事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

安全不確認による交通事故…起こさないためにできるちょっとした工夫

無題ドキュメント

最新情報・レポート

安全不確認による交通事故…起こさないためにできるちょっとした工夫

安全不確認による交通事故…起こさないためにできるちょっとした工夫

 

車を運転する人の多くは、交通事故を起こさないように注意しながら乗っていると思いますが、それでも交通事故は後を絶ちません。

交通事故の原因ランキングの上位はほとんど「安全不確認」であり、十分な安全確認を怠ったために発生しています。つまり安全確認をしっかり行っていれば、防げた事故がほとんどなのです。

車を運転する際に安全確認が大事なことは、教習所で習って知っているはずです。ではなぜ安全確認が大事であることが知っているにも関わらず、「安全不確認」などの理由で、交通事故が起こってしまうのでしょうか。

今回の記事を読むことで、具体的にどのような「安全不確認」が原因で交通事故が起こってしまうのか、普段の運転でどのような点に注意すべきかがわかります。交通事故が起きて幸せになる人はいません。しっかりと原因や対策を理解して、交通事故を起こさない運転手を目指しましょう。

 

 

安全不確認による交通事故がもっとも多い!

交通事故が発生する原因の多くは、安全不確認であることを冒頭でお伝えしました。安全不確認といってもさまざまな原因が考えられますが、具体的に何を怠ったために交通事故が発生したのかを見ていきましょう。

 

一時停止をしなかった

一時停止をすべき場所にも関わらず、一時停止をせずに進んで交通事故が起こったケースです。一時停止をすべき場所には一時停止の標識や「とまれ」と書かれた停止線があることがほとんどですが、以下のような理由で一時停止を怠っていることがよくあります。

  • ・急いでいるため
  • ・人や車があまり通らず、交通量が少ないため
  • ・他の車も一時停止していないため

 

いずれも、運転手の勝手な判断で一時停止を怠っているケースです。一時停止の標識や停止線がある場所は、見通しが悪い等の理由で一時停止を指定していることがほとんどです。「人や車が来るかもしれない」と予測して一時停止をすることが大切なのです。

 

交差点で左右を見なかった

交差点で左右から走ってくる車を見ずに、前しかみていなかったために発生したケースです。一時停止が指定されている場所でなくても、見通しが悪かったために左右から来る車や人に気付かず走った結果、衝突してしまうこともよくあります。

この場合も左右から車や人が来るかもしれないと、念のため交差点で左右を確認しながら通過すれば防げる事故です。

 

わき見運転していた

運転中にわき見をした結果、事故を起こしたケースです。ここ数年はスマートフォンやカーナビを操作しながら運転した結果交通事故につながるケースがとても多くなっています。

運転しながらカーナビで目的地を設定していたり、スマートフォンのメッセージを見ていたりと、わき見をしていると、車や人に気付かずに衝突してしまいます。運転中は運転することだけに集中し、カーナビやスマートフォンの操作は完全に停止している状態でのみ行うことが大切です。

 

似てる?「安全不確認」と「動静不注視」は違う意味です

似てる?「安全不確認」と「動静不注視」は違う意味です

 

安全不確認と似た使い方をされる言葉に「動静不注視」というものがあります。安全不確認と同様、動静不注視が原因で交通事故となるケースもとても多いです。安全不確認と同静不注視、この2つの言葉はどのように違うのかを確認しましょう。

 

「動静不注視」とは

動静不注視の意味は、車が来ていることや人が歩いていることを認識しながら、「たぶん大丈夫だろう」と軽く見た結果、事故につながるケースです。動静不注視を簡単にいうと、いわゆる「だろう運転」をしている状態といえるでしょう。

 

「安全不確認」と「動静不注視」との違いは?

安全不確認と動静不注視との明確な違いは「注意すべき点を見ていたかどうか」です。安全不確認はそもそも見ていなかった(見ようとしていなかった)のに対し、動静不注視は見ていたにも関わらず軽視して事故を起こしてしまったという違いがあります。

つまり動静不注視は運転手の判断ミスが原因なのです。「横から自転車が来たけど、たぶん向こうが止まってくれるだろう」「交差点で信号が赤だけど、車の通りが少ないから通過しても問題ないだろう」といった勝手な自己判断を行った結果、交通事故が発生するケースです。

 

今日からできる安全運転!心がける4カ条

安全不確認による交通事故が多いことはわかりますが、運転をする上で具体的に何に気を付ければ十分に安全確認が行え、交通事故を防ぐことができるのでしょうか。今日から心がけることができる「安全運転4か条」をお伝えします。

 

スピードを出さない

まずは制限速度を守って、スピードを出しすぎないことです。高速道路や見通しがよく交通量が少ない道では、つい爽快感を得たいがために加速して走りたくなる気持ちが出てしまいます。他にも急いでいて早く目的地に着きたいがためにスピードを出すこともよくあるでしょう。

しかし、スピードを出しすぎることで、本来は見えたはずの標識や、左右から来る車や人に気付かずに交通事故となるケースがとてもよく起こります。いずれもスピードを抑えて走れば気付けるものですので、スピードの出しすぎには気を付けましょう。

 

まわりをよく見る

車を運転する際は1点だけを見つめずに、運転席から見えるさまざまな部分を見ながら運転しましょう。運転する上でさまざまなものに注意を向けることが交通事故を起こさないためには大切なのです。左右から来る車、前を走っている車、横断する人、道路標識など、運転中は見るものがたくさんあります。

運転する際に前方の1点だけを見ながら走っていると、それらにも気づくことができません。運転席から見える周りをよく見て運転しましょう。

 

感情に振り回されない

運転中は平常心を保ちながら運転をしましょう。ムシャクシャしていたり時間がなくて焦っていると、注意散漫、スピード出しすぎといったことが起こり、冷静な判断もできません。

運転をする以上、そのような感情に振り回されず、意識的に平常心を保って運転することが交通事故を防ぐためには大切です。

 

自分勝手に行動しない

道路標識や交通法規といったルールに従わず、自分勝手な判断で行動しないことです。「夜中で車や人がほとんどいない交差点だから、信号無視してもよいだろう」「信号のない交差点で横から車が来ているけど、向こうが止まってくれるだろう」といった勝手な思い込みや判断で、自分勝手に行動すると、交通事故につながってしまいます。

運転をする上で、自分勝手に行動せず、決められたルールを守って運転することが、交通事故を防ぐためには大切です。

 

ついボーッとしちゃう…集中力を途切れさせない方法

ついボーッとしちゃう…集中力を途切れさせない方法

 

注意が散漫になったりスピードを出しすぎているときによくありがちなのが「ボーッ」としてしまう時。睡眠不足で眠たかったり、長時間運転してウトウトしてしまうときが一番事故を起こしやすいタイミングです。

 

ガムを噛む

眠たくなったらガムを噛む人は多いと思いますが、ガムの中でもミントなどのスーッと爽快感がするガムや、刺激的な味がするガムが瞬間的に眠気を飛ばすことに効果があるでしょう。

 

いつもと違う道を使う

いつもと違う道を通るだけで、緊張感をもって運転することができます。いつもと同じ道を走っていると、つい慣れた道のため緊張感が低下してしまいます。緊張感が低下するとボーッとしてしまい集中力が切れて注意散漫になってしまいます。「今日は少しボーッとしそうだな」と感じたら、あえていつも通っている道から外れるとよいでしょう。

 

目を動かす

意識して目を動かしながら運転することで、注意力をキープすることができます。ボーッと1点を見つめて運転すると眠くなってしまいますので、意識して標識や車、人を見ながら運転することで、集中力を保つことができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。車を運転する上で十分な安全確認を行って事故を未然に防ぐことは大切なこと。運転手の意識次第で安全不確認は防ぐことができます。

交通事故を起こしてしまうと、自分にとっても相手側にとっても不幸が長期間続いてしまいます。交通事故が原因で死亡したり寝たきりの状態になってしまうと、一生を棒に振るってしまうこともあるでしょう。そうならないためも、常に安全を意識して運転しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ