのですが、灯台下暗し状態になってしまいます。車高が高くなればなるほど、下方部分の死角は広くなります。

 

●車の長さから生まれる死角

セダンやSUVなど、フロント部分が前に出ている車はフロント周辺に死角が生まれやすいです。また車体の前後の間隔は目からえる情報だけでは、正確ではありません。フロントの先の部分が見えるからといって油断していると、追突などの原因になってしまいます。

 

また車体が長いと内輪差も大きくなります。右左折時にも注意するようにしましょう。

 

●大型車両の死角

トラックやバスなどの大型車両は、死角の宝庫といっても過言ではないほどに死角が広いです。専用免許があるくらい、運転するにも技術が必要になります。前後左右死角部分が大きいので、普段の乗用車以上に注意が必要になります。

 

悲しい事故を起こさないために…守るべき5つのルール

車の周辺などから死角は生まれてしまいます。そして死角があるのを理由に事故をするようでしたら、この世の中に車というものはなくなっているでしょう。

 

車に乗っている限り事故の可能性はあります。そして事故は起こしても遭ってしまっても、何もよいことは起きません。死角があるのでしたら、少しでも事故の可能性を減らすために、対策を練っていくことが重要です。死角ごとの対策として5つのルールを提案します。

 

【ルール1発進時にはこんな場所に要注意!】

車に乗り込む前に、車の周辺や周りの状況を目視でしながら確認していきましょう。特に車のボンネットの上や、車の下の部分に、動物や障害物が潜んでいることもあります。発進した瞬間に死角から何かにぶつかる、という事故は実際にも発生しています。車の上と下も必ず確認してください。

 

【ルール2クリープ現象を活用する】

車を発進するとき、確認をしていたつもりでも、突然の飛び出しなどで事故に遭う可能性はあります。また急いでいるときや疲れているときは、死角部分の確認がおろそかになりがちです。そういった時に事故は起きてしまいます。

 

そんな万が一の事故に備えて、発進はゆっくり徐行をすれば、ぶつかったときの被害は抑えられます。オートマの車でしたら、徐行はクリープ現象でおこなえます。タイヤが一回転するくらいの距離をクリープ現象で徐行し、障害物の危険性が薄れたのを確認してから発進をおこなうと、より安全に出発ができるでしょう。

 

【ルール3目視+ミラーで死角を減らす】

走行中や駐車をしているときの死角は移動をしているので、移り変わっていきます。今は死角のその場所も少し前までは見えていた場所なのです。ミラーでの確認もしながら、常に周りに危険がないのか観察することも、事故を防ぐのに重要なルールのひとつです。

 

またパックで駐車をするときはバックミラーやサイドミラーの役割が重要です。どんなスピードでも移動して常に死角は変わっていきますので、断続的は注意が必要となります。

 

【ルール4バックモニターを有効活用する】

駐車時の一番心配な死角は、車の後方です。後ろは目視できるのですが、後方の車体周辺を確認するのはなかなか大変です。そのためバックをしているときに低い障害物にぶつかってしまう危険があります。

 

そんなときはバックモニターのある場合は活用していくべきでしょう。バックモニターは完全に死角となる車後方部分を映像で見せてくれます。また自分の車体がどこら辺で後退しているのかをガイドしてくれるのもあります。

 

このバックモニターも、活用すれば死角は少なくなります。ただし、バックモニターに頼りすぎると、他の部分が死角同然になり、思わぬ事故に繋がってしまいます。バックミラー、サイドミラー、そしてバックモニター。この3つを交互に確認するのが駐車時の事故を抑えてくれます。

 

【ルール5助手席や後部座席に座っている人の力を借りる】

車線変更や、狭い道の右左折、狭い駐車場での駐車は、死角のおかげで特に危険となります。運に任せて運転をしては絶対にいけません。必ず安全を目で確認してから行動するようにしてください。

 

でも運転しながら目視は大変……。という人は助手席や後部座席の同乗者に確認してもらうのも手です。同乗者は運転していない分、しっかりと確認がとれます。また駐車などのゆっくりした速度の場合は、一度同乗者を車から降ろして確認してもらうという手段もあります。

 

油断しすぎは禁物!注意を払って運転しよう

油断しすぎは禁物!注意を払って運転しよう

 

死角からの事故の可能性や予防策をご紹介しているのですが、事故そのものが起きてしまう原因は「運転者の油断」からです。疲れているときや急いでいるときは、ついつい気が緩んでしまい、注意力が散漫してしまいます。

 

事故をしてしまってからの後悔では、あとの祭りです。疲れているときは乗らない、慌てるようなスケジュール組みしない、という注意書きをしたいのですが、現実は厳しいことでしょう。とにかく注力が散漫になりそうな時ほど、気を引き締めて運転をおこなってください。

 

気を引き締めて運転をおこなうコツは「だろう運転」を「かもしれない運転」に変えることです。「だれも飛びださないだろう」を「誰か飛び出してくるかもしれない」のように変えるだけで注意力はあがります。

 

ただし必要以上に心配ながら運転している走行は他の車の迷惑になってしまう場合があります。法定速度を守ることはスピードを出しすぎても、出さな過ぎても違反となります。また緊張しすぎての運転が原因で事故になる場合もあります。

 

よいコンディションで、ほどよい集中をして事故がないように注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。事故は突然やってきます。そしてその突然となる原因は車の死角から飛び出てくる。となることが多いです。死角は車に乗っている限り必ずあります。

 

死角からの事故を防ぐにはまず、車のどこが死角なのかをしっかり理解することが大事です。死角部分への対策を考えるのは、それからでも十分でしょう。

 

事故車になるよりも事故歴のない車のほうが買取査定はよくなります。査定を少しでもよくしたいから。という動機でも構いません。事故を起こさないという結果はとても大事です。

 

それほどまでに事故は、人生を棒に振ってしまうような悲しい状態になる危険があります。気を付けた運転で安全で快適な生活を送っていきましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。