事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

アクセル・ブレーキ踏み間違いが年齢性別問わず増加!原因と対策は?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

アクセル・ブレーキ踏み間違いが年齢性別問わず増加!原因と対策は?

事故車の定義はこれ!車の購入時に事故車かどうかを見極めるには?

 

今や私たちの生活の一部となった「自動車」。仕事の通勤や買い物、または大切な人や家族とのドライブなど私たちの生活をより豊かに、そして彩りあるものにしてくれる。とても便利なものですよね。しかし、便利とは裏腹に、一歩間違えれば人に危害を与える「凶器」ともなりかねないのが自動車です。

 

最近のニュースで、「アクセルとブレーキを踏み間違えて事故をおこした」といったものを耳にするかと思います。「自分はそんなことは絶対に大丈夫」と思っている方、実は年齢・性別問わずに、アクセルとブレーキを踏み間違えていることが報告されているのです。

 

今回は、アクセルとブレーキの踏み間違えについてお伝えしていきます。誰にでも操作ミスの可能性があります。一緒にアクセルとブレーキの踏み間違いについて考えてみましょう。

 

 

20代男性にも多発している踏み間違い事故

 

主に高齢者や女性が、アクセルとブレーキの踏み間違いをおこすことが多いというイメージをもっている人もいるかもしれません。しかし、高齢者や女性に限ったことではなく、若い男性でもペダルの踏み間違いをすることがあります。

 

ペダルの踏み間違いによっておきた事故を年齢別にみていくと、65歳から74歳の高齢者と同じくらい、24歳以下の若い人もペダルの踏み間違いをしています。

 

また、若い女性のみならず、若い男性もペダルの踏み間違いをおこしています。免許を取得してまだ日が経っていない人や、運転になれていない人に多い傾向がみられます。

 

最近はオートマ車に乗っている方も多いかと思いますが、ペダルの踏み間違いは、ミッション車に比べて、オートマ車による発生率が高いです。

 

【原因】なぜアクセルとブレーキを踏み間違う?

還付金請求には手続きが必要?また受け取りはどこで?

 

「アクセル」と「ブレーキ」、全く違う役割を果たす両者をどうして踏み間違えてしまうのでしょうか?ここでは、ペダル操作を間違える原因をお伝えしいきます。原因を知ることで、自分の注意力を高めることに繋がります。

 

・踏み間違い事故は駐車場や車庫でおきやすい

ペダルの踏み間違いは、どこで起こることが多いのでしょうか?ニュースで耳にすることが多いように、実際に立体駐車場や、自分の家の車庫、出先の駐車場でのペダルの踏み間違いの発生件数が多いです。アクセルの踏み間違いには十分注意が必要です。

 

・バック駐車を行っている途中に踏み間違えてしまう

どうして、車庫や駐車場でのペダルの踏み間違いが多いのでしょうか?駐車場や車庫は、バック駐車することが多いでしょう。

 

バック駐車するときのことを思い出してみてください。バック駐車をするとき、駐車スペースに止めようと、ルームミラーやバックミラーをみて周りに人がいないかを「目視」で確認しなければいけません。そのようなときに、人が突然飛びでてきてブレーキを踏むときに、ペダルを見ている余裕はありません。

 

このように普段の走行中ではなく、車庫や駐車場にバック駐車するときに、ペダルの踏み間違いがおきやすいのです。

 

・想定外の出来事によって判断ミスをする

想定外の出来事が起こることによって、ペダルの操作ミスをすることも考えられます。パニック状態や急いでいる状態だと、正確な判断ができないことを想像するのは難しくないでしょう。そんなときの対処法は、落ち着いて行動することが大切です。

 

【対策】アクセル・ブレーキの踏み間違いを防ぐには

誰にでもアクセルとブレーキを踏み間違えることがあります。それでは、どのように運転をすれば防ぐことができるのでしょうか?ここでは、その対策方法をお伝えしていきます。

 

・運転姿勢は正しく!

ペダルの踏み間違いを防ぐ対策のひとつに、運転姿勢を正しくすることがあげられます。ついつい運転に慣れてきて、運転姿勢が崩れていませんか?オートマ車に乗っている方はとくに、運転姿勢が無意識のうちに崩れているおそれがあります。

 

左足をフットレフトに置いていますか?教習所で習ったことも、運転になれてくるとつい油断してしまうものですよね。正しい運転姿勢を心掛けると、ペダルの位置のズレを最小限にすることができます。一度自分の運転姿勢を見つめ直してみましょう。

 

・注意力散漫になるような状況を避ける

注意力が散漫になると、ペダルを踏み間違えるおそれが高くなります。現在は、「スマートフォンをみながらの運転」、「電話をしながらの運転」への罰則が重くなったので、注意している方も多いでしょう。また、音楽を大きい音量で聞いている、会話に夢中になっているといった状況にも注意してください。

 

・「かもしれない運転」を心掛けることでパニックを避ける

運転するときは、常に「~しれない」という意識をもつことが大切です。「あそこの角から人が飛び出てくるかもしれない」といった最悪の状況を予測し対応できるように、運転することが大切です。パニックを避けることができ、どんな状況でも冷静に判断することができます。

 

・特に心配な状況では、ペダルを目視しながら操作する

まだ運転に慣れていなかったり、とくに心配な状況だったりするときは、ペダルを踏み間違えないように目視で確認してから操作するのも、ひとつの手段です。目視で確認することで確実に、間違えることなく操作することができます。

 

根本的な原因は車の構造にある

改造車でも車検に通る方法を伝授!決め手は保安基準と構造変更申請

 

運転意識を高めることで、ペダルの踏み間違いを減らすことができます。しかし、根本的な原因は車の構造にもあるとされています。

 

・意識的な対策をしても、ブレーキの構造自体に問題が残っている……

「アクセル」と「ペダル」は隣に並んでおり、同じ「ペダルを踏む」という行為です。そのため、操作はまったく同じになってしまいます。車の構造的に、そこに踏み間違いが発生する原因があるでしょう。

 

・踏み間違わないアクセル、ブレーキが開発されています

現代は製品開発が格段に進み、踏み間違いを起こらないようなアクセルやブレーキが開発されています。

 

例えば、アクセルとブレーキが一つになった製品があります。これならペダルが一つしかないので、踏み間違える心配はありません。このペダルを踏むと「ブレーキ」、横にあるレバーを水平に動かすと「アクセル」になります。

 

また、自動制御をしてくれる「自動ブレーキ」も開発されています。自動車のCMで聞く機会が多い自動ブレーキですが、操作ミスがあったときに運転者に知らせてくれる、急発進が起こらないように制御してくれるという機能がついています。

 

・気を付けていても不安を感じる人は……

運転に最新の注意が払っていても、ペダルを踏み間違えてしまうかもしれないと不安がある方は、早めに踏み間違いを防ぐ機能を追加したり、買い替えを検討したりした方が安心できるのではないでしょうか。

 

また、もし踏み間違いなどで事故車になってしまったという人も、事故車専門の買取業者を利用すれば、次の車の購入資金を得ることができます。一度、相談してみましょう。

 

まとめ

今回は、アクセルとブレーキの踏み間違いについてお伝えしてきました。今回お伝えしたように、高齢者だけでなく自動車を運転する限り誰にでも操作ミスをするおそれがあります。自動車は便利な反面、一歩間違えれば凶器になってしまいます。

 

ドライバー一人ひとりが、操作ミスをしないように注意を払うことが大切です。今回ご紹介した対策も、すぐにおこなうことができるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。