事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車の寿命というのは延ばせるのか?愛車に長く乗るためにはコツがある

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車の寿命というのは延ばせるのか?愛車に長く乗るためにはコツがある

車検に通らない場合は「構造変更申請」が必要

 

今お持ちの車を、少しでも長く乗りたいとお考えの方も多いでしょう。少しでも長く乗るには、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。そもそも、車の寿命を延ばすことは可能なのでしょうか。

 

実際、少しの工夫で車の寿命を延ばすことが可能です。しかしそのためには、部品の交換を定期的におこなったり、メンテナンスを怠らなかったりする必要があります。

 

手をかけても愛車に乗り続けたいという方へ、少しでも長く車が生きられる秘訣をお教えします。また、もし車の寿命がきてしまった場合は、買取業者へ依頼することをおすすめします。

 

 

車の寿命はどれくらい?寿命は伸ばすことができるのか

車の寿命とは、そもそもどれくらいなのでしょうか。また、日本で一般的に区切りとして「10万キロ」といわれるのは、なぜなのでしょうか。

 

じつはほとんどの人はおこないませんが、車の寿命を延ばそうと思えば、いくらでも伸ばせるのです。どれくらいを車の寿命ととらえるのがよいのか、見ていきましょう。

 

・寿命と走行距離

よく車の寿命は走行距離で測られ、走行距離が10万キロに達したときが買い替え時といわれますよね。それは果たして正解なのでしょうか。

 

車の寿命は部品による延命をおこなえば、いくらでも伸ばすことができます。大がかりな延命をしなかった場合、多くの人が新車を購入してから13年くらいで、新しい車に買い替えているようです。

 

その理由としては車検のタイミングや、使用期間が長ければ長いほど消耗部品の交換が必要になり、その費用がかさむことにあります。さらには、自動車税をはじめとする税金が増額することが挙げられます。

 

とくに自動車税はガソリン車であれば13年目から、ディーゼル車であれば11年目から増額されます。どちらの車も、この自動車税の増額前までには買い替える傾向にあるようです。

 

一方で走行距離ですが、「10万キロ」がひとつの区切りとして使われるのには、理由があります。それは「タイミングベルト」と呼ばれる、走行には欠かせないゴムベルトの寿命が、目安として10万キロとなっていることが挙げられます。

 

タイミングベルトの交換には、10万円以上の費用がかかるため、この交換の前に新車に買い替える人も少なくありません。

 

さらに一般的には、1年1万キロと計算され、その結果10年で10万キロとなります。税金がかかったり、消耗部品の交換などで費用がかさんだりという、さまざまな理由が相まって、おおよそ10年、10万キロを迎えるときに車の交換がされるのです。

 

・寿命年数とは

車の寿命年数は、じつは決められてはいません。車はさまざまな部品が集まってできているものですので、極端な話、部品を新しいものに交換していけば、いつまでも走れるということになります。

 

しかし、仮にエンジンが故障して交換する場合、修理にかかる費用は100万円を超えるため、現実的ではありません。とはいえ、部品の交換に高額な費用を出しておこなっていれば、いつまでも乗り続けることができるのです。

 

近年では車の性能がどんどんとよくなっているため、整備や修理にあまり費用をかけず長期間乗り続けることができるようになってきました。そのため、ここ数年では13年目で買い替えるという方が多いようです。

 

また、日本ではおおよそ10年、10万キロと呼ばれる自動車の寿命ですが、海外では、走行距離が20万キロ、30万キロになるまで乗り続けることが普通です。

 

日本車は、世界中の車と比較しても性能がよいため、日本人の中には、「メンテナンスフリー」という考えがあります。つまり、大きなメンテナンスをせずに10万キロになるまで乗るという考えが根底にあるのです。

 

一方海外では「定期的なメンテナンスや部品の交換をおこなうことで、20万キロ、30万キロまで乗り続けることができる」という考え方が一般的です。海外の多くの国では、自分の車は自分で修理するのが当たり前とされています。

 

海外では定期的にメンテナンスをおこない、部品を交換することを前提に車が作られています。日本人が「外国製の車はこわれやすい」というのは、メンテナンスフリーの考え方をもちながら、定期的なメンテナンスや部品交換が必要な車に乗るためにそう感じるのです。

 

・部品供給で延命

先にも述べたように、部品を供給すれば、車を延命することが可能です。車はあらゆる部品の集合体ですので、不具合のある部品を交換すればいくらでも乗り続けることができるのです。

 

ただし、エンジンやタイミングベルトなど、なかなか壊れないものが故障すると、高額の費用がかかってしまいます。「どれだけ費用をかけてでも、どうしてもその車を乗り続けたい」という強い意志があれば、20年乗り続けることもできるといいます。

 

車の寿命が延びる?交換が可能な車の部品とは

車検費用が高くなるのはこんな車

 

車の寿命を延ばすのに、効果的な部品はどこなのでしょうか。大切なのは、各部品の寿命を知っておくことと、適切な時期に交換することです。以下は、交換が必要な部品と、交換目安、交換の際にかかるおおよその費用です。

 

〇ファンベルト(目安:5万キロ、費用:1万円~3万円)

〇タイミングベルト(目安:10万キロ、費用:8万円~10万円)

〇ウォーターポンプ(目安:10万キロ、費用:数万円)

〇クラッチ(目安:3万キロ~10万キロ、費用:10万円~20万円)

〇ブレーキパッド(目安:5万キロ、費用:1万円~3万円)

 

それぞれの費用を見ていただければわかるように、1度の交換に高額の費用がかかるものも多くあります。そのため、新車に買い替えたほうが安くなるという可能性も考えましょう。

 

車の寿命がきたかも?こんな症状に要注意

どのような症状が見られれば、寿命を迎えたと思えばよいのでしょうか。寿命を迎えたのに無理に乗り続けようとすると、運転途中で止まってしまったり、事故の原因になってしまったりと、重大な危険が伴います。長く乗り続けたいと考えている方は、どのような症状が寿命の表れなのか、覚えておくとよいでしょう。

 

〇タイミングベルトが切れた時

タイミングベルトはエンジンに関係する重要な部分です。上にも述べたように、10万キロほど走ると、タイミングベルトは寿命を迎えます。交換するとなると、おおよそ10万円の費用がかかります。

 

仮に走行中にタイミングベルトが破損してしまうと、エンジンの故障にもつながってしまいます。エンジンも同時に故障してしまうと、その修理費用はより一層かさんでしまいます。

 

〇エンジンからの異音

エンジンから異音がした場合、エンジン内に何らかの問題が発生したと考えなければなりません。エンジンが故障したときにする異音を、「スラップ音」と呼び、ピストンの動きの不具合により起こるものです。

 

先にも述べたように、エンジンが故障し、修理・交換しようとすると、100万円もの費用がかかってしまいます。そのため、エンジンが故障したタイミングで、車を手放す方も多いようです。

 

〇電気系統の不具合

ヘッドライトが暗かったりつかなかったり、またカーナビの動作に異常が出るなどの不具合が起きたら、電気系統が故障したことを疑いましょう。電気系統の故障は、ひどいとエンジンがつかなくなったりもします。

 

愛車に長く乗るために……メンテナンスのポイント

事故車は正しく手放して、しっかりお金に!

 

愛車に長く乗り続けるためには、それなりのこまめなメンテナンスが必要です。定期的にメンテナンスをおこない、各部品の寿命も知っておくと、愛車に乗り続けることも可能でしょう。そのメンテナンスで、必ず必要になる交換とやっておくとよい交換があります。

 

大がかりなものではないので、定期的にチェックしましょう。このようなこまめな交換で、自動車の寿命は延ばせるのです。

 

・必ず必要になる交換

必ず必要となる交換は、主に以下の2つです。

 

〇エンジンオイル

エンジンオイルの交換は、基本的なメンテナンスといえます。エンジンオイルは安価で交換することができるので、面倒くさがらず定期的に行なうように心がけましょう。理想的なのは、3,4カ月に1回オイル交換をおこなうことです。

 

〇タイミングベルト

タイミングベルトは10万キロを目安として交換するものなので、定期的な点検は必要ありません。しかし、タイミングベルトが切れてしまうと、エンジンの不具合にもつながるため、10万キロを迎えようとする時期に交換することをおすすめします。

 

・やっておくと安心な交換

必ず交換する必要はないものの、交換しておいた方が安心という部品もあります。

 

〇タイミングチェーン

どの車にも、タイミングベルトか、タイミングチェーンのどちらかが採用されています。タイミングベルトは、ゴム製のもので、10万キロを目安に交換しますが、タイミングチェーンは金属製で、20万キロを目安に交換します。

 

そのためめったに確認する必要はありませんし、日本ではなかなか20万キロまで乗る方が少ないために、タイミングチェーンの点検はほぼしなくてもよいともいえます。

 

〇ブッシュ類

ゴムの緩衝材で、10万キロを目安に交換するのが適切とされています。こまめな点検はいりませんが、異音を吸収する役割も担っているため、異音がする場合はこのブッシュ類も確認するようにしましょう。

 

もしも、お持ちの愛車に寿命がきてしまった場合、中古車買取業者、または廃車買取業者に依頼しましょう。その車を、完全に廃車にしてしまいたい場合は、廃車買取業者に依頼することで、ほとんどの手続きをおこなってくれるため安心です。

 

修理すればまだ走れる場合は、中古車買取業に依頼するとよいでしょう。どちらにせよ業者に依頼する場合は、複数の業者に査定を依頼するのが大切です。よりよい引き取り手を見つけ、気持ちよく愛車を送り出しましょう。

 

▼まとめ

車の寿命は日本では10万キロといわれますが、部品を修理したり、細かなメンテナンスを定期的におこなったりすることで、多少は寿命を延ばすことができます。

 

めったに壊れることのない部品に不具合が起きると、その修理には高額の費用がかかる場合があります。そのタイミングで買い替えを検討するのもよいかもしれません。

 

車の寿命は乗り方、手間のかけ方次第で変わります。もしも寿命を迎えてしまったら、中古車買取の専門業者、または廃車買取業者に依頼しましょう。一括査定をしてもらい、納得できる業者を見つけられるとよいですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。