事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車間距離の目安について丁寧に紹介。安全運転で快適なカーライフを!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車間距離の目安について丁寧に紹介。安全運転で快適なカーライフを!

car-accident-2307383_100%

 

悲しいことに、自動車事故は近年増加傾向にあります。最近よく耳にするようになってしまった「あおり運転」。高速道路でわざとまえの車に近づき、十分な車間距離を取らず、事故に至ってしまうという痛ましい事故もありました。

 

このような、故意によって起こった事故はもはや、事件と言わざるを得ない状況です。

 

もし、車間距離などが頭の片隅にでもあったのなら、事故を防ぐことが出来るかもしれません。運転をするということは、加害者にも被害者にもなり得るのです。今回は安全運転で快適なカーライフを送るために、いまいちど「車間距離と目安」について考えていきましょう。

 

 

車間距離の目安

運転する際に、車間距離をきちんと取って運転していますか?「約束の時間に間に合わない!」などの焦りが運転にでて、車間距離をあけることを忘れてしまい、衝突事故を起こしてしまった。というような、ご自身の心模様が思わぬ事故を引き起こしてしまう原因にもなり得ます。

 

こういったドライバーひとりひとりの安全運転の意識の違いにより、残念ながら多くの事故が起きています。車間距離をきちんとあけることにより、事故を防ぐことができるのです。ここで、車間距離をしっかり把握しましょう。

 

車の速度によって車間距離は異なる

車間距離は、車の速度に合わせてあけると安全であるとされています。例えば、60kmであれば、60m。80kmであれば、80m。というような大まかな感覚でとれば十分な距離です。

 

車間距離の定義と計算方法

車間距離を考える前に、まずは、定義と計算方法について確認していきましょう。ドライバーがブレーキをかけてから、車が完全に止まるまでの距離が「停止距離」です。停止距離=車間距離と考えられるので、停止距離を算出することで適切な車間距離がでます。

 

反応時間×速度=空走距離

速度の2乗÷(254×摩擦係数)=制動距離

 

その停止距離は、ドライバーが危険だと感じ脳が体にブレーキを踏む指令出すまでに進む距離を、「空走距離」。ブレーキを踏み停止するまでの距離が「制動距離」になり、「空走距離」+「制動距離」=停止距離 となります。

 

しかし、運転している際にわざわざ計算をしなくても、先述にもお伝えしたとおり、速度に合わせた距離をあけるのが、一番よいかと思います。

 

車間距離はきちんと設定されています

カーエアコンを長持ちさせる故障の予防対策

 

車間距離は、高速道路・一般道路で異なりますが、きちんと安全に運転ができる車間距離が決まっています。

 

高速道路の場合

高速道路の左側ガードレールに50mごとに緑色の看板があるのを見たことがあるかと思います。これは「車間距離確認区間」といって、前車がその看板を通ってから自車が通るまで、1,2,3……。と数えると前車との車間距離の目安になるので、車間距離を意識できますね。

 

また、走行車線に区画線が引かれているのですが、そのラインの間隔が12mと決まっています。それも車間距離の目安となるので、確認しながら運転するとよいでしょう。

 

一般道路の場合

一般道路では、高速ほど速度も出していないので、長く車間距離をおくことで、かえって渋滞を引き起こしてしまうおそれもあります。先述にお伝えした、「速度同等の距離」から15mほど引いた車間距離を取られるとよいでしょう。

 

車間距離を取らないとどうなる?

では、車間距離をとらないことにより、何か罰則はあるのでしょうか?また、車間距離をとらなかったことによって起きてしまった事故には、どのような事態が考えられるでしょうか?

 

車間距離違反で罰則が科される

安全な車間距離を保ち、運転しなければならないことは、道路交通法第26条で定められています。この条例により、車間距離をあけず運転していると、安全運転を怠ったとみなされ、【車間距離不保持】として処罰されます。

 

高速道路では、減点点数2点・反則金9,000円。一般道路で、減点点数1点・反則金6,000円の罰則が科されます。

 

衝突事故で最悪の場合は賠償責任に

車間距離をとらなかったことによってひきおこされた事故により、相手の車を破損させてしまい、被害者側が賠償請求を起こす可能性もあります。車などの物損であれば解決の糸口はありますが、人身事故となってしまった場合、被害者の人生を奪ってしまったのですから、賠償の仕方や金額なども難しい状況になります。ご自身の人生ももちろん変わり、罪を犯してしまった意識と生きていかねばなりません。

 

ドライバーには一瞬の判断ミスや心模様により、自分だけでなく他人の人生をもかえてしまうことを意識し、安全運転をしていく義務があります。

 

もし事故を起こして愛車が事故車になったら… 

crash-test-1620591_640

 

車間距離をあけなかったことにより、事故をおこしてしまい、愛車が事故車になってしまった場合、事故に遭ってしまっただけでも心労があるのに、その後の愛車の処理の仕方もどうしたらよいかわかりませんよね。

 

修理して使い続ける

破損箇所が、修理できる状態であれば修理をして乗り続けることがベストかと思います。しかし、修理代金があまりにも高額での場合、頭を悩ます問題ですよね。そのような時は、自分が加入している自動車保険を確認しましょう。

 

ご自身が加入している保険で支払うことができれば、そのときに支払う金額もおさえることができ、金銭的にも負担が少なくなります。しかし、保険を使うことで、等級がさがり、月々の保険金額が高くなることは覚えておきましょう。

 

事故車専門の買取業者を頼る

愛車を手放す決意をされたら、買取業者に依頼することもできます。しかし、事故を起こした車は「事故車」となるので、通常の買取より低い金額になります。「事故車専門買取業者」ですと、事故車の中でもさまざまな目線から、査定してくれるのでそういった業者に、一度査定をされるのがおすすめです。

 

廃車専門の買取業者を頼る

廃車にすることを決断されたなら、乗ることはできなくても、少しでも愛車の価値を知ってもらえる廃車専門の業者に依頼してみてください。廃車専門の業者は走ることが不可能になってしまっていても、解体・分解することで、使える部品やパーツなどの値をつけてくれるので、愛車の価値をわかってもらえたようで嬉しいですね。

 

それぞれたくさんの業者がありますので、どこに依頼したらよいのかわからないというかたには、比較サイトをおすすめします。比較サイトには、実際に利用したお客さんからの口コミなどもあり、参考になります。そして、数社に査定をしてもらうことにより、価格の平均もわかり、たいへん便利です。その中からご自身の希望に見合った業者を選ばれるとよいかと思います。

 

まとめ

今回は、車間距離の目安についてお伝えしました。ドライバーは、安全意識をもって運転するか否かで、加害者にも被害者にもなり得てしまいます。的確な車間距離をあけて運転することで、事故を防ぐことができることがおわかりいただけたと思います。

 

車間距離をあけていなかったことで事故をおこしてしまい、愛車が事故車になったとしてもさまざまな方法があるので、買取してもらい、手元にお金を残すことができるので、安心ですね。

 

しかし、まずは、事故を起こさないように意識し、日々運転を心掛けることが大切です。ドライバーひとりひとりが安全運転を心掛け、事故のない日常を送りたいですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。