事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

火災車両の売り方!廃車のまえにちょっと知ってほしいお得な情報

無題ドキュメント

最新情報・レポート

火災車両の売り方!廃車のまえにちょっと知ってほしいお得な情報

火災車両の売り方!廃車のまえにちょっと知ってほしいお得な情報

 

車が使えなくなる原因のひとつが火災です。「家で火災が発生したとき、車も一緒に燃えてしまった」「自動車になんらかの不備があり発火して燃えてしまった」など火災の原因はさまざまかと思います。

原因が何であれ、火災による損傷がひどければ車は使えません。となると、思い浮かぶのは「廃棄」という言葉ですよね。使えない車は捨てるほかないだろうと考え、廃車手続きを進めようとするかもしれませんが、「買取」の可能性も捨ててはいけません。火災で動かなくなってもまだお金になるかもしれないのです。

なぜ火災車両でも売れるのでしょうか?そして、高額買取してもらうコツはあるのでしょうか?本記事では、このような疑問にお答えしていきます。火災車両を売りたいと考えている方は、ぜひ参考にご覧ください。

 

 

火災車両でも売れる!その理由とは?

火災で焼け焦げた車は査定額が低くなることが多いです。しかし、絶対に0円になるとは限りません。見た目がボロボロな火災車両でも、修理や部品交換に少しでも使えるならまだまだ価値はあります。その理由を3つご紹介します。

海外では日本車が大人気

日本製の車は世界的に人気で、海外との売買も盛んです。そのため、日本車は中古や事故車でも高額で買い取ってもらえる可能性を秘めています。日本では車検をきちんとおこなっているため、年式が古くても状態がよい車が多いことも、海外で人気な理由のひとつです。

このように、日本製というブランドを巧みに使って高額買取をしてくれる業者が存在しているので、ぜひ利用しましょう。

 

部品も売れる

ボディが燃えてズタボロになっていても、見えない部品が使えるかもしれません。エンジンやモーターなど、まだ壊れていない部品は再利用できます。車を解体して部品ごとに販売できる買取業者は、買取額が高額になる可能性が高いです。

 

鉄の再利用

部品も何もかも使えなくて、うんともすんとも動かなくなった車。しかしまだ「鉄」としての価値があります。一部のパーツやボディには大量の鉄が使われており、何キロ、何10キロと集まれば数万円の価値になるとも考えられます。

 

火災車両を売るならどこに相談?買取業者がおすすめのワケ

火災車両を売るならどこに相談?買取業者がおすすめのワケ

 

火災車両を買い取ってもらえる場所は2種類あります。「ディーラー」と「事故車専門買取業者」です。

車を買うときにお世話になるディーラーは気兼ねなく相談しやすいですが、じつは買取業者のほうが高額買取してもらえる可能性が高いんです。それぞれの特徴をみていきましょう。

 

ディーラー

ディーラーは車を販売している会社です。販売が売り上げの主軸ですが、下取りもおこなってくれます。ディーラーでの下取りはそこで新車を買うことが前提ですので、車の購入場所を決めてから下取りを頼む必要があります。

下取りには、事故車買取業者に比べて買取価格が低いという特徴があるので、注意が必要です。ただし、いつもお世話になっているディーラーを利用すれば、価格を上げてくれる可能性もあります。

 

事故車専門買取業者

事故車専門買取業者を利用するのがおすすめです。事故でボコボコになった車以外にも、火災車両や水没車両なども扱っている業者が多いです。

パーツ分解できる業者や、海外に部品や車本体を販売している業者は高額買取の望みがありますので、積極的に探してみましょう。とはいえ、買取業者はいくつもあります。少し時間はかかりますが、金額を見比べて、高く買取ってくれる業者を見つけましょう。

 

火災車両の売却はどのようにおこなわれるのか?基本的な流れをご紹介

買取してもらう場合、火災車両を手放すまでの流れはこのようになっています。はじめて買取を体験する前に、流れを簡単にでも確認しておきましょう。

  • 1. 買取価格を査定してもらう
  • 2. 査定結果をもとに、買取業者を選ぶ
  • 3. 書類を準備してもらい、火災車両を引き取ってもらう
  • 4. 買取価格の振り込みを確認

 

査定は、ネット上で車種やメーカー、年式などの基本情報を入力するだけの簡単操作で完了します。ほかには、買取業者に電話してから査定をする場合や、お客様の自宅に出向いて出張査定する業者もあります。自分の試しやすい方法で査定しましょう。

また、書類などの手続きの面は、買取業者がすべておこなってくれることが多いです。手間がかかるのではという心配は無用ですので、安心しておまかせしましょう。

 

少しでも高く売りたい!高額査定のポイント

少しでも高く売りたい!高額査定のポイント

 

査定額が安くなりがちな火災車両ですが、ちょっとでも高く売れたらうれしいですよね。高く売るにはちょっとしたコツがあります。ここでは2つご紹介しますので、自分でできそうなことから試してみましょう。

 

できる範囲で掃除をしておこう

  

少しでも高額価格で査定してもらうためには、できる限りキズや汚れを取り除いておくことが大切です。掃除など、簡単にできる対処は自分でおこないましょう。

小さく浅いキズであれば、自分でも直せることがあります。コンパウンドと呼ばれるボディ用の研磨剤を使えば、塗装の上のキズを目立たなくなります。スポンジやいらなくなった雑巾・布にコンパウンドを塗り、やさしく撫でるように研磨します。

研磨剤は市販でも販売されているので、試してみるとよいかもしれません。しかし、大きな傷はどうにもならないので、無理にキズを消そうとするのは厳禁です。

車内の細かい汚れを掃除する、薄汚れたガラスは水拭きしてピカピカにするなど、ちょっとした作業で車の見た目は見違えます。少しでも印象をよくするために、査定に出す前に汚れをチェックしておきましょう。

 

一括査定で見積り比較

火災車両を売るときは、一括査定を利用しましょう。一括査定とは、複数の買取業者から買取の見積金額を提示してもらえるシステムのことです。1社だけに買取の査定をお願いすると相場がわかりませんが、数社に査定してもらえば、自分の車にどれくらいの値段が付くのか、そして一番高値で買い取ってくれる業者がどこなのか、といったことを一目で判断できます。

火災車両は、事故車の買取をしている業者が扱ってくれる可能性が高いです。インターネット上でも無料で一括査定できるサイトはありますので、ぜひ利用してみてください。

 

まとめ

火災が原因で使えなくなってしまった車の買取について解説しました。火災車両はたしかに無傷な中古車に比べると買取価格が安いですが、最初から諦めず買取に挑戦してみてください。日本製というブランドや、部品を分解・組み立てする技術、鉄の利用価値を巧みに使って高額買取をしてくれる業者があります。

基本的には、自動車販売を専門とするディーラーでの下取りよりも、買取業者のほうがお得です。さらに、事故車の買取に特化している業者なら、思ってもいなかったような値段が付くかもしれません。

買い取ってもらうには、まずは査定、その後見積り額を確認して検討し、業者を絞ります。それから書類準備など手続きをおこない、引き取ってもらうという流れです。最後に買取金額を振り込んでもらいます。

火災車両を売る際は、掃除やキズの修復をする、一括査定を利用していくつかの買取業者に査定額を出してもらうなどして、高額買取してもらえるようにじっくりと検討しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。