事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

不動車は買取OK?気になる不動車の処分方法について解説します!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

不動車は買取OK?気になる不動車の処分方法について解説します!

不動車は買取OK?気になる不動車の処分方法について解説します!

 

長年乗った車や事故、災害で乗れなくなってしまった車はありませんか?そんな車「不動車」が今注目を集めています。廃車の方法や処分の方法に悩んでいるかた、その悩みはもう必要ありません。なぜなら不動車には「売却」という選択肢があるからです。

今回は不動車の買取や処分の方法を解説します。そのなかでもオススメするのは圧倒的に買取業者に売却をすること。今回の記事を最後までご覧いただければ、その理由はスッキリ解決するでしょう。業者の選びかたまで徹底紹介、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

不動車って?不動車になる主な原因は?

「不動車ってそもそもなに?」不動車というとあまり一般的な言葉ではありませんよね。不動車の買取について説明していく前に、まずは不動車について詳しく知っておきましょう。

不動車についておさらい

「不動車」とは読んで字のごとく、もう動かない車のことを指します。車が不動車になってしまう原因はひとつではありません。

 

不動車になる原因として考えられるもの

車が不動車になる原因には、主に下記の理由が挙げられます。

・経年劣化

車にはたくさんの部品が使われています。そうした部品が長年の使用によって劣化し、車が動かなくなる原因になります。エンジンやバッテリーなどの車の心臓部をはじめとして、電子機器などの機械的な部品の劣化も含まれます。

 

・長距離を走った車

車は距離を経るごとに劣化していきます。それはたとえ丁寧に扱っていても、避けることは難しいでしょう。長距離を走った車は、部品の経年劣化も重なり不動車となることもあるようです。

 

・事故の影響

交通事故や自損事故などが原因で、車が不動車になるケースも多々あります。事故で故障したり、大破してしまったりした車は想像するに難しくはないでしょう。表面的な故障は問題なく使えることが多いですが、内部の故障があると不動車になることも多いです。

 

・自然災害の影響

火災に巻き込まれたり、水害に巻き込まれたりすると車が不動車になってしまうことがあります。とくに水に浸かった水没車は、普段使いには問題はなくても突然トラブルが発生し、不動車になってしまうこともあるようです。

 

車が不動車になってしまう原因は、これらのものが主です。できれば発生自体避けたいところですが、長年の利用や突然の事故、災害は回避することが難しいもの。車が不動車になってしまったら、その対処の方法を考えましょう。

 

不動車を処分する方法はおもに3つ!

不動車を処分する方法はおもに3つ!

 

不動車は動かすことも難しい車、現在自宅にあるというかたはすぐにでも処分をしたいと考えているかもしれません。そんな不動車の処分の方法は、主に下記の3点です。

不動車は放置してしまうと場所も取りますし、自動車税がかかることもあります。ぜひ参考にして不動車の処分を検討してみてください。

 

1.新車購入と同時に下取りしてもらう

新しい車を購入する予定があれば、そのときに不動車を引き取ってもらうのはひとつの方法です。しかし、控えめにいっても不動車を下取りに出すのはオススメしません。

新車購入時の下取りはあくまでサービス、主になる仕事ではありません。不動車の下取りでは金額がつくどころか、廃車のための費用を負担することになるおそれもあります。

 

2.自動車の解体業者に処分してもらう

不動車の解体処分を業者に依頼するのは、簡単にいえば車を金属として引き取ってもらう方法です。車には大量の金属が使われているので、解体しそれぞれをひとつの金属として引き取ってもらいます。しかしこちらの方法も値段がつくかどうかは定かではありません。

方法としてもあまり一般的ではないため、参考程度に覚えておくだけで十分でしょう。

 

3.廃車や事故車専門の買取業者に売却する

一番オススメする不動車の処分の方法です。廃車や事故車を扱う買取業者に不動車の処分を依頼すれば処分の手間や時間も省けるうえ、不動車に買取金額がつく可能性もあります。不動車から臨時収入を生み出すには、買取業者への依頼がもっとも安心できるでしょう。

 

少しでも高く売りたい…それなら買取業者を頼ってみて!

不動車の処分の方法は3種類。しかし、実際に処分を依頼するなら買取業者一択といってよいかもしれません。不動車の処分を買取業者に依頼することには、たくさんのメリットがあります。

買取を依頼することで得られるメリット

不動車の買取を依頼すれば、面倒な手続きの手間や労力もかかりません。逆に車に高い価値がつく可能性すらあります。

自宅のガレージが空き、自動車税もかからず、廃車の手間や労力の負担が減る。これだけでも十分なメリットがあるのに加え、臨時で収入を得られる可能性もある。これだけのメリットが得られる買取業者を、利用しない手はないでしょう。

 

業者選びは一括査定がオススメ

不動車の買取を依頼する際は、いきなり買取を依頼するのではなくまずは見積りを取るようにしましょう。しかし、見積りを取るにしてもひとつひとつ見積りをもらっていては、時間も手間も大きくかかってしまいます。そんな事態は避けたいところ。

不動車の買取を依頼する業者を選ぶ際は、簡単にかつ一括で買取金額の比較ができる比較サイトの利用を圧倒的にオススメします。複数の業者の買取金額を知ることができるうえ、相場以下の安値で売却してしまうリスクも減ります。ぜひお試しください。

 

査定の前に…やっておくとよいこと

査定の前に…やっておくとよいこと

 

不動車の査定を受けるなら、査定額は最大限上げたいものです。そのためにはいくつかのポイントを抑えておくことが効果的。ここでは、不動車の査定金額を底上げするためのコツを2点ご紹介します。

 

車関係の書類を用意しておく

車の説明書や追加で付けた装備の説明書、家のなかに眠っていませんか?それらの説明書、自分では不要と思っても、万が一買取業者が車の修理をして販売する場合には、必要になるかもしれません。車に関係する書類は、できる限り用意しておいたほうがよいでしょう。

 

洗車しておく

「不動車を洗車する意味なんてない」とお考えですか?確かに、洗車をしても車の細かい傷や汚れ、故障が直ることはありません。しかし洗車をしておくことでよくなる部分があります。それは買取担当者の「心証」です。

担当者の心証がよくすることは、買取においてはとても重要なことです。買取金額はある程度相場が決まっているもの、そこに違いを生むのは担当者の心証です。キレイな状態の車のほうが、担当する人もできる限り高値を付けてあげたいと思うものでしょう。

不動車の査定をする前には、キレイに洗車をしてあげてから出すようにしてみてください。

 

まとめ

不動車は自宅にあっても使う機会はなかなかありません。ガレージの場所も取りますし、廃車にしなければ自動車税もかかります。そんな事態は避けたいところでしょう。そのためには早めに不動車の処分をすることが、唯一にして最大の方法です。

そんな不動車の処分の方法は、下取りに出すことや解体業者に依頼をすること、そして廃車や事故車の買取業者に売却することです。そのなかでも一番よい方法は、買取業者に不動車の買取を依頼することでしょう。その理由は、本文で述べてきたとおりです。

愛着のある車、長年乗ってきた車。車が不動車になる原因はさまざまですが、処分の方法に悩んで四苦八苦してしまうよりも、まずは簡単にできる比較サイトで、買取金額の比較をしてみてはいかがでしょうか?思いがけず高値がつくこともあるかもしれませんよ。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ