事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

タイヤの寿命は何年?劣化サインや、交換時期の目安を知っておこう

無題ドキュメント

最新情報・レポート

タイヤの寿命は何年?劣化サインや、交換時期の目安を知っておこう

事故車のアライメントとは?必要なのはどんなとき?詳しく解説します

 

われわれ人類は太古の昔から陸上の運搬方法や移動方法として、車輪をいうものを活用しているのです。そして現在の車輪は進化を遂げて、われわれの生活にタイヤというものが欠かせない存在となったのであった……。

 

タイヤがなければ車はただの個室になってしまいます。タイヤがなければ、筋肉ムキムキの人が引っ張ることもできなかったでしょう。そして、私たちの陸上の交通手段もとても不便なものになっていたかもしれません。

 

そんなタイヤが、今回のコラムの主役となります。車に使われるタイヤの寿命や劣化している状況。またタイヤの寿命を延ばす方法など。タイヤについてのさまざまな知識や情報をご紹介させていただきます。

 

 

タイヤの寿命……製造から5年以降は劣化注意!

タイヤはゴムでできており中に空気が入ってます。そして車は基本的に外の雨や風にあたるところに駐車していますので、劣化は避けられません。それはタイヤに対しても同じことがいえます。

 

基本的に走行距離が少なくても製造から5年ほどで劣化が始まります。また10年以上経過している場合は要注意です。タイヤの劣化がひどくなると、亀裂が生じて、パンクやバーストの原因になってしまいます。

 

タイヤは側面に製造時期が記載されています。サイドウォールと呼ばれるホイール近くの部分に楕円形の枠の中に4桁の数字が書かれています。この4桁の数字が製造週・製造年の順で記載されています。

 

最初の2桁の製造週からおおよそ何月頃に作られたか分かりますが、正確な日付を理解するのはちょっと大変です。ここは後ろ2桁の製造年に注目しましょう。

 

製造年は作られた年の西暦で下2桁が記載されています。現在2018年になりますので、5年前ですと「13」、10年前は「08」と記載されています。走行距離の少ない人は、製造年の部分を参考にしてタイヤ交換を考えてみるとよいでしょう。

 

タイヤの劣化サインはここを見る

業者えらびをするときに最低限チェックすべきポイント

 

製造年からの月日で劣化を知る方法以外でのタイヤの劣化はどこを見ていけばよいのでしょうか。ここからはそんなタイヤの状態からの交換のサインについてご紹介していきます。

 

【1か所でもスリップサインが見えたらアウト!】

タイヤは走行距離が多ければ多いほど擦り減り、タイヤの溝がなくなっていきます。溝のないタイヤは滑りやすく、スリップやバーストの原因になります。そんな溝の磨り減り具合を定規で測るというのはとても大変です。

 

タイヤを開発・改良している人そういった溝の問題にも対策をしてくれています。溝部分が1.6mm以下になると、スリップサインという赤い点や三角のマークが溝の中から出てきます。溝に何かが詰まったというワケではありません。このスリップサインはとても大切な信号なのです。

 

スリップサインの1.6mm以下の溝の残り具合いは、車検に通らなくなる溝という意味です。スリップサインが出ているタイヤで運転するとスリップする危険性があります。スリップして大事故に……。となってからでは遅いです。スリップサインが1本でも出たらタイヤ交換をしましょう。

 

【タイヤの溝が4mm以下になっていないか】

タイヤメーカーは安全性というのを限りなく100%に近づけるために努力をしています。安全性のために、溝の深さがどの程度からスリップが起きてしまうのか。というのも研究しております。

 

その結果が「溝の残りが4mmを下回ったらスリップする危険性が出始める。」となったのです。スリップの危険性を少しでも回避しておきたい場合は、この4mmの溝を意識してもよいでしょう。

 

【ひび割れなど見た目にも劣化していないか】

タイヤは長時間外で使われた場合や、空気圧が少ない状態での走行で劣化していきます。タイヤの劣化が進行するとタイヤと地面に接する部分や側面などにひび割れがでてきます。ひび割れが原因でパンクやバーストがおきたりします。

 

亀裂からのパンクやバーストは、高速道路などの地面との摩擦が大きいところで起きやすいです。事故の原因になりますので、こまめにタイヤを検査するとよいでしょう。

 

【走行距離も判断材料になる】

車がたくさん走れば、タイヤも消耗されていきます。どれだけ走っているかはメーターで走行距離を確認するとよいでしょう。

 

タイヤは5,000km走行すると1約mm溝が減るといわれています。新品のタイヤの溝の深さはだいたい8mmが基準です。メーカーの交換サイン4mmは約20,000kmで、車検の通らなくなる1.6mmは約32,000kmという計算になります。

 

タイヤの寿命をのばす方法と保管方法

使う限り消耗していくタイヤですが、丁寧に扱えば寿命をのばすことだってできます。これからはそんなタイヤの寿命をのばす方法をご消化していきます。

 

【タイヤを長持ちさせるコツ4つ】

タイヤを長持ちさせるには、常にタイヤのコンディションや丁寧な扱いが大事です。そのためには以下の4つのことを気にしておいてください。

 

・タイヤの空気圧を適正にしておく

・車種に合った純正のサイズのタイヤにする

・運転時の急は発進・加速・停止をしない

・定期的にタイヤをローテーションする

 

【タイヤの劣化をさける保管方法】

タイヤを長持ちさせるのは劣化を防ぐことは必須条件です。劣化がしにくい状態や環境におくようにするのが大事です。タイヤを大切に保管する方法は以下の内容になります。

 

・直射日光の当たらない涼しい場所に保管する

・保管するときはある程度空気を抜いて、タイヤのみなら縦向きに、ホイール付きなら横向きで積み上げて保管する

・タイヤの中に水が入らないようにする

・タイヤに油や熱、火花が当たらないようにしておく

・タイヤの過剰な清掃はしないようにする

 

どれがお得?廃タイヤの処理方法3つ

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

 

劣化し寿命が来たタイヤは廃タイヤへと姿を変えます。そんな廃タイヤの行方はどうなっていくのでしょうか。

 

ここからは廃タイヤの処理方法をさまざまな視点から3つ紹介していきます。

 

【タイヤを「捨てる」方法】

溝が浅い状態や、年数が経ちすぎて劣化が激しいタイヤは、捨てるという処分になります。捨てるとはいえタイヤはゴム製品です。通常のごみのように廃棄はできません。どこか業者に廃棄を依頼するのがよいでしょう。タイヤを引き取ってくれる業者は以下のところが考えられます。

 

・カー用品店

・ガソリンスタンド

・中古車販売店

・自動車修理工場

・不用品回収業者

 

どの業者も引き取り方や手数料など違いがあります。自分に合った業者に引き取ってもらうとよいでしょう。

 

【タイヤを「売る」方法】

使用しなくなった廃タイヤは劣化以外に、車を買い換えて履けなくなったタイヤもあります。その場合、タイヤ自身はまだ使える状態です。この場合は以下のところで買取をしてもらうのがよいでしょう。

 

・中古タイヤ販売店

・リサイクルショップ

・ネットオークション

・廃車専門の買取業者

 

タイヤを買取にだす際、アルミホイールが付いている場合は査定額が上がります。また廃車専門の買取業者はタイヤなどのパーツの中古売買もしています。その兼ね合いで買取ってくれる場合があるのです。

 

【車も換えたくなったら】

タイヤが劣化するほどの期間が経てば、その車自体も型の古い車になります。貯金などをして経済的に余裕がある場合は、車ごと買い換えることでタイヤの交換。という手もあります。

 

この場合はタイヤは廃タイヤという状態です。ディーラーへの下取りや、中古車販売店に買取り依頼の場合、査定評価は低めです。国内では廃車手前に扱われて査定評価が低くても、海外では現役扱いしてくれる国もあります。

 

そういったところに買取ってもらった方が、買取額は上がります。そんな海外に流通できる業者は、廃車を専門に買取している業者です。

 

廃車買取業者は、使えるパーツや素材を、国産中古車が流通している国に販売して利益を得ています。買取に出した車種のタイヤが使えなくても、車体自体は再利用ができます。またタイヤの溝や劣化状況によっては、海外では走れると判断されるかもしれません。

 

ディーラーや中古車店だけでなく廃車買取業者にも相見積もりを依頼するのがよいでしょう。

 

まとめ

タイヤというものは地面と直接摩擦をし、戦っています。もしかしたら車の中で一番身を削って活躍しているのかもしれません。そう考えると少しでもタイヤの寿命が延びるように保管をしてください。

 

また溝部分の深さが少ないとスリップの原因に、タイヤの劣化でのひび割れが原因でバーストの原因になってしまいます。普段からのタイヤの状況を確認しておくことも事故防止の一環につながります。

 

そして使わなくなったタイヤは引き取りに出すか、買取、そして車ごと売りに出す方法があります。タイヤ自体でも車ごとでも売却をするのであれば複数見積りを出しましょう。業者も中古販売店はもちろん、廃車買取業者など色んなところに相見積もりを出すとよいです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。