事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の手続きってどうやるの?無駄な出費をしない手続きの方法

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の手続きってどうやるの?無駄な出費をしない手続きの方法

事故車の手続きってどうやるの?無駄な出費をしない手続きの方法

 

「大切な車で事故を起こしてしまった、すぐに廃車手続きをしたほうがよいのだろうけど、廃車の手続きってどうやるのだろう……」廃車の手続きはしたことがないというかたも多いでしょう。やりかたがわからないと、ついつい先延ばしにしてしまいがちですよね。

しかし、事故をした車はすぐにでも廃車の手続きをおこなうのが得策です。その理由は、事故車を持っているだけでも税金がかかるからです。少しでもムダな出費を避けるためにも、廃車手続きは早めにおこなうのが正解でしょう。

今回は事故車を廃車にするための、具体的な方法をまとめました。事故車は廃車にしなければムダな出費にもつながってしまいます。そんな事態は避けたいところですよね。これから車の廃車手続きをする必要がある、というかたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

廃車手続きはお早めに!無駄なお金を払わないための大事な対処です

事故した車やもう乗らない車、長い間駐車場に放置していませんか?どのみち廃車にするのなら、早めに手続きをしたほうがお得です。その理由は「自動車税」がかかるからです。

自動車税は年度をまたぐと、翌年度分の自動車税を払う必要があります。「もう乗らない車なのに、なぜ自動車税を払う必要があるのだ」という気持ちはごもっとも。しかし、決まっているものは従わなければいけません。

自分で事故車の廃車手続きをおこなう際はもちろん、業者に手続きをまかせる際も、手続きが終了する日程の目安は確認しておきましょう。できれば無駄な出費は避けたいところ。余った費用は新しい車の購入費用に回すこともできます。

 

事故車の手続きどうすべき?3種類の手続きを解説します

事故車の手続きどうすべき?3種類の手続きを解説します

 

事故車の廃車手続きには、大きく分けて3種類の手続きがあります。

  • ・永久抹消登録
  • ・一時抹消登録
  • ・解体届け出

 

これらの内容を理解しておくことで、事故車廃車の手続きをよりスムーズに進めることができます。廃車の前の予備知識として、覚えておいても損はないでしょう。

 

永久抹消登録

永久抹消登録は、今後二度とその車に乗る必要がないときにおこなうものです。事故で車に乗ることができなくなった場合は、この永久抹消登録をおこないます。永久抹消登録をするためには、あらかじめ車の解体を業者に依頼することが必要です。

解体時にもらえる解体証明と、車のナンバープレートを提出することによって、永久抹消登録は完了します。詳しい手順は次の章で紹介していますので、参考にしてください。

 

一時抹消登録

旅行や長期の出張などで長期間使うことのない車、そんな車に必要な届け出が一時抹消登録です。一時抹消登録なら、希望の期間を過ぎたのち、改めて車を使うことが可能です。

使わない期間は申請をして自動車税の支払いを避け、あらためて乗る期間には再登録をすれば車を使うことができます。厳密には事故車向けの手続きではありませんが、覚えておいて損はない方法でしょう。こちらもナンバープレートの提出が必要です。

 

解体届出

一時抹消登録をした車を、そのまま使わずに廃車にした場合に必要な届け出です。解体届出を出すには、業者に車の解体を依頼して、解体の証明をもらうことが必要です。

「乗ると思ったけど、もう乗らないかも……」、そんなときに必要になる届出です。

 

面倒な廃車手続き…自分ですべき?業者に頼む?

廃車手続きは車のナンバープレートの提出から解体依頼、必要な書類への記入など、やることは少なくありません。しかし、これらの作業は自分でおこなうことも可能です。

ここでは、自分で廃車手続きを進めてみたいというかたに向けて、廃車手続きの手順をご紹介します。手間と時間はかかりますが、興味のあるかたは参考にしてみてください。

面倒だけれど自分で手続きすることは可能です

廃車手続きをおこなう場所は「陸運局」です。陸運局に書類やナンバープレートを揃えて出向き、必要な手続きを完了させれば廃車手続きは終了です。廃車手続きに必要な書類と手続きは下記のとおりです。

【廃車手続きに必要な書類】

  • ・印鑑証明
  • ・車検証
  • ・自動車税の申告書
  • ・解体証明書(永久抹消申請時) など

 

【廃車手続きの手順】

  • ・車の解体を業者に依頼する(永久抹消申請時)
  • ・必要な書類を揃える
  • ・陸運局にいき、ナンバープレートを提出する
  • ・申請書類に記入、提出する

 

ここで挙げた廃車手続きに必要な書類や手順は簡単なものです。実際にご自身で廃車手続きをおこなう際は、必ず下調べをおこなってからするようにしてください。

また、事故でまったく車が動かない場合や、古くて動かすことができない「不動車」の場合は、解体業者に車を持っていくのにも費用がかかります。労力や時間もかかるので特別な理由がない限りは、自分でおこなうよりも業者に依頼をしたほうが賢明でしょう。

 

買取業者は手続きもすべておこなってくれます

廃車手続きは自分でおこなうことも確かにできます。しかし時間や手間、そしてお金もかかることは事実。「自分でやるのは面倒だ……」そう感じたかたは、故車買取の業者に相談をしてみるのが一番の近道です。

買取業者はこれらの廃車手続きはもちろん、車自体も買い取ってくれます。廃車のための手間も費用も短縮できるだけでなく、買取でお金をもらえる可能性もある。これを利用しない手はないでしょう。

 

ボロボロでも買取の可能性アリ!諦めず業者に相談しよう

ボロボロでも買取の可能性アリ!諦めず業者に相談しよう

 

「でも、自分の車は事故でボロボロだし、買取で値が付くなんてことはないのでは?」そう考えるかたも多いでしょう。

しかし、それで買取を諦めてしまうのはとてももったいないです。やらずに諦めてしまうよりも、まずは簡単にできる査定から始めてみてはいかがでしょうか?

事故車の査定をするのなら、いくつかの業者の買取金額が比較できるサイトを利用するのが圧倒的に早道です。手間も時間もかかりません。気になるかたはぜひ試してみてください。思いがけない金額で、事故車を買い取ってくれる業者が見つかるかもしれません。

 

なぜボロボロの事故車でも買取をしてもらえるのか?

事故車はボロボロで、とてもじゃないけどそのまま乗ることはできない。そんな車になぜ買取金額が付くのか不思議に感じるかたもいるかもしれませんね。そのカラクリは海外とのつながりにあります。

車の性能や質も高い日本車は海外での需要も高く、たとえそのまま乗ることができないような状態の車でも、その部品には高値が付くこともあります。事故車の買取業者は海外に向けて商品を輸出している。そのため事故車にも買取金額をつけることが可能なのです。

メイドインジャパンは今やブランド、それは事故をした車でも同様です。その信頼の証が、事故車買取の仕組みの重要な部分を担っているのですね。

 

まとめ

ふいに事故にあってしまって乗れない車、その処分をためらっているかたも多いでしょう。しかし、事故車は乗らなくても税金を払う必要があります。無駄な出費は誰でも避けたいところでしょう。そんな事態を避けるために、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

また、廃車の手続きは自分でおこなうこともできますが、その手順は手間も時間もかかります。そんなときは事故車買取業者への依頼ですぐに解決しましょう。業者を選ぶときは、比較サイトを使うようにすると簡単に買取金額を知ることができます。

もし愛着のある車だとしても、乗れなければお金も場所もムダにしてしまいます。そうならないためには早めの廃車手続きを。お金は大切です。節約できるところは的確に。廃車の手続きは、早めにするのが鉄則ですよ。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。