事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の査定で損をしないためにはどうすべき?どのぐらい下がるの?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の査定で損をしないためにはどうすべき?どのぐらい下がるの?

事故車の査定で損をしないためにはどうすべき?どのぐらい下がるの?

 

事故車の買取査定を依頼するとき、中古車買取業者に依頼をしてしまう人もいますが、それは避けたほうがよいかもしれません。中古車には中古車の、事故車には事故車の買取業者が存在します。そして、そのどちらを選ぶかが運命の分かれ道になるのです。

今回は、事故車の買取査定を依頼したいと考えているかたに向けて、事故車買取業者の選びかたや注意点を解説します。依頼先によって大きく変わる買取金額、その正解を選ぶ方法は難しくありません。ぜひ事故車買取の参考に、今回のコラムをお役立てください。

 

 

事故車の査定はプロに任せたほうが上がる!

事故車の買取依頼、近くにある中古車買い取り業者に依頼するのはNGです。事故車と中古車は、根本的に性質が異なります。中古車はそのままキレイにして販売へ、対して事故車は状態によって修理して再販売されるか、そのほかの道を辿るかがわかれるのです。

そのため、事故車の査定は必ず事故車買取の業者に依頼をするようにしてください。事故車の買取を中古車買取業者に依頼した場合、適切な買取額がつかず場合によっては廃車費用を請求されてしまうケースもあるのです。

また、事故車の買取では需要と供給のバランスも大切になります。簡単にいえば、業者が欲しいタイミングであれば、その車の買取金額は高くなります。反対に需要がなければ買取金額は安くなってしまいます。

そのため事故車を査定してもらう業者は、ひとつではなくいくつかの業者に依頼したほうがよいでしょう。買取業者の選びかたについては、コラムの後半部分で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

事故車買取業者のその後

事故車は場合によっては乗ることができません。そんな事故車を買い取る業者の目的はなんなのか、気になるかたもいるかもしれませんね。事故車を買い取った業者は、その車が修理できるものであれば修理し販売します。

しかし、日本国内では事故歴のある車は嫌う人が多いでしょう。「なにか不具合がありそう」「縁起が悪い」など、敬遠する理由は容易に思いつきます。そのため、事故車買取業者が主に市場とするのは海外です。海外なら多少の事故歴や傷は日本ほど関係ありません。

修理をして使える車は車として販売を、車として使えないくらいの不具合がある車は、部品ごとに分解して販売したり、修理用に使われたりしています。このような仕組みが、事故車買取業者の背景にあります。この背景も、中古車買取業者との違いの一因といえます。

 

事故車と修復歴車は大きく違う!査定前におさらいしよう

事故車と修復歴車は大きく違う!査定前におさらいしよう

 

「事故車」というと事故をした車すべてを指すのかと思いますよね。その考えは半分正解で半分は不正解です。事故をした車のなかでも、より大きな不具合が発生した車は「修復歴車」と呼ばれます。

まず事故車とは、単に事故を起こした車のことを指します。事故車の被害はミラーの交換やすり傷、表面の傷を直したものなど、比較的小さな症状に収まります。

対して修復歴車が指すのはより大きな不具合、その判断基準は車の骨格部分にまでダメージが及んでいるかどうかです。たとえば事故によって車のフレームが歪んでしまったり、バンパーが曲がってしまったりと、事故車と修復歴車の判断に事故の大小は関係ありません。

一般的に事故車買取の査定に大きく影響するのは、「修復歴車」のような車体の骨格にまでダメージが残るような場合です。事故車であれば、減額はあっても修復車ほどの減額はないでしょう。

 

修復歴のある車を買取してもらうときは「隠さない」ことが大事

「自分の車は大きな事故を起こしている、修復歴のあることは黙っておこう……」そんな考えは持たないほうがよいかもしれません。事故車の査定では、事故や修復歴があることは包み隠さず査定員に伝えたほうが得策です。隠しても後々バレることになるからです。

事故車買取の査定員による確認作業は入念です。ボンネットやトランクルームはもちろん、シートも外して異常がないか確認をします。スペアタイヤが使われた形跡はないか、ボルトの状態まで見て確認をします。わずかでも痕跡があれば、事故の事実は発覚するでしょう。

とくに車体の骨格部分を直すために使われる大型機械の跡は、よほどのことがない限り残ります。バレるかどうか、査定が終了するまでのあいだ「ハラハラして待つ」のは寿命が縮む思いです。

そんな心配をするくらいなら、素直に告げて査定員の心証をよくするほうが賢明といえます。

 

最悪の場合は買取のキャンセルになることも

たとえ買取査定の段階をくぐり抜けたとしても、その後修復歴の隠蔽(いんぺい)が発覚した場合には、その車の買取自体がキャンセルになってしまうこともあります。また、新しいオーナーがいる場合はお金が絡んだトラブルに発展する可能性も否めません。

以上のような理由から、事故車買取査定のときに修復歴を隠すことは、得策ではないといえるのです。事故の有無、修復歴の有無は素直に誠実に、隠すことはNGです。必ず査定の際に伝えましょう。

 

事故車でも高額買取してもらえる3つの方法

事故車でも高額買取してもらえる3つの方法

 

事故や修復歴のある車、買取時の減額はあるとしても、可能な限り高額で買い取ってもらいたいものです。そんなときには下記の3つの方法を参考にしてみてください。

 

下取りは避ける

事故車を処分して新車を購入、そんなとき便利なサービスが「下取り」です。購入時に不要な車を引き取ってくれるサービス。1社に一貫して購入から処分までまかせられる便利なものですが、下取りに出すのが事故車であれば、避けたほうがよいかもしれません。

新車購入の場合、購入する場所はディーラーが主でしょう。しかしディーラーの仕事はあくまで販売にあります。買取は専門外、事故車であればなおさらです。そのため下取りで事故車につく金額はスズメの涙ほど、無料になってしまうことも少なくありません。

それなら買取をしてくれる業者に依頼をして、少しでも買取金額をつけてもらったほうがよいでしょう。

 

一括で見積りを取って買取金額を比較してみる

事故車の買取金額、業者にひとつひとつ見積りを依頼するのは骨が折れますよね。事故車の買取価格を比較するなら、便利なオンラインの比較サイトを使いましょう。車の基本的な情報を入力すれば、簡単に買取金額がシミュレーションできます。

事故車買取の相場価格を知ることもできるので、相場外の安値で取引することも避けられます。一括見積りは手間も時間も節約できるので、試しておいて損はありませんよ。

 

不安なときは公式サイトを参照して

相談したい業者がいくつもあって決められない、そんなときは業者の公式サイトを参照してみてください。公式サイトには過去の事例や実績が記載されていることが多く、業者の作業内容や対応を知るための参考になります。こちらも合わせて確認しましょう。

 

まとめ

事故車の査定で損はしたくありませんよね。そのためにはまず、査定を依頼する業者選びが要注意です。中古車買取業者に事故車の買取依頼は避けましょう。依頼する際は必ず事故車買取業者を選択するように。買取金額が大きく変わってきます。

また、実際に事故車や修復車を査定してもらうときに、その事実を隠すことはやめましょう。遅かれ早かれバレてしまいますし、後々のトラブルにも発展しかねません。自分も気まずく査定員の心証も悪くなるなど、メリットを見つけ出すほうが難しいです。

事故車買取業者を選ぶ際は、ぜひ比較サイトを試してみてください。自分で見積り依頼をする手間も時間も省けます。これから事故車の買取査定を依頼したいと考えているかたは、ぜひ今回の内容を参考に、結果に満足のいく業者を探し出してくださいね。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。