事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

タイヤの空気圧は適切ですか?トラブルを未然に防ぐための対策とは

無題ドキュメント

最新情報・レポート

タイヤの空気圧は適切ですか?トラブルを未然に防ぐための対策とは

事故車のアライメントとは?必要なのはどんなとき?詳しく解説します

 

街を歩くと車を見かけない日はないと思います。また、日常的に通勤や通学などで車を使う方もいるのではないでしょうか。もちろん、遠方への旅行やちょっとしたドライブなどで車を使うことも多いと思います。

 

そんな時、車全体の支えとなっているのは「タイヤ」です。あなたの車のタイヤの空気圧は大丈夫でしょうか。まず、今のタイヤの空気圧が適切なのかそうでないのか、そうでなかった場合、どのように調節すればいいのかをこちらでは解説していきます。

 

 

タイヤの空気圧とは、どのくらいがちょうどよい?

車を運転するにあたって、タイヤの空気圧はとても重要になってきます。空気圧が高すぎても低すぎてもタイヤを痛めてしまったり、大きな事故につながったりする可能性があります。

 

車の安全運転には、どのくらいの空気圧がちょうどいいのでしょうか?

 

〇車両指定空気圧をチェック

車にとってちょうどよい空気圧のことを「車両指定空気圧」といいます。同じサイズや同じ種類のタイヤを使っていても、車ごとにちょうどよい空気圧は決められています。この適切な空気圧を保っていれば、タイヤにとっても良い状態で運転することができます。

 

この「車両指定空気圧」は、運転席のドアを開けたところなどに書かれているので確認しましょう。車にちょうどいい空気圧を知っておくのも、運転手にとって大切なことです。

 

タイヤの空気圧がちょうど良くないとこんなトラブルが!

カーエアコンを長持ちさせる故障の予防対策

 

タイヤの空気圧がちょうどよくないと、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性が高まります。どのようなトラブルが考えられるのでしょうか?

 

〇空気圧が多い場合

空気圧が高すぎると、走行しにくくなります。常にタイヤが緊張している状態になるので、傷がつきやすくもなります。また、道路に落ちている普段なら何の問題もないような障害物や道路の凸凹からの衝撃をうけやすくなり、振動車に伝わりやすくなります。

 

〇空気圧が少ない場合

タイヤの空気圧が少なすぎると、車の乗り心地が悪くなるのはもちろんのことですがタイヤに十分な空気が入っていない状態なので、タイヤに安定性がなくハンドルを取られやすくなります。

 

さらに、タイヤを回転されるためにたくさんのエネルギーが使われ、結果燃費が悪くなります。また、タイヤの空気圧が少ないことでまねく最悪のトラブルが、「タイヤのパンク・破裂」です。走行中にタイヤのゆがみが大きくなることで熱を持ちすぎてしまい、タイヤの破損につながるのです。結果、タイヤの寿命を縮めてしまうということになりかねません。

 

このように、タイヤの空気圧が高すぎても低すぎても、トラブルに巻き込まれやすいことがわかります。

 

愛車のタイヤを守ろう!自分でできる空気圧の点検・調整方法

では、このようなトラブルに巻き込まれないためには、どのように空気圧を適正な状態に保てばよいのでしょうか。

 

それは、タイヤの空気圧をこまめに点検することです。走行しているうちに、タイヤの空気は自然とぬけていくので、こまめに点検することで、上記に書いたようなトラブルを未然に防ぐことができます。

 

しかし、「どのように点検すればいいのか」「専門の業者に頼んだほうがいいのか」「どこで空気を入れることができるのだろうか」などさまざまな疑問がわいてきます。そこで、あなたの愛車のタイヤを守るために、ここでは点検の仕方について解説していきます。

 

まずを、自分の車に合った空気圧を確認することが大切です。前項にも書かれているように、適切な空気圧は運転席のドアを開けたところなどに書かれているので確認してみましょう。

 

単位はkPa(キロパスカル)で示されており、これは純正のタイヤを使用している場合に限ります。もし、純正のタイヤ以外のものを使われている方は、数値が異なるので注意してください。また、前輪と後輪で数値が違う場合もあります。

 

そして、タイヤの空気圧の点検はタイヤが冷えている状態でおこなうのが基本です。長距離を走ったり、高速道路を走ったりしたばかりのときなどは避けましょう。

 

〇バルブキャップを外す

バルブキャップとは、タイヤについているゴムキャップのことです。このバルブキャップは外からの水やホコリからタイヤを守るためにつけられており、ホイールについている場合とタイヤの中部についている場合があります。

 

まず、このバルブキャップを素手で外しましょう。この際、バルブキャップを無くさないように注意してください。無くしたからといって空気が漏れてしまう心配はありませんが、つけずに走行すると、外部から水やホコリが侵入してタイヤが劣化する原因となります。

 

〇エアゲージで測定・調整

次にエアゲージを使って、空気圧を測定していきます。このエアゲージには「持ち運びできるタンク型」のものと「据え置き型のプリセット型」のものとあります。

 

「持ち運びできるタンク型」のものは、バルブの口にホースの先をしっかり押し当てることで測定できます。このとき、押し当てる角度が違うと空気がぬけてしまうので注意してください。

 

空気圧の測定ができ、車両指定空気圧と比べ、少ない場合は空気を入れる+(プラス)ボタンを、多い場合は空気を抜く-(マイナス)ボタンを押してちょうどよい空気圧に合わせます。

 

「据え置きのプリセット型」のものは、まずメーターを車両指定空気圧にセットし、同じようにホースの先をバルブに押し当てます。空気を入れている際は音が鳴るので、その音が鳴りやむまでしっかりと押し当て空気を入れます。音が鳴り終われば空気が入れ終わった証拠です。

 

〇バルブキャップをつける

最後に、バルブキャップはしっかりと取り付けます。このときも素手でおこなう方が失敗しにくく、つけ忘れもないので全てのタイヤにしっかりとついているか確認します。

 

このように、道具さえそろっていれば自分で簡単に空気圧の点検・調整をおこなうことができるので、試してみてください。

 

空気圧の点検・調節の際のポイント3つ

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

 

ここでは、空気圧の点検や調整のポイントを解説します。

 

〇点検・調節のタイミング

タイヤの空気圧の点検・調節は最低月に1度のペースで点検しましょう。タイヤは毎日少しずつですが空気が抜けていきます。走行している車の4割は空気が不足している状態で走っているといわれています。自らトラブルを起こすことのないように、月に1度の点検・調節をおすすめします。

 

〇バルブやキャップの確認

バルブキャップもタイヤと同じように、劣化してきます。バルブキャップの劣化により、タイヤに水やホコリが入り、タイヤの寿命を早めてしまうことにもなりかねません。また、新しいタイヤに交換した際は、バルブキャップも新しいものに交換することをおすすめします。

 

〇スペアタイヤも確認

いつも倉庫の中や家の片隅などに置きっぱなしになっているスペアタイヤも点検しておく必要があります。置いておくだけでも空気は抜けていくので、いざ使おう!と思ったときに「空気がない……」なんてことにもなりかねません。

 

スペアタイヤは普通のタイヤに比べて、約2倍の指定空気圧になっていて、スペアタイヤの側面に指定空気圧がかかれていますので、それに沿って調節してください。

 

まとめ

車を運転するうえで、点検や調整をおこなうのはとても大切なことです。普段あまり気にすることのないタイヤの空気圧は高すぎても低すぎても大きなトラブルになるので、必ずちょうどいい空気圧を保つようにしましょう。

 

そのためにはこまめな点検・調節が大きなカギとなるのです。自分ももちろんですが、周りのためにも、愛車のこまかな点検をおこないましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。