事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車にエアバックの作動車は含まれる!?賢く処分をする方法を伝授

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車にエアバックの作動車は含まれる!?賢く処分をする方法を伝授

車検費用が高くなるのはこんな車

 

事故車のなかにはさまざまなものがあります。全壊したもの、表面だけに不具合が起きたものなど、事故車の定義はさまざま。そのなかでもとくに判断が難しいのが、エアバックの作動した車です。結論からいえば、エアバックが作動した車は事故車になります。

 

今回はそんなエアバックの作動した車の、取り扱いや知識について解説します。エアバックが作動するタイミングや注意点、業者に処分を依頼するときのポイントについて詳しく紹介していきます。

 

エアバック作動車の処分に困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

エアバックについて理解を深めよう

エアバックとは、事故などの大きな衝撃から人体を守るために車についた「衝撃緩和機能」のことです。大きな衝撃が発生すると、人体が車に当たってしまい。大きなケガにつながることがあります。エアバックはそんな事態から、わたしたちの体を守るための大切な機能として搭載されています。

 

エアバックが開くのはどんなとき?

エアバックが開くのは、簡単にいえば車が大きな衝撃を受けたときです。詳しくいえば25km以上のスピードで、かつ衝撃の角度が約30℃以内に生じたとき。当たった部分からの衝撃がエアバックに到達したら、と言い換えたほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

事故などで発生した大きな衝撃から人間の体を守るために、エアバックは作動します。運転席はもちろん、最近では助手席にエアバックが搭載されていることも増えてきました。事故での衝撃から体を守るための大切な安全機能です。

 

また、まれに車が跳ねたり、路肩に乗り上げたりしたときにもエアバックは誤作動することがあります。事故でなくても作動する可能性はあるのですね。

 

開いたエアバックを元通りにすることはできない

見た目は簡単に直すことのできそうなエアバックですが、じつは一度開いてしまうと、知識がなくては元に戻すことはできません。入っていた場所に、ただ戻せばよいというわけではないのです。エアバックを元通りにするには、必ず業者に依頼をする必要があります。

 

そんな業者に修理を依頼したときの、詳しいポイントを次に解説します。

 

エアバックが開いた事故車を修理して使い続けることはできる?

輸入車のメンテナンスや維持費、手放した際の対処法について解説!

 

エアバックが作動した車を、修理すれば再度乗ることは可能です。しかし、その修理費用は約10万円~30万円。さらにエアバックが作動した原因が事故であれば、ほかの箇所の修理が必要になることがほとんどです。修理費用は、さらに上乗せされるでしょう。

 

事故であれば保険を適用してもらうことも可能です。しかし、エアバックの作動するほどの事故であれば、修理費用も高額になりがちです。保険が適用される金額と、車の走行距離や年式、今後の利用計画などを考えて、修理の有無を検討するのがよいでしょう。

 

エアバックが開いた事故車を処分する方法

事故車でエアバックが作動している場合の「修理費用」は高額です。修理費用によっては、直すよりも処分を選択したほうがよいこともあります。ここではエアバックが作動した事故車の、修理以外の処分方法について3点解説します。

 

保険会社に処分してもらう

車の保険に加入していれば、事故車の処分を保険会社にゆだねることが可能です。この方法は、保険でもらえる金額を現金で受け取り、代わりに車を扱う権利を保険会社にゆだねることで実現することが可能です。修理費用が高額であれば、検討してもよいでしょう。

 

詳しいケースはそれぞれの保険会社によって異なりますので、保険会社に相談してみてください。

 

ディーラーや修理工場で廃車にしてもらう

修理に費用がかかる場合は、思い切って事故車を廃車にしてしまう選択肢もアリでしょう。とくにディーラーや修理工場では、事故車の廃車処理を受け付けているところも多いです。廃車のための費用はかかりますが、自分で手続きをするよりもラクなのでオススメです。

 

事故車・廃車専門の買取業者に売却する

この方法が事故車の処分としては一番よい方法です。事故車の買取を「事故車買取業者」に依頼しましょう。動かない車や大きく故障した車、エアバックが作動した車ももちろん買取してくれます。

 

一番のメリットは、廃車のための費用がかからないどころか、買取による売却益が出ることです。廃車の手間もなく、利益が出る。事故車買取は、事故車の処分方法でもっともよい選択肢として、オススメできます。

 

買取業者に依頼するのがお得!よい業者の選び方とは

事故車でも高額買取してもらえる3つの方法

 

エアバックの作動した事故車を、買い取ってもらうのがもっともよい選択肢。そこで重要になるのが、どの業者に依頼をするのかです。事故車の買取は知識のある業者に依頼をしなければ、高額な買取額を期待することはできません。

 

たとえば中古車買い取り業者では、買い取った車を修理して再販します。つまりは、修理可能なレベルの、キレイな車が基本的な買取対象です。事故にあって故障が大きい車や、エアバックの作動した事故車を高額で買い取ることはなかなかないでしょう。

 

対して事故車買取をおこなう業者では、事故車の車としての価値はもちろん、その車の部品にも価値を見出してくれます。故障が大きく及ぶ事故車であっても、使える部品に価値を見出してもらえるぶん、買取金額も高くなるのです。

 

一括査定を依頼する

そんな事故車買取業者を探すなら、インターネットを使った一括査定が圧倒的に手軽です。複数の業者が提示する買取金額を一括で、かつ簡単に調べることができるので、ラクラク。手間も時間もお金もかかりません。インターネットが使えれば誰でも可能です。

 

また、入力する情報も車の年式や走行距離、ボディカラーなどのシンプルな情報だけ。加えてご自身のお名前や住所の情報です。スキマ時間にも手軽に試せるので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

 

業者の人柄にも注目する

一括査定である程度依頼する業者が絞れたら、そこから先はさらに業者を絞り込みましょう。金額が同じくらいであれば、次に見るべきは業者の人柄です。せっかく依頼をするのであれば、誠実に、丁寧に対応してくれる業者を選びたいものですよね。

 

そのために参考にしたいのが、クチコミサイトや業者の公式サイトです。業者のサービスを受けた生の声や、業者の実績を確認することで、より信頼のおける業者を絞ることができるでしょう。ぜひこちらも業者選びの参考にしてみてください。

 

まとめ

事故車として扱われるエアバック作動車、人体を守ってくれる大切な機能ですが、作動してしまうと、修理するのは一筋縄ではいきません。自分で修理することは難しく、修理を依頼した際は費用約10万~30万円、安くはありません。

 

もしご自身の車のエアバックが作動してしまい、処分に困ったら、修理を依頼するよりも、事故車買取を選択したほうが賢いかもしれません。廃車の費用もかかりませんし、売却による利益も手元に残ります。売却で得た利益を新車購入に当てることもできるでしょう。

 

事故車の買取は、必ず事故車の扱いがある業者に依頼をするようにしてください。買取金額が大きく異なります。そのためには、インターネットでの一括査定が圧倒的な近道です。ぜひ活用して、納得のいく形の処分方法を探してみてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。