事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車に乗り続けるリスクや必要なメンテナンスについて考えよう

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車に乗り続けるリスクや必要なメンテナンスについて考えよう

事故車に乗り続けるリスクや必要なメンテナンスについて考えよう

 

「自分の車が事故ってしまった。」

「でもまだローンも残っているし、買い替えることできないし。」

と悩んでいる人もいらっしゃると思います。車は購入も維持していくのも、お金を使います。ですが事故は一瞬です。事故の規模にもよりますが、予算が足らないなら、もう少しの期間乗り続けたくなる場合もあります。

そういった人のために今回は事故車を乗り続けることのリスクを中心にご紹介します。「どんなリスクがあるのか。」や「修理を出す場合、どんな業者に依頼をすればよいのだろう。」との質問にも答えていきます。

事故車を乗り続けて余裕ができた場合、その後売却するという得する手段もあります。なぜ事故が売却できるのかは、また後半で説明させてもらいます。まずは事故車のリスクから学んでいきましょう。

 

 

事故車を乗り続ける場合に心しておきたいこと

事故を起こしてしまった車を、修理して乗り続けることは、不可能ではないです。ただし場合によっては事故車の不具合が起きてしまったりすることがあります。

そんな不具合とはどんなことがあるのでしょうか。まずは事故車に乗ることのリスクについてご紹介していきます。

気分的によい気はしない

一度大きな事故を起こしてしまった車は、修理に出して見た目は元の状態に戻ったとしても、車の内部はいつ不具合が起きてもおかしくないという状態になっています。そのため、長時間や長距離の運転するときは、故障しないかと不安になるかもしれません。

また、車に乗る人のなかには、「事故車に乗るのは不吉で、イヤな気分がする。」と考える人もいるかと思われます。そういう人にとって事故車は、乗っているだけでストレスを感じてしまいます。

 

メンテナンスに費用がかかる

事故車を修理したあとも、内部の接続部分などで不具合が起きやすく、定期的なメンテナンスが必要になる場合があります。

事故車については、完璧に修理をしても精密機械なので少しのズレなどから、後遺症が出てしまうことがあります。長い期間の使用をしていると、メンテナンス代で買い替えるよりも、費用がかかってしまう結果になるかもしれません。

 

事故車のメンテナンスが必要になるのはどんなとき?

事故車のメンテナンスが必要になるのはどんなとき?

 

事故車のメンテナンスが必要になる場面は以下の通りです。

  • ・走行中のハンドル操作で不具合が起きうまく運転できない
  • ・車の走行中、ガタガタと変な音がする
  • ・ドアのガラスがうまく開かない

 

など、走行できなくなるまではいかない程度の不具合や、支障が起きたときにメンテナンスが必要になります。

 

できるだけリスクを減らすためには、よい修理業者を選ぶこと!

事故車を乗り続けることのリスクを減らすために、よい修理業者を探して、依頼することが大事になります。これからはよい修理業者を選ぶためのポイントをご紹介していきます。

おもな依頼先

修理を出すにしても、修理を依頼する業者もたくさんあります。依頼する業者をまずは、「大手修理業者」「小規模の修理工場」「ディーラー」に分けて、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

●大手修理業者

全国でチェーン展開してるような修理業者に依頼すると、修理費用が安く済みやすいのが特徴です。 修理代が安いので、故障している部分に最小限の修理をしています。

ですので、“仕上がりの外観のクオリティが低い”、“修理後に不具合が起きてしまう”などのデメリットもあります。 とにかく、なんでもいいから安く修理を済ませたい人にはよいでしょう。

 

●小規模の修理工場

いわゆる町工場です。各地にたくさんありますので、修理の費用・工賃が工場によって全然違う場合があります。また工場の従業員も少人数が多いですので、修理の工程によって、工場ごとでクオリティが変わりやすかったりします。

こういった修理工場は地元密着型なところが多いです。ですので、工場の人と仲良くなったり、知人の場合は色々と融通を聞いてもらえる場合もあります。

 

●ディーラー

メーカーからの直接販売やメンテナンスをするので、修理のクオリティが高く、信頼できるのが特徴です。また修理後の後遺症や不具合もできる限り抑えようとしてくれます。

修理の内容とクオリティが高いということは、その分修理をする箇所や交換する部品が多くなります。また交換する部品は新品を購入します。つまりは修理費用がとても高くなっていきます。ディーラーによっては修理の部分を外注に依頼するところもあります。

外注に修理を依頼する分修理費用がもうひとつ高くなるので、予算に余裕があって完璧に近い修理を依頼したい場合はディーラーに依頼するのがよいでしょう。

 

業者選びではココに注目!

自分の状況や用途に合わせた業者を選ぶなかで、もう少し細かい部分までみて自分に合ったよい業者を選んでいきましょう。ここからは、よい業者の店選びのポイントになります。

 

●実績のある業者

修理工場を始めたばかりの業者より、長年続いている業者の方が、実績や経験値が高いことが多いです。長く続けている業者は周りのコネクションも多く、修理対応が柔軟な場合が多いです。

また、自社のホームページを持っている業者は実績がわかりやすいです。資格やキャリアなどもわかりやすく、口コミなどの評価も載っているので、判断しやすいです。

町工場の場合は、地元に密着していることがほとんどですので、周りの人の評判を直接聞くとわかりやすいでしょう。

 

●見積りなどの相談がしやすい

見積りを依頼すると、工賃がどれくらいかわかるだけでなく、どのような修理をするのかもわかります。そのため見積りからの修理の説明内容が丁寧な業者ほど、しっかりと修理してくれる場合が多いのです。

また、修理費用の相場が知りたい場合は、複数の業者に相見積りをとるのもよいでしょう。相見積りをとると、費用や工程についての比較ができます。相見積りを依頼したときの業者の態度の評価も重要になっていきます。

 

やっぱり事故車に乗り続けるのは不安…。それなら売却を検討しよう

事故車も修理をすれば乗れますが、不具合や後遺症のリスクがついてきます。そんなリスクが不安な場合は、売却するのもひとつの手です。

「事故車の売却は価値が低いから、走行距離が少なくても、査定が悪くなるんじゃ…。」という不安があると思いますが、実は近年、事故車でも高額に買い取ってくれる場合もあるのです。

ここからはそんなお得な事故車の売却についてご紹介していきます。

 

事故車専門の買取業者に査定を依頼しよう

まず最初に、なぜ事故車を買い取ってくれるようになったのかは、以下の理由になります。

  • ・近年車のパーツが高性能になり、パーツの価値が上がった
  • ・海外で国産自動車は耐久性や性能が優れており、価値が高く、事故車でも高額で購入される

 

事故車であっても再利用できる方法が増えてきています。ですので、事故車を中心に買取している業者に査定してもらうと、意外とうれしい結果になるかもしれません。

 

【査定額がつかなければ、廃車専門の買取業者を頼ろう】

事故車でも、故障部分がひどい場合や、走行距離や年式などの関係で査定額がつかないときもあります。そういった場合は廃車となります。ここで廃車費用がかかると想像してしまいがちですが、安心してください!

廃車の場合は廃車専用のクルマ買取業者があります!そんな最後の救世おもである廃車専門のクルマ買取業者とはどういったものなのでしょうか。

事故車買取と同じで、車のパーツのなかに使えるものは、中古パーツとして市場に出回ります。また、車のボディの鉄やアルミは再利用できます。そういったパーツや素材のリサイクルのおかげで、廃車でも買い取ってくれる場合があります。

本来廃車する場合は廃車にするための費用がかかりますが、この方法なら出費どころか収入で嬉しさも倍増しそうですね。

 

まとめ

事故車を乗り続けることのリスクは簡単にいえば、「不具合」と「後遺症」です。この2つの要素のおかげで、「ドライブ中の乗り心地が悪くなる。」「定期的なメンテナンスが必要になり、お金と時間をとられる。」などの被害にあってしまいます。

思い入れのある車を走れなくなるまで、乗り続けようとする方もいらっしゃると思います。その場合、事故車ですと、維持費が高くなってしまう場合があるのです。

そんな事故車を処分したと考えてる場合は、事故車専用の買取業者に査定してもらうという手もあります。また査定額がつかず、廃車になる場合も廃車専用の買取業者もあります。車は高い買いもので、リサイクル性も近年上がっています。賢い車の処理をするのも必要でしょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。