事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

 

輸入車、いわゆる「外車」に憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。実際、国産の一般的な車よりも、輸入車の方が高額で販売されていることが多いため、輸入車を持つことがひとつのステータスになっているのも事実です。

そんなステータスにもなる輸入車ですが、「国産車よりも維持費がかかる」とよく言われていますよね。また、国産車以上に輸入車はメンテナンスが必要なのです。

また、輸入車であれば自動車保険も高額になります。それは、輸入車だからこそ、盗難の対象となる場合が多く、故障も国産車より起こるといわれているからです。

多くの人が憧れる輸入車ですが、輸入車を購入する前に、メンテナンスや維持費、万が一事故などが起こってしまったらどうするべきなのかを知っておきましょう。すべて納得したうえで、購入するほうが安心できますよね。

 

 

輸入車を購入するなら知っておくべき「メンテナンス」について

輸入車を購入するなら、必ず知っておきたいのが、このメンテナンスについてです。これまで長く国産車に乗っていて、はじめて輸入車の購入を考えている方も多いのではないでしょうか。メンテナンスだけに限らず、あらゆることにおいて国産車と輸入車では異なります。

まずは、メンテナンスについて、輸入車と日本車ではどのような違いがあるのか、見ていきましょう。また、輸入車には、故障しやすい箇所がいくつか存在します。それを知っておくことで、定期的なメンテナンスを心掛けることができますよね。

もし部分的に壊れてしまった場合、修理代はどれほどになるのでしょうか。購入するときだけでなく、維持するのにもお金がかかるといわれている輸入車ですが、その実態はどうなのか、見ていきましょう。

 

輸入車と日本車のメンテナンスの違い

輸入車と日本車のメンテナンスには大きな違いがあります。

 

〇輸入車

定期的にメンテナンスが行われる前提でつくられています。そのため、日本車では交換が必要ない部分であっても、それは消耗品としても扱いをするべきなのです。輸入車は、乗り心地や品質が高いぶん、それを維持するためには部品を交換しなければなりません。

つまり、もともと新車で購入した当初の部品のまま、長年使い続けることを見越して製造されていないのです。

 

〇日本車

日本車は、「メンテナンスフリー」といわれるほど、こまめにメンテナンスしなくても故障が起こらないといわれています。そもそも、日本車は車を維持するにあたり、メンテナンスをしなくてもよいようにつくっているのです。これが、日本車と輸入車の大きな違いです。

 

外国では、日本とは異なり、1台を非常に長きにわたって乗ります。日本では、年月が経つにつれて自動車税がかかったり、車検制度があったりと、長く1台の自動車を維持する方はそれほど多くありません。走行距離が10万キロを超えたときが乗り換えるタイミングといわれているほどです。

一方、外国では、1台の車を定期的にメンテナンスしながら、走行距離が30万キロになるほどまで乗り続けるのもまれではありません。「日本は新車ばかりが走っている国」と表現する外国人もいるといいます。

輸入車を手に入れる場合は、あらかじめ定期的にメンテナンスすることを視野に入れて購入するとよいでしょう。

 

輸入車で交換が必要となるのはどの部分?

輸入車で交換が必要となる部分は、以下の通りです。

  • 〇エンジンマウント
  • 〇電気系統
  • 〇ウォーターポンプ
  • 〇ゴムブッシュ

 

特にゴムブッシュは、車の安全性に大きく関わる重要な部分です。エンジンマウントも、故障してしまうと異音がします。車の安全性に支障をきたす前に、定期的にメンテナンスをして、交換するように心がけましょう。

また、多くの方が、輸入車は壊れやすいという評価をしていますが、実際は、輸入車を日本車と同じように乗ろうとするから故障するのです。それぞれの製造時の考え方が違うために、このようなつくりになっていることを覚えておきましょう。

 

もしも壊れたら修理代が高くつく?

もしも故障してしまったら、修理代はどうなるのでしょうか。国産車とは違い、輸入車の修理をするには、その部品を取り寄せる必要があるケースも少なくありません。そのため、その費用が必要になります。

輸入車の中には、日本の部品を使っているものも存在しますが、多くの場合は、自国のこだわりのある部品を使用しています。依頼先に部品の在庫がないと、修理にも時間がかかります。もしあったとしても、輸入品であるため、修理代も高くついてしまいます。

しかし、修理の依頼先によっては少し費用を抑えることもできます。輸入車に特化した業者が数多くあるのも事実です。輸入車を購入する前に、ご自身の近所にそのような店舗があるか、知っておくとよいかもしれません。

また、最も安心できるのは、費用はかかりますが、購入したディーラーに修理をお願いする方法です。そのメーカーの確実な知識を持っているため、的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。

 

こちらもチェックしておきたい!輸入車の「維持費」について

こちらもチェックしておきたい!輸入車の「維持費」について

 

輸入車に限らず、車を所持する際に必要なのが、「維持費」です。日本車と輸入車の維持費には、どのような差があるのでしょうか。ひとつひとつ確認してみましょう。

 

自動車保険

これは、日本車、輸入車共にどちらにもかかるものです。その種類は、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類あります。

自賠責保険は、国産車でも、輸入車でも変わりません。加入している期間によってかかる費用が異なります。一方で任意保険は、日本車よりも輸入車のほうが高くついてしまいます。

その理由として、輸入車のほうが、盗難の被害の対象になりやすく、さらに修理代も高くついてしまうために、保険料も高く設定されています。輸入車の中でも、大型の車であればあるほど、任意保険は高くなります。ご自身が購入を考えている車種では、任意保険の保険料がどれほどになるか、事前に調べておくとよいでしょう。

 

ガソリン代

輸入車は、日本車に比べてガソリン代が高くかかるのをご存知でしたか。日本車の多くはレギュラーですが、輸入車の多くは、ハイオク指定がされています。ご存知の通り、ハイオクはレギュラーよりも、おおよそ10%価格が高く設定されているため、自然とガソリン代はかさんでしまいます。

さらに、世界中の車種をみても、日本車は燃費がよいものが多いのが事実です。今お持ちの車よりも、輸入車のほうが燃費が悪いということもまれではありません。輸入車の燃費が日本のものよりも悪いことの総じて、ガソリン代はかかってしまいます。

 

車検代

ディーラーなどでの車検を依頼すると、整備代や部品代で費用がかかり、総額も高くなってしまうことがほとんどです。日本車の車検代と輸入車の車検代の差は、場合によっては3倍弱にもなるのです。

一方、輸入車であるからこそ、車検代を抑える方法もあります。その方法が、「ユーザー車検」と呼ばれるものです。これは、簡単に言うと、自分で車検と同様の作業をするということです。

その輸入車を使用している本人が、車検の仕方のガイドブックに基づいて、メンテナンスを行うのです。最近では、多くの車検場で場所を貸し出しする環境が整ってきています。

自分には難しい……と諦めてしまうのではなく、費用を削減するには、一度覚えてしまい、より安く維持することをおすすめします。

 

もしも事故を起こしてしまい、輸入車を手放すことになったら…?

もしも万が一、輸入車で事故を起こしてしまったら、どうすればよいのでしょうか。輸入車に特化している業者もあるため、そのような業者の有効な使い方も覚えておきましょう。

 

修理してもらう

多くの方は、修理を依頼するでしょう。この時、一般的な修理業者に依頼すると、どうしても高額の費用がかかってしまいます。そうではなく、このような修理の時こそ、輸入車に特化した業者に頼みましょう。

特に、年式の古い輸入車をお持ちの場合、一般的な修理業者では受けてもらえないこともしばしばあるようです。意外と輸入車専門業者も多いものです。身近にそのような業者がないか、一度確認してみるとよいでしょう。

 

買取に出して新車を購入

修理してもらうほかにも、買取に出してしまい、新しい車を購入するという方法もあります。これは、事故や故障の度合いによっては、修理代よりも買い取ってもらったほうがお得な場合があるからです。故障の度合いがひどければ、その車を手放して、新車の購入を考えてもよいかもしれません。

事故車を買取に出す場合は、輸入車専門の買取業者に依頼することをおすすめします。どの車も買い取っている業者よりも、専門業者のほうが高額で買い取ってもらえる可能性が高いのです。

 

本当に事故車を買い取ってくれるの?事故車のその後にも価値はあります

本当に事故車を買い取ってくれるの…?事故車のその後にも価値はあります

 

事故を起こしてしまって、傷がついた車を本当に買い取ってもらえるのか、不安になる方も多いでしょう。実は、事故車でも価値はあるのです。損傷の度合いにもよりますが、事故車のゆくえは、主に以下の3つにわけられます。

 

〇部品やパーツが単体で販売される

車自体は傷ついていても、あらゆる部品やパーツはまだ使えたりもします。特に、輸入車の場合は、需要も高いため、高額で売れたりするのです。

 

〇海外へ輸出される

日本での事故車は、軽度な損傷でも売りに出されるものが多いのが事実です。そのため、修理をした後に、海外に輸出され、海外で運転されていることもしばしばあります。

 

〇解体され、資源として売られる

車は、鉄やアルミなど、資源となる部分が多く含まれています。そのため、解体された後も、資源として取引されるのです。

 

まとめ

多くの方が憧れる輸入車ですが、実際に持つとなると、日本車を維持するよりも費用はかかります。それでも、憧れのステータスを手に入れることもできるのです。輸入車の購入を考えている方は、メンテナンスや維持費について知った上で、購入するとよいでしょう。

また、維持する際や事故を起こしてしまった際に、有効に使えるのが、輸入車専門の業者です。このような業者では、一般的な業者よりもより安く、迅速に対応してくれるケースが多いのです。いざというときは、このような業者を頼るとよいでしょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ